チェンバロを少々。

拙ブログ、ジャンルは音楽/Jazzなのですが、私クラシックも聴きますのでたまには、、、(^^ゞ

とその前に、我が家のメインターンテーブル Thorens TD124Ⅲ。

これの専用インシュレーターがかなり劣化して来ていたので交換を。

こちらですね。

IMGP2369 (800x600) (800x600)

Thorensではこれをマッシュルームゴムと言いますが、我々は『 タコボウズ 』と・・・(笑

こちらをそのまま交換するのではなく、ひと手間。

IMGP2383 (800x600)

はい、KUREのラバープロテクタントですね。

これを振り掛けて一晩放置。

このラバープロテクタント、会社では変速機のVベルトなどに使用しておりますが、明らかに劣化が遅くなります。(^^♪

付け過ぎないのがコツですけどネ。(笑

おっと、それならばカートリッジの硬化したダンパーにも、、、などと思ってはイケません、、、(爆

Shureなどは明らかに逆効果、、、ダンパーの材質が劣化すると柔らかくなる方向みたいなので、、、ってやったんかいっ!!(≧▽≦)

あくまでも、自己責任でお願いしますね。(^^ゞ


こちらは、取り外したタコボウズ。

IMGP2386 (800x600)

酷いですね~!!(笑

いえね、Jazzなどにはこの方が適当にSN比が劣化して音が荒れて、、、くどくど言い訳、、、(^^ゞ

要は交換するタコボウズを買う資力が無かっただけ。。。意外と高いので。。。(爆

で、一晩寝かせたタコボウズ、アルコールで軽く拭き上げてセット。

IMGP2385 (800x600) (800x600)

IMGP2390 (800x600) (800x600)

ここで、タコボウズを交換すると当然水平バランスも微妙に変わるので、

まずは、ターンテーブルの水平を。

IMGP2392 (800x600)

IMGP2391 (800x450)

はい、ターンテーブルシャフトの水平/垂直ですね。

次いで、トーンアームのベースの水平/垂直を

IMGP2393 (600x800) (600x800)

こちらは左上方向が少し高いので修正。

これは、オリバー法と言って、要は回転する2軸の水平/垂直をキッチリ取りましょうと。(#^.^#)

私はこの方法を知って以来、ターンテーブル本体付属の水準器は使いません。(^^ゞ

で、このタコボウズ、過去2回ほど交換しておりますが、上記の写真の様に劣化していた後に交換すると、SN比が良くなり
静粛性が増します。

その分、ちょっと聴きには大人しくなりますが、、、(笑



前置き(長いやないかい!!( `ー´)ノ)はこの位にして、聴いたのはこちらのゴールドベルグ変奏曲。

blog_import_5d638cd5ad898.jpeg

バッハの鍵盤楽曲と言えばこの方、ヘルムート・ヴァルヒャさん。(*^_^*)

しつこく、van den Hul MC-1ACで。。。(爆

備忘録兼ねてシステム概要は

TurnTable ・・・ THORENS TD124Ⅱ
Tone Arm ・・・  SME 3012S2
Cartridge  ・・・  van den Hul MC-1AC
Cabinet ・・・  LEAD CONSOLE
MC trance ・・・ PARTRIDGE TH7834Ⅲ

Pri amp ・・・  6DJ8/6922 SRPP無帰還
Mixer ・・・  Mackie CR1604+ UTC A-20
C/D amp ・・・  Accuphase F15×2
Main amp ・・・ High: WE310A-WE300B(復刻)無帰還シングル
           Mid:  WE310A-WE300B(復刻)無帰還シングル
Low:  Telefunken EL156ULppMono×2

High     ・・・ JBL 075(16Ω)
Mid ・・・ JBL 375(16Ω) + HL88
Low ・・・ JBL LE15A(8Ω) 200Lアピトン合板Box

RCA Cable ・・・ Neumann Mic Cable
SP Cable ・・・ WE16GA
Recorder  ・・・ ZOOM Q2HD

IMGP2453 (800x600)

IMGP2452 (800x600)


では、第1~第2変奏曲を、、、最後にQ2HDのスイッチを切る物凄い音が入るのでご注意を、、、Youtubeの編集の仕方が良く判らないので、、、(><;




これだけでは良く判らないので比較対象。 2年前にアップしたものです。

カートリッジはSPU ClassicGE Nakedにする前のGシェルの方です。

ミキサーのMackie CR1604も無くて、後は上記と同じ。

拙宅比、最もオーソドックスな組み合わせですね。(笑

blog_import_5d638cd7b450f.jpeg





さて、どちらが、、、(自爆!!

スポンサーサイト



コメント

(^^)v

高域が綺麗になりましたね。

KUREのラバープロテクタント初めて知りました。

(^^)v

元新潟のUさん こんばんは。

有難うございます。(*^_^*)
やはりSNは影響がありますよね!!=(^.^)=

ラバープロテクタント、弊社の工場ではゴム部品で重宝しております。

付け過ぎるとスリップしますが、、、(笑

No title

こんばんは

メンテナンスお疲れ様でした。
音がスッキリして効果絶大ですね。
うちのガラードも手をいれようかな~
と思いましたが何時になるやら(笑)

No title

こんにちはKT師匠~

え?そんなインシュレータ
ありましたっけ・・・と思いながら
呼んでいくと・・

ああ、機種が違うんだった・・と(自爆)

・・・クラはやっぱ・・・ダメっす(大自爆)

No title

ggくんさん こんにちは。

お聴き戴き、有難うございます。(^^♪

確かに聴き易くなってますよね!!(#^.^#)

>うちのガラードも手をいれようかな~
↑お~、是非っ!!
 オリバー法で水平を取り直すだけでも宜しいかと!!\(^o^)/

No title

KKD_FMさん こんにちは。

あは!このタイプのインシュレーターはTD124系列の何機種かだけですモンね~。(*^▽^*)

>・・・クラはやっぱ・・・ダメっす(大自爆)
↑ここはひとつジャズだと思って、、、キース・ジャレットのケルン・コンサートなんか似たよなモンで、、、(爆

必需品!

こんばんは♪

以前、記事にした記憶がありますが、仙人郷でも古いカートが多いので、
KUREのラバープロテクタントは必需品です!(笑)ヽ(´▽`)/

カチコチで腹打ちするようなカートのダンパーに医療用注射機で一滴!
コツは、数日おきにダンパーの状態を確認しながら極微量を注入することです。
一度に注ぐと大抵失敗します・・・経験者は語る!(自爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

van den Hul MC-1AC、相変わらず好調のようですね!
チェンバロの細やかな倍音等、解像度を問われますが、
実に繊細緻密な聴こえであります!☆~(^-゜)v

必需品!

なめちゃん仙人さま こんにちは。

あは! やはり仙人さまもお使いでしたか!!(*^_^*)

仰る通り、このラバープロテクタントは付け過ぎないことが必須ですよね。
ワタクシは、極細の免訴筆でごく少量塗り付けております。(*^。^*)

で、お聴き戴き誠に有難うございます!!

相変わらず低域はSPUに比べて今一つですが、チェンバロは心地よく聴けております!!\(^o^)/
非公開コメント

プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR