北川 潔(b) in Corner Pocket

昨日、コーナーポケットでの北川 潔(b)+大野 浩二(g)のライブに行って来ました。
 
その前にオデオネタを一発。(笑)
 
Shure V15TypeⅤの負荷容量なんですが、結局100pFにしようと思い。
 
ひょっとしたらウチのパーツボックスにあるかも?ってんで探してみました。
 
部屋中のパーツボックス(整理が悪いんであちこちにちょこっとづつあります)をひっくり返して
探すこと1時間。
 
セラミックコンデンサーは結構あるんだけど、100pFがなかなか見つからない・・・。(><);
 
ありましたがな~。2個!
イメージ 1
 
これ、何年前に買ったヤツだろう・・・。
 
テスターで測ってみると110pF。
 
ま。いいか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、取り付け。
イメージ 2
 
ネジの下の茶色いのがコンデンサー。
 
王様の耳はロバの耳ぃ~って?(笑)
 
コードの容量 ・・・90pF
アンプの容量 ・・・65pF
コンデンサー ・・・110pF
 
TypeⅤの指定容量250pFに対し、265pF。
 
よっしゃ!!
 
 
 
さあ、聴いてみませう・・・。
イメージ 3
 
お、なかなかイイ感じです。
 
多分に気分的なものもありますが、
先週よりもストレスなく聴ける。
 
躍動感はそのままに、ス~っと伸びた感じ。
 
敢えて言うなら、もう少しキレが欲しいが
TypeⅢのような音のキレをTypeⅤに求めては
イケません。(笑)
 
特筆すべきはクラシック。
 
正直、私はShureでは余程調整しないと、クラシックはちとシンドイと思っていましたが、充分滑らかで、これは聴けます。
 
もうちょっと聴き込んでみましょう。
 
で、時間が来たのでライブへ・・・。
イメージ 4
 
北川 潔氏は日本に帰ると必ず彼の育ったコーナーポケットでライブを行う。
 
NYに渡って23年になるが、今もこれは同じ。 
これは凄いことだと思います。
 
今やケニー・バロンの相棒を務める、ワールドクラスのべーシストになった彼のライブ。
 
片やギターの大野 浩二氏。  関西の若手ではピカ一的な存在。
 
最初は物凄く緊張していた北川氏とのデュオも3年目となり、最近では余裕すら見せる・・・。
 
北川さんとライブの始まる前にちょこっと話したのですが、『彼はもうワールドクラスと言ってもいいのと違う?』って。 私もそう思います!
 
ライブの始まる直前の雰囲気・・・。
イメージ 5
ライブ中はマナーとして撮れないので。
 
当然、満員でした。
 
で、肝心のライブ・・・。
 
これがまた素晴らしかった。
 
あーだこーだと野暮な事は言いますまい。
 
ただ、一言だけ言わせて下さい。
 
このデュオや北川さんのソロを聴いていると
 
不思議なことに、ドラムスとピアノが聞こえてくる感じがするんですね。
 
曲によってはビックバンドも・・・。
 
 
これは何といっても、『豊かな音楽性』のある証し。
 
普通のプレイヤーだと、その人の楽器しか聞こえて来ない。
 
クラシックでもそうなんですけど、例えばシゲティ/バッハ無伴奏ヴァイオリン。
 
これを聴いていると、バックにオーケストラがいるかのような感じに聞こえて来る。
 
Vnの天馬敦子さんの話によると、どうやらその秘密は精神的なもの+絶妙な運指と弓使いにあるらしい。
 
これと同じことが、このデュオにも言えると思いましたね。
って生意気なこと言ってごめんなさい・・・。m(__)m
 
今日は、その北川さんの2日目 ソロ・ライブ。
 
行きたかったな~~(;;)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは、

ギターとベースのデュオであたかもビックバンドの如くエネルギーが放出される、
う~ん、聴いてみたいですね~。

No title

NOBオヤジさん お早うございます。

勿論イコールのエネルギーではないですけど、本当にそういう感じがしますよ♪♪
次回は来年だそうです。
是非!!(笑)

No title

KTさん、こんばんは。
先日”FM放送”で ケニー・バロン”トリオとして北川さんを
知りました。もっと年配の方かと思っておりましたが、お若いですね!
それにしても”生演奏”に行ってらしたとは・・羨ましさで”ポチ”(笑

No title

こんばんは

前のご婦人が「なに撮ってんのよ!」って見てますね(笑

No title

プリウスさん お早うございます。
ポチっ有難うございます!
”FM放送”でやってましたか!!
多分関東だけなんやろな~、聴きたかったな~(><);
北川さんのライブには必ず行ってますが、逆に羨ましい・・・(笑)

No title

だいくみやさん お早うございます。
そ~なんですよ。
ちょうどタイミングが・・・・。
常連の方の奥さんだし、ま、いいかと・・・。
この場を借りて、失礼致しました。m(__)m

No title

こんばんわ。
話は違いますが、枚方にJAZZ喫茶がありますよ。
http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaamd908/
私は1度行きました。

No title

先輩! お早うございます。

香里園のブルーライツ、まだやってたんですね~!!
マスター、もう90近いのでは?
アルテック515B片側4発のコンクリートホーン、圧倒されますよね。
私の行った時は、風のように通り抜ける低域が印象的でした。
これはこれでアリの世界かなと・・・(笑)
コーナーポケットのマスターも5回位行ってましたね。
まだやっているなら、また行ってみます!

No title

5年前に行きましたよ。
あまりにも歪っぽくて癖のある音なので、ご主人に「CDかけてもらえないでしょうか」と言うと、「みんな良い音だといってくれるのに。もう来なくてもいい」と言うような事を言われました。笑
コーナーポケットも同じような音ではないでしょうねー。

No title

先輩! お早うございます。

コーナーポケットとは正反対の音です。
マスターは、あれだけの機器でなんで?って、不思議がって
通っていましたね。
最後に原因判った、と言ってました。

私的にはあの手作りの建屋と、装置を見るだけでも値打ちあるかと・・・(笑)
非公開コメント

プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR