男が女を愛する時/水橋孝カルテット 取り敢えず、、、(^^ゞ

先週、なめちゃん仙人さまがアップされていたこれ、、、(^^♪

ハイ、正直打ちのめされました。。。。。(爆

これはタンノイなどでアップしている場合か~~!!ってんで、超久し振りにメインシステム。(自爆

イメージ 1


メインシステム鳴らすの、何か月ぶりだろう・・・(笑

まずは、タンノイさんに退いて頂いて。

イメージ 2

タンノイは後ろ向けて、SP端子はショートさせる。

で、この位置にタンノイがある分、昨年までと微妙に配置が異なっているので、まずは簡易的に

前後・左右の位相のチェック。

ワタクシはこれを使う。

イメージ 3

SPOT 20Hz~20kHzのバンド。

音圧が0dBなので、ボリウムに注意(メインアンプ直結なので、ヘタするとボイスコイルを焼損する!!)
あ、マネはしないでね~!!(^^ゞ

ヤル場合は自己責任で!!!!

ウチの場合はクロスが、500Hz、7000Hzなので、まずは500Hz、そして7000Hzは無いので6.3kHz,8kHzを再生。

イメージ 4

これでプー音が赤丸印の位置で前後・左右に振れなければ取り敢えずOK。(^^♪

続いて、100Hz以上(ウチでは100Hz以下の位相は意味ないので)を各スポットで再生して

音像が左右(左右の位相)、或いは前後(前後の位相)に振れなければ、位相はOKとしています。

もし振れるようであれば、375、075の位置を微妙にズラす。

厳しい人はミリ単位でセッテイングしておりますが、ワタクシは適当なヒトなのでせいぜい5mm単位、、、(爆

まあ、デジチャンがあればタイム・ディレイで調整出来るのですが、ウチはF-15でアナログなので。。。(笑

で、ウチにはアナログ盤は無いので、これで『 お気楽CD再生 』(自爆

イメージ 5

まずは聴いてみて、、、ワロた、、、(><;

うう、375が全然目覚めてない、、、(笑

そりゃ~、半年近くマトモに聴いてませんモンね~~!!(爆

もう少し、ガツンが欲しくてレベルを上げると、ピアノがエレピになってしまう。。。(自爆

いつも言っておりますが、ピアノはあくまで『 フェルトでくるんだハンマー 』が弦を叩くことによって音を出すので、

フェルトを省いてはイケません・・・とはCornerPocketの故鈴木マスターの教え・・・(#^.^#)

ま、未だに中音量再生でもあり、『 祭り 』に参加出来るレベルではありませんが、ここから再度スタートという事で。(^^ゞ

・アキュフェーズDP80+DC81+WE111C ←アナログっぽい雰囲気を出したいのでライントランスを。

・6922/6DJ8 SRPP無帰還プリ+UTC A20

・アキュフェーズF-15×2(モノで使用)

・JBL LE15A+375+HL88+075(16Ω)

・EL156pp(Mono)+WE310A+WE300B(復刻)自作シングルアンプ×2


なお、Q2HDの録音ボリウムは8.5です。(笑

ので、可能な限りの爆音で。。。(^^ゞ


はは、、、ピアノはエレピになる寸前。。。(笑

ベースの音階はかろうじて・・・(爆

ココからスタートという事で、375がもう少しほぐれたら、またアップしますね~~、今度は爆音で!!(自爆




スポンサーサイト



業務連絡

Zジジイさま

私が参考にした、管球王国3号の平面バッフルの寸法図です。(ポチで拡大出来ます)

イメージ 1

でも、計画凍結されたのですね、、、残念っ!!(><;(笑



雪の降る日は、、、その②

前稿で、どいの父ちゃんさんへのリコメにも書きましたが、津々と雪の降る日は

クラシックか、不得意ながら女性ボーカル、、、(笑

で、この方のアルバムを。(#^.^#)

イメージ 1

ご存知、ジョー・スタッフォード姐さん。(*^_^*)

前回のヘレン ・メリルさんがニューヨークのため息なら、このお方は『ヨっ!姐御ォ~~!!』(爆

今回はタンノイのセットと、古い録音(録画)ながらメインシステムの聴き比べなどを。。。(笑

爆音禁止令が未だ解除されておりませんので、メインシステムの復活はもう少し先になるので。。。(自爆

タンノイセット

イメージ 2


メインシステム

イメージ 3


では、昨日と同じタンノイセットで『You'd Be So Nice to Come Home to』

冒頭のサックスは、ベン・ウエブスター

Q2HDのマイクの高さはいつも通り、聴取位置・耳高さです。



メインシステム(2017.10.29.)

こちらは、SPU classicGEのGシェルを外し、取り付けアダプターを銅盤で自作したものですね。
ターンテーブルはTD124Ⅱ、アームはSME3012S2、MCトランスはパートリッジTH7834Ⅲ。

タンノイセットのSPU GTE+Garrard401+SAEC WE308Lとはちょっと差が・・・(^^ゞ



続いては私の好きな曲、『The Folks Who Live on the Hill』

タンノイセット



メインシステム(2017.10.29.)



ボーカルだけを聴くとタンノイでもエエかな?と思うけど、全体を聴くとやはりメインシステムか。。。(大自爆


雪の降る日は、、、2/13追記

昨日2月11日、拙宅地方(兵庫県南部・近畿地方中部)でも遂に雪が。。。(^^ゞ

イメージ 1

津々と雪の降る中、こーゆー日は静かにクラシックなどを・・・(笑

カートリッジをELAC STS455Eから、Ortohon SPU GTEに交換。

ご存知、SPU GEのMCトランス内蔵のヤツですな。

因みにコレはNakedなどの小細工無しのGシェル(プラスチック製)オリジナル仕様です。(爆

イメージ 2

相変わらず、Garrard401+SAEC WE308Lのセットで。

LUX SQ38FDⅡとTANNOY  CHEVIOT。

イメージ 3

聴いたのは久し振りに、バッハのゴールドベルグ変奏曲。

バッハが不眠症に悩むカイザーリンク伯爵の為に、弟子のゴルドベルグが弾くように作曲したもの。

世間様では、グレン・グールドのピアノ版が有名ですが(確かに名演)、本来はチェンバロの為のもの。

で、バッハの鍵盤楽曲と言えば、第一人者(と云うか最高権威)はまずこのお方。

イメージ 4

盲目のオルガニスト&チェンバリスト、ヘルムート・ヴァルヒャ。

チェンバロはモダン・チェンバロのドイツ・アンマー社製。

イメージ 6

レコードは東芝の静電気防止盤、いわゆる赤盤ですね。

では、冒頭の5分ほどを曲の主旨に従って、、、ゆっくりとお眠り下さい。。。(笑


あくまで私見ですが、模範と云うより規範と云うべき演奏かと。(#^.^#)


で、もう一方の雄と云えば、このお方。(*^-^*)

イメージ 5


グレン・グールドはゴールドベルグ変奏曲を2回録音しているが、これは2回目1981年に録音したもの。

先のヴァルヒャ師の演奏と比べると、とても同じ楽譜で演奏したモノとは思えない・・・(^^ゞ

ワタクシも初めて聴いた時は『何じゃ?こりゃ??(?_?)』と、、、(笑

が、これも、クラシックの楽しみ方の一つ。

では、冒頭の7分ほどを、、、


冒頭のアリアの後の第一変奏曲では、『起きんかい!ゴルぁ!!!( `ー´)ノ』って、、、(爆

アニメ『時をかける少女』にも使われたらしいですね。(*^_^*)

唯一無二の素晴らしい演奏なのですが、殆どJazzですね。。。こう云うと正統派クラシックファンには怒られそう。。。(*^▽^*)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヴァルヒャ師のゴールドベルグ変奏曲ですが、以前(2017.06.04.)メインシステムで録ったものがありましたので、

再度掲載、、、(^^ゞ

この時は、SPU classicGE(Nakedにする前、Gシェルはマグネシウム製)+SME3012S2+TD124Ⅱ+パートリッジTH7834Ⅲでした。


どちらも真空管駆動ですが、JBL(38cm)とタンノイ(30cm)の違いは。。。(自爆














不得意な女性ボーカル。(^^ゞ

怒涛の3連チャンっ!!(笑

LUX SQ38FDⅡとTANNOY  CHEVIOTで、ジャズ・クラシックとアップして来ましたが、いよいよワタクシの

不得意な女性ボーカル。。。(^^ゞ

いえね、普段殆ど聴かないモンで。。。多分CD合せて30枚も無いと思いまふ。。。(爆

選んだアルバムはこれ、

イメージ 1

ヘレン・メリルさん ニアネス・オブ・ユー   一応MONO米盤。

イメージ 2

このアルバム、ジャケット裏に『聴きどころ』が表記されております。

イメージ 3

TYPE OF MUSIC: Warm..... というのが微笑ましい・・・(笑



これを、昨日のセットで。

イメージ 4

Jazzには定番のShureV15 TypeⅢではなくて、ELAC STS455E(JICO針)

いえね、交換するのが、、、(爆

TANNOY  CHEVIOTがメイン・システムだった、35年ほど前はこのSTS455Eがメイン・カートリッジ。

その頃はSPUは勿論、TypeⅢもまだ持ってなくて、このSTS455E、エンパイア4000DⅠ、Shure M95EDで

聴いており、M95EDが一番しょーむなかった。。。というか、使いこなせてなかった。(自爆

アンプもSQ38FDではなくて、LUX CL35mkⅢとLUXKIT KMQ60でしたネ。

まあ、当時を思い出しながら、というコトで、、、(^^ゞ

録音条件は昨日と同じです。(*^_^*)

なおワタクシ、MONOはMONOカートリッジでSP1本で聴く主義なのですが、タンノイ30cm1本ではいかにも淋しいのでSTEREOで、、、これがエレクトロボイス辺りだと30cm1本でも充分なのですが、、、(自爆


1曲目は、『 All of You 』

メンバーは
ボビー・ジャスパー (fl)
ビル・エバンス (p)
オスカー・ペティフォード (b)
ジョージ・ラッセル (g)
ジョー・ジョーンズ (ds)

豪華メンバーですね~!!(#^.^#)


録音にもよりますが、やはりこのSQ38FDⅡとCHEVIOTのセット、ヘレンさんがド~ン!と前で目立っておりますネ。(笑

それと昨日書き忘れましたが、SQ38FDⅡのフォノイコ段の初段は元の松下の12AX7から、SIEMENSのECC83(LN管)に換えております、、、また小細工を、、、(爆


2曲目は『 THIS TIME THE DREAM'S ON ME 』

メンバーは
マイク・シンプソン (fl)
ディック・マークス (p)
ジョン・フリゴー (b)
フレッド・ランドクィスト (g)
ジェリー・ストロスバーグ (ds)

ワタクシ、不勉強にして殆ど知らないメンバー。。。(笑


音は別にして、雰囲気が宜しいかと!!(*^_^*)


3曲目 有名な『BYE, BYE BLACKBIRD 』

メンバーは上記2曲目と同じ。


まあ、ウチのマルチでない唯一の2WayネットワークSPと唯一のプリメインアンプのシンプル・システムは(机上AVもマルチなので)こんなモンでという事で。。。。。。(大自爆


次の休みはコレで聴く予定、、、って、まだ続くんかいっ!!(爆

イメージ 5

SPU GTE・・・(*^_^*)


取り敢えず、おしまい。






















クラシック逝ってみますか。。。(^^ゞ

珍しく連チャンっ!!(爆


昨日は、『音の柔らかい』(と言われている)LUXの真空管アンプと、『クラシック向け』(と言われている)タンノイで

Jazzを再生してみたワケですが、、、(笑


今日はこちらのクラシックなどを。

イメージ 1

先日もご紹介した、ハイドンの弦楽四重奏曲『皇帝』。

録音当時(1972.May)、現役最古のカルテット。(#^.^#)

ユーロディスク(独盤)ですな。(^^♪

この曲の爽やかで明るいところが気に入っております。(#^.^#)

クラシックのアナログ盤なので、コチラのプレーヤーで聴きたいトコロですが、、、

イメージ 2

残念ながら、アームコードがSQ38FDⅡまで届かないので、昨日と同じGarrard401のセットで、、、(^^ゞ

イメージ 3

カートリッジは、先日アップした時はShureV15 TypeⅢだったけど、今回はデフォルトのELAC STS455E(針はJICO針)で、、、(笑

イメージ 4

ま、どちらもMM型の特許を持っておりますネ。(*^_^*)

LUX SQ38FDⅡとTANNOY  CHEVIOTの設定は昨日と同じ。

再生ボリウムも九時半で、Q2HDの録音ボリウムも『 8.5 』です。(前回は小音量再生なので『 10 』!!)

では、第一楽章、、、今回は全部入ってます、、、(笑

録り方が拙くて、いきなり大きな音で始まりますのでご注意を。。。(^^ゞ


軽やかで瑞々しい演奏ですね。(#^.^#)

ま、再生の方はあくまで『 ハイ・フィディリティ 』(八畳のこの部屋では無理っ!!(笑)ではなく、

『 グッド・リプロダクション 』を目指すと云うコトで。。。(自爆


続いて第二楽章を、、、こちらはドイツ国歌の原曲となったもの。



因みにドイツ(ドイツ連邦共和国)国歌はこちら。

上の原曲に比べると一部転調されている、、、らしいです。(^^ゞ


夏季・冬季オリンピックや世界大会で良く聞く曲ですね~!!(*^▽^*)


もう一つ続く・・・(自爆






TANNOY CHEVIOTでJazzなど…

1月もあっという間に終わり、はや2月に突入。

歳取ると月日の流れが早いですな~~。(^^ゞ

1月は小音量再生月間でしたが、今月からは中音量再生・・・(笑

我が家のセカンドシステム、TANNOY CHEVIOTと『バチ当たりSQ38FDⅡ』のこの配置も漸く馴染んで来たので。(^^♪

それと、ワタクシの部屋は8畳(天井高さ2.4m)なので、部屋の容積からすると30cmのTANNOY  CHEVIOT辺りが丁度と言えば丁度、ゆったり聴くにはこの狭さで38cm3Wayはね~、、、(-。-)y-゜゜゜

って、よう言うわ!!ってですか??(自爆


イメージ 1

ご承知の様に、CHEVIOTのユニットは評判の悪いHPDシリーズの30cm『HPD315』

このHPDユニット、それ以前のモニターシルバーやモニターレッドに比べて、帯域を拡げた(特に低域方向)のは

良いのですが、その代償として 濁り・低域のもたつき・高域の硬さ・ヌケの悪さ が。。。(>_<)

いつも言っておりますが、この辺りがオールドタンノイファンから『あれはタンノイやない!!( `ー´)ノ』とまで言われる由縁・・・(笑

まあ、確かにそのままでJazzでも聴こうものなら、ベースなどドロドロに。(@^^)/~~~

でもっ! HPD315の1.000Hzから上を受け持つツィーター部は立派なドライバーホーン。

低域のもたつき、緩さを何とかすればJazzでも聴けるハズ・・・(*^_^*)

で、本来であれば硬いベースの上に載せれば良いのですが(実際以前のセッテイング、省エネシステムⅠの時にはそうしていた)、現状のセッテイングだとこれ以上高さを上げると、SPを端に寄せてもメインシステムの
375、075にかぶってしまう。

ので、苦肉の策で、

イメージ 2

CHEVIOTは小型とは言えフロア型なので、足元にはハカマが付いている。

このハカマ、コの字型で中は空洞。 当然この中でSPボックスの振動が乱反射してにごりが出ますネ。

ここに、

イメージ 3


10mm厚の粗毛フェルトを目一杯ブチ込む。(*^。^*)

イメージ 4

まあ、きっちりサイズが合えば、週刊誌などのペラペラの雑誌の類でも良かったのですが、、、(笑

それと、後ろにあるLE15Aにも余分な低域を吸い取ってもらおうと。。。(爆



では、いきなり無謀にもコレなどを・・・ハイ、自爆録音~~!!!(@^^)/~~~

イメージ 5

1曲目、男が女を愛する時。

あくまで私の好みですが、辛島文雄さんのピアノソロが宜しいですね~。

水橋さんのベースのキレと大友さんのアルトはツィーターのドライバーホーンに頑張って貰いませう。。。(爆


トランスポート : MARANTZ DR700
DAコンバーター: Accuphase DC81
ライントランス : WE111C
プリメインアンプ: LUX SQ38FDⅡ
SP        : TANNOY  CHEVIOT

あくまで中音量再生なので、SQ38FDⅡのボリウムは九時半。(^^ゞ

イメージ 6

Q2HDの録音ボリウムは『 8.5 』 であります。。。(爆

前回のハイドン弦楽四重奏は小音量時なので、全開の『10』でしたが、、、(^^ゞ

では、



まあ、昨年アップした18cmのボストンアコースティックA40Vよりはマシかと・・・(自爆


つづく、、、






プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR