JBL2482 その2

昨日の続きで、2482をHL88に乗せてみました。
 
イメージ 1
 
とりあえずセット。
 
メインシステムでMONOで聴いてみましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
チャンデバはパイオニアのD23を持って来る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
LE15A+2482+075.
 
クロスは320Hz/6300Hz/-18dB
 
過去の経験で、HL88は何とか300~400Hzまで使える。
 
まずこれで聴いてみます。
 
320Hzでも結構イケている。
 
ただ、低域~中低域がベールが掛かった感じ。
 
これはユニットの問題ではなく、D23の限界か?
 
で、F-15に繋ぎ換え。
イメージ 4
 イメージ 5
 
400Hz/5000Hz。
チャンデバボードは、かつて5Wayまでやった時の残骸。(残しておいて良かった・・・)
で、聴いてみる。
ん~~、結構イイ感じです。
モノSPの時より厚みがある。 418BとLE15Aの違いかな?
ただ、やはりミッドレンジの低い所は申し分ないが、高い所がもう少し華やかさが欲しい。
 
で、音の厚みは申し分ないので華やかさを求めて2440をツィーターとして使ってみる。
イメージ 6
 
はは・・・。
 
2インチドライバー×2になってしまった・・・。(笑
 
あ、この時点では075は繋いでいません。
 
おぉ~、良いですね~。
 
高域は不足しているが、ミッドレンジの不満は解消。
 
375 1発では出ない音。
 
レスポンスが良くて、しかも厚みがある。
私の好きな濃ゆ~い音。
そして、相反する条件である音のキレも申し分ない。
 
ここまで来たら、075を足して4Way。
4Wayにするのは10年ぶり・・・。
イメージ 7
クロスは400Hz/3500Hz/7000Hz。
 
要は2482+HL88をミッドバスとして使う。(爆
 
4Wayの場合、F15は2台必要で、3500Hzなら、3500Hzのボードが2枚必要。
ところが、3500Hzは1枚しか無く、この近辺は5000Hzがあるのみ。
 
やむを得ず、2482は400Hz~5000Hz,2440は3500Hz~7000Hzで使用する。
 
つまり3500Hz~5000Hzはオーバーラップする。
 
これしかないし、ま、いいか・・・(笑
 
ボーカルのレコードを聴きながら、大まかに前後の位相を合わせる。
ま、取り敢えずはこんなもんでしょう・・・。
 
デジチャンなら、この辺は簡単に決められるんだろうけど、如何せんアナログの骨董品・・・。(笑
 
聴いてみて驚いた。
4Wayはかつてやってみたことがあるが、当時はミッドバスはLE-8Tをミッドバスホーンに収めたもの。
2インチドライバーに比べると、やはり音の浸透力が弱い・・・というか全然違う。
 
特筆ものは弦の擦過音。
厚く、熱いそれでいて色気のある音が・・・私が375で苦労した音が、いとも簡単に出て来る。
いや、それをはるかに上回っている・・・。
それでいて、反応の速い、また引きの早い音。
375なぞ、最初はキャ~~というガラスを擦ったような音しか出て来なかった。
ここまで出てくれれば、Jazzはいうに及ばず。
 
いや~、エライものを聴いてしまいました。 後戻りできるかな・・・。(笑
MONO(片チャン)なのに、今まで聴いていたSTEREO(両チャン)を上回る厚みのある音。
やはりこれは2482の存在が大きい・・・。
 
今回は本来のミッドレンジ用の300Bシングルではなく、高域用の300Bシングルを使いました。
あ、075用は予備の300Bシングルです。
 
高域用・・・8Ω固定                       中域用・・・16Ω固定
 
イメージ 8
 イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2440も2482もインピーダンス実測8Ωだったので、高域用を使用。
本来、ミッドレンジ用はトランスがマグネクエストなので、こちらの方が良いのだが、16Ωしか繋いでいない。
 
こんどは、これを8Ωに繋ぎ換えて使ってみましょう。

しかし、2440といい、2482といい、さすがプロ用。
殆どポンと置きで充分なレスポンスを示してくれる。
民生用なのに、375のいかにジャジャ馬な事か…(笑

 
ヨハネスさま、貴重な経験を有難うございました。
もう少しの間、貸しておいてくださいまし・・・m(__)m
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

こーゆー時ってデジチャンがあると便利ですよーΨ(`∀´)Ψケケケ

でも・・・羨ましい⊂( ⊂(´_ゝ`)

No title

さぶちゃんさま こんばんわ。

いや、本当に新鮮な驚きでした。
聴いていて、にやけて来るんですよね~(笑
デジチャン、私にはまだまだ…無理‼(>_<)

No title

…さま こんばんわ。

有難うございます。
でも、今まで経験したことない世界なので、新鮮でしたよ。(^-^)/

No title

KTさん、こんばんは!!
段々凄い状態になって来ましたね~、、、
折角なのでこのまま、”お譲り”頂いた方がすっきりするかも!!(誘

そう言えば”喫茶店2W”にも2440が置きっぱなしだった。
・・使わないと勿体ないですね!!

No title

KTさん
やはり音の厚み違いますか?しかしフェノリックにすると高域は
T350あたりが必要だし、危険な香りが~~みて見ぬ振りを
しときます!

No title

プリウスさん お早うございます。
はい、エライ事になって来ました(爆

はは・・・譲って貰うなんて無理!!
懐具合は似たような・・・あ、禁煙されたから今は豊かですか!(笑
ただ、375を使う上でのヒントが・・・(^0^)v

No title

matoさん お早うございます。

そうですね。厚みがあって、その割に肥大化しないというか・・・。
アルテックのフェノリックの高域がどこまで伸びているか?でしょうけど、(JBLでも1インチフェノリックは12kHzまで伸びているそうなので)やはりツィーターがあった方が・・・(笑
そうなるとマルチアンプが視野に入って来ますよね~(爆

No title

ina*****さん

はじめまして、ナイス!有難うございました!!m(__)m
非公開コメント

プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR