STC4300B ②

3年ほど前にも、ご紹介したことがあるのですが、拙宅のWE300B(復刻)の予備球 STC4300B。

英国の電電公社STCがWEのライセンスを受けて、英国製300Bとして生産していたのが、STC4300A。

生産終了後、2年ほどして、日本の商社の依頼で再生産したのが、STC4300Bですね。(^^♪

イメージ 1

大きさはWE300Bより一回り小さい。

これを、中域用のWE310A-WE300Bと入れ替える。

入れ替え前。

イメージ 2


入れ替え後。

イメージ 3

中央の整流管は元々、ムラードのGZ37なので、これで整流管、出力管とも英国管に・・・。(*^_^*)
WE310Aも、定数を変えればムラードのEF37/CV358に交換可能ですが、あの真っ赤な胴体がネ。。。(笑

低域用のEL156ppも、E81CC,EL156はテレフンケン、6CG7はムラードなので、これまた欧州製。
ついでに、プリのE88CCもテスラとテレフンケンで欧州製。(*^▽^*)

何をしているかと云うと、375を逆相にしてレベルを上げた、設定④のお遊び、、、(笑

Jazzは良いのですが、このままではクラシックは、ちとキツいので。。。(#^.^#)


とか言いながら、今日はまずJazzを。

イメージ 4

再生の結構難しいヴィブラフォン、いつもいつもミルト・ジャクソンではアレなので、
今日は御大ライオネル・ハンプトン。(^^♪

グレート・ジャズ・トリオで火が付いた、ハンク・ジョーンズと。(#^.^#)

帯にもありますが、『 肩のこらない寛いだ雰囲気の中に、名手たちの至芸が展開する 』まさにそのまま。(*^_^*)

イメージ 5

メンバーは

イメージ 6

この中から、1-2、『 On Green Dolphin Street 』

再生系は、DENON DL103のセットで。


心なしか彫琢感が増したような・・・で、Q2HDでは捉え切れておりませんが、ベードラの音圧がくっきりと。(#^.^#)

ま、Jazzはこんなモンでしょう。(^^ゞ


時間切れで、明日はクラシックを。

スポンサーサイト



コメント

No title

> nyann.netさん こんにちは。

>1980年頃は、「4300B」も結構出回っていましたね!
↑そうですね! ジャン平賀さんも関わっていたような、、、(^^♪

>「300B」よりも良い評価が出ていました(^^♪
↑御意っ!!(^^♪
刻印300Bには負けますが、88年製や復刻に比べると、押し出しは劣るものの、厚みと懐の深さでは負けておりませんね!!(#^.^#)

No title

> さくどう親父さん こんにちは。

恐れ入ります。(^^ゞ

さくどう親父さんが先日アップされていたものも、なかなか良かったと思うのですが、、、(#^.^#)

ミルト・ジャクソンはリバーブを多用するので、シャープになり易い事と、ヴィブラフォンの倍音が真空管にマッチしている差というだけだと!!\(^o^)/

No title

> にっぱーさん こんにちは。

>リラックスして聴ける感じが
↑御意っ!!(^^♪ コレがJazzの楽しさでんがな~!!(#^.^#)

帯にもあります様に、名手揃いがリラックスして演奏すると、実は結構難しい事をやっているのですが、聴く方もリラックス出来ますよね!!\(^o^)/

No title

確かにヴィブラフォンが気持ちよく乗っていますね。
嫌な音を出さないところが良いシステムの証拠では?

まあ、375に蜂の巣の中域ですからある意味泣く子も黙るJBLサウンドの頂点の一つでしょう!!
この4300Bもそれに一役買っているような(^。^)

No title

> izumiktaさん こんばんは。

恐れ入ります。σ(^_^;)

WE遣いのizumiktaさんにそう仰って頂けるとは、嬉しい限りであります!!(*^o^*)

そうですね、4300B、音楽性という意味では、300Bを上回るかも知れませんね~!!(^。^)v

No title

WE310Aいいなぁ。出力管もいいのでいい音です♪

No title

> 元新潟のUさん こんばんは。

恐れ入ります。σ(^_^;)

EF37、実は20年近く前にMJの松並希活さんの記事で使ってみたのですが、何かこうキンキンしてしまって、WE310Aに戻してしまいました、、、(笑

No title

KTさん、こんばんは!!

恐れ多くて、コメントが書けません、、、、、

あっ!書いちゃった!!(笑

No title

こんばんは~

もう、どれだけ~!

・・・まあ、自分はヴィブラフォンは苦手なので
って事で納得しておきます・・・です(爆)

No title

> プリウスさん お早うございます。

あた! 恐れ入ります。(^▽^;)

って、書いとるやないかいっ!!!(爆

No title

> KKD_FMさん お早うございます。

恐れ入ります。(^^ゞ

もうそろそろネタが尽きたので、打ち止めかと。。。(笑

>・・・まあ、自分はヴィブラフォンは苦手なので
↑イケませんね~!!"(-""-)"
Jazzには珍しく、浮遊感が楽しめる楽器なのに、、、(爆

No title

nyann.netさん
altumさん
さくどう親父さん
にっぱーさん
KKD_FMさん
うにさん
jazzclubさん
どいの父ちゃんさん
リラ1890さん
tom*do*ma*aさん
BOSEさん
naimnacnapさん
gio**nni_xx*vさん
matoさん
ゴン蔵さん
こばさん
yna*****さん
七菜海さん
気まぐれさん
プリウスさん
ぜっぷりんさん

ナイス! 有難うございました!!m(__)m

No title

ayu**56さん

ナイス! 有難うございました!!m(__)m

No title

Chaosさん

ナイス! 有難うございました!
!m(_ _)m

No title

こんばんは♪

ヴィブラフォンの倍音再生って難しいですよね!
このあたり、拙宅ではムラタくんが大活躍してくれます(笑)

聴かせていただきました!
雑味のない、非常に見馴染み良いニュートラルなサウンドですね!☆~(^-゜)v

No title

> なめちゃん仙人さま お早うございます。

恐れ入ります。(^^ゞ

>ヴィブラフォンの倍音再生って難しいですよね!
↑エレクトロニクスではなく、メカでヴィブラートを出しているので難しいですよね~!!
ムラタくんなら、適任かと!!\(^o^)/

>雑味のない、非常に見馴染み良いニュートラルなサウンドですね!☆~(^-゜)v
↑有難うございます!! PCM録音とDL103のお陰かと~!!(#^.^#)

No title

le8**yさん

ナイス! 有難うございました!!m(__)m

No title

Mr JKOさん

ナイス! 有難うございました!!m(__)m

No title

KTさん

こんにちは\(^-^)/

ナイスありがとうございました。
私も4300B使ってました。もう30年も前の話です(^_^;)

どんな音だったか? 忘れました。

オーディオはどんな切り口でも面白い事ばかりですよね。

これからもよろしくお願いします。

ではでは

No title

> Yさんですさん こんにちは。

コメント有難うございます!!(^^♪
確かSTC4300Bの最初の記事にもコメント戴きました事、覚えておりますよ~!!(#^.^#)

>オーディオはどんな切り口でも面白い事ばかりですよね。
↑御意っ!!(^^♪ 何を弄っても変化がありますね・・・だから飽きないとも言えますが・・・(笑

こちらこそ、これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます!!m(__)m
非公開コメント

プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR