レアなJazzを少々、、、その2

と言っても、プレーヤー達はJazzジャイアンツ揃いですが、、、(笑

たまたま見つけたこのアルバム。

IMGP2496 (800x600)

NEWPORT JAZZ FESTIVAL:LIVE 。 何と1480えん。(笑

1956,1958,1963年のライブの未発表曲ばかりを集めたアルバムですね。(^^♪

ま、在庫整理アルバムとも言いますが。。。(爆

ただ、このアルバム、流石にNEWPORT JAZZ FESTIVALだけあってメンバーが物凄い。

IMGP2497 (800x600)

ちょっと見にくいですが、拡大してご覧下さい。

サッチモ~エリントンからマイルスまで、、、要はスイングからモダンまでの大御所揃い。(#^.^#)

この中から、帯にもあります『最強のメンバーを擁したマイルス・クインテット』のこちらの曲を、、、

IMGP2498 (800x559)

前稿のクラシックと同じ、こちらのセットで、、、

IMGP2506 (800x450)

録音は奇しくも前稿のマタイ受難曲と同じ、1958年、、、(^^♪

冒頭、ボコん、ボコん!って大きなノイズが入りますが、不注意でQ2HDの三脚に手が当たってしまったもの、、、お許しを、、、(≧▽≦)



コルトレーンのいわゆる『シーツ・オブ・サウンド』が圧巻なのですが、他のメンバーのソロも素晴らしいですね!!(*^_^*)

何より聴いていて楽しいです!!\(^o^)/

もう1曲は、そもそもこれを見つけたので買ったという、私の大好きなコールマン・ホーキンスとズート・シムズのデュオ。

IMGP2499 (800x460)
IMGP2500 (800x305)

こちらのメンバーも素晴らしい、、、ジョー・ザヴィヌルなんて言うのもまた珍しい、、、(*^_^*)

あ、この曲ではトランペットの二人は出て来ません、、、悪しからず、、、(笑

ズート・シムズのサックスはホーキンス系というよりはレスター・ヤング系なのですが、ここではええ味を出しておりますね。

あ、左がホーキンス、右がズートです。



後半の二人のデュオを聴いていると、ホーキンスが仕掛けてズートが応えると、ホーキンスがニタって笑って、また仕掛けると云う、、、のが目に見える様ですね~!!(#^^#)


この2曲を聴いていると、『JAZZっちゅうもんはこういうもんや!文句あるか!!( `ー´)ノ』ってプレーヤー達が言ってるみたいですね。

いや~、このアルバムもお買い得でありました!!\(^o^)/



スポンサーサイト



年の初めは『 マタイ 』から

昨年、義姉を亡くしまして喪中につき、当ブログでの年始のご挨拶は控えさせて戴いておりました。m(__)m


で、本年初投稿であります。

私、格好をつける訳ではありませんが、毎年年明けの最初に聴くのがこちら。(^^ゞ

IMGP2492 (800x600)

J.S.バッハ マタイ受難曲。

定番とも言える、カール・リヒター指揮 1958年版ですね。

これは以前にも記事にしましたが、ブロ友NOBオヤジさんに戴いたドイツプレス盤。(^^♪

それまでは、日本プレス盤を聴いておりました。

IMGP2493 (800x600)

このドイツ盤の面白いところは

1枚目1面の裏面が、、、

IMGP2503 (800x450)

最終曲の8面になっております。(^^♪

IMGP2504 (800x450)

はい、ヨーロッパらしく、まとめてヨイショとひっくり返す、オートチェンジャー仕様ですね。(笑

これを見た時、ガラードかエラックのオートチェンジャーが欲しい!と思いましたね~!!

このパターン、手動で片面づつ交換、で全曲聴くのは面倒くさいので、、、でも音は日本盤よりエエです!!(#^.^#)

で、この曲、聴きどころは一杯あるのですが、私のお気に入りを2曲。

まずは、バスのアリア 『わたしのイエスを返して下さい』

IMGP2495 (800x201)

裏切者は、、、とはユダの事ですね。

独奏ヴァイオリンは、ミュンヘンバッハ管弦楽団のコンサートマスター、オットー・ビュヒナー。

IMGP2505 (800x450)


非常に美しく、しかも無駄に流麗に走らない、宗教曲に相応しいヴァイオリンですね。

カール・リヒターのお気に入りだけの事はあります。

バスは、有名なディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ。

再生は今お気に入りのこのセットで。

IMGP2502 (800x600)

純然たるクラシックファンの方々には不謹慎ながら、前稿のジャズ・ヴァイオリンとの聴き比べも一興かと、、、(笑




このヴァイオリンが聴かせますね~!!(#^.^#)

もう1曲、これはもう拙ブログでは何度もアップしております、アルトのアリア『憐れみ給え、我が神よ』

IMGP2494 (800x245)

以前にも書きましたが、アルトの再生はなかなか難しく、ヘタするとビィーン!て耳を刺す。(^^ゞ

ましてやヴァイオリンとの再生となると。。。(笑

アルトはヘルタ・テッパー、これまた宗教曲らしく無駄な抑揚を抑えた素晴らしいアリアですね。

独奏ヴァイオリンは同じく、オットー・ビュヒナー。



私、いつもの事ながら、こちらを聴くとス~っと心が落ち着きます。(#^.^#)


以上は、カートリッジはvan.den.Hul MC-1ACで再生したものですが、以前アップしました、GシェルのSPU ClassicGEでの
再生を、、、一応オデオブログなので、、、(爆

こちらは6DJ8SRPPプリの後にMackie CR1604ではなく、WE396ASRPPバッファーアンプを入れたものですが、その他は同じです。



ん~~、情報量はMC-1ACですが、SPUの方が音楽を上手く整理して聴かせます、、、かな??(爆

ま、何れにしても音楽を楽しみましょう!!(自爆




プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR