節分には早いですが・・・(^^♪

まだ一週間ほどありますが、一昨日届いたコレ。(^^♪


嫁殿が注文されたモノ。(*^-^*)


節分セットォ~~!!(笑

イメージ 1

鬼さん、お多福さん、そして枡に入ったお豆さん。

このお豆さん

イメージ 2


なんと、一個一個が手作り。。。(爆


イメージ 3

手が込んでますな~!!(*^_^*)


・・・で、ウチの『福は内』さん   鈴奈(レナ)推定9歳・・・


イメージ 4

早くオヤツ来いっ!!



イメージ 5

ばふっ!!!(@^^)/~~~


かくして、平和な我が家でありました・・・\(^o^)/




スポンサーサイト



小音量再生にハマる。。。(^^ゞ

嫁殿より爆音禁止令が出て早や三週間、、、あろうことかこのワタクシが小音量再生にハマってしまった。。。(爆

きっかけは、TANNOY  CHEVIOTの配置転換に伴ってセットした『バチ当たりSQ38FDⅡ』

今までの手作りインシュレーターをとっぱらい、あの写経台を下敷きにしてしまったヤツですな・・・(笑

イメージ 1

今までは、小音量再生(TVの音より少し大きい程度)にすると、音が痩せてしまってそれこそラジオを
聞いているみたいだった。

それがこの『バチ当たり』セッテイングにすると、そこそこ聴ける様に、、、勿論逆に音が膨らむ事も無く、、、(^^♪

もう一つは、ともすれば音像定位がスピーカーにへばりついていたの(小音量再生ではよくある話)が、

音離れが良くなって、耳の高さまで上がって来た事。(#^.^#)

こんな感じ。 TANNOYからの音像がMONOだと赤丸印辺りに定位している。

イメージ 2

まあ、TANNOYは同軸型なので定位そのものは元来良いのですが、小音量だとツィーターの高さに定位しておりました。(^^ゞ

あ、勿論、RCAケーブルやSPケーブルは変えておりません。

本来ならばSPケーブルはこのセッテイングに合わせて短くすべきなのですが、、、でないと音の焦点が、、、(^^ゞ

今はまだTANNOYさんの後ろでとぐろを巻いております。。。(爆

で、これを聴いてみる。

イメージ 3

ハイドンの傑作、弦楽四重奏曲『皇帝』

プラハ・カルテットの名演ですね。   1972年5月録音 プラハにて

で、これはあくまで私見ですが、ハイドンのこの曲は、やはり明るさ、軽やかさが欲しい。

ので、カートリッジは敢えてコレを使う。

イメージ 4

ShureV15 TypeⅢ(E)  針はVN35E。(爆

TANNOYとLUX真空管アンプなら、ERAC STS455Eやろ~~って??

だからぁ、Shureの軽さが欲しいんですって!!(*^。^*)



では、第一楽章の冒頭を、、、3分ほどの修行となります。(笑


因みに、小音量再生再生なので、Q2HDの録音ボリウムは全開の10!!(爆

全開の10ともなると、息を潜めるのは3分が限度。。。(自爆

ちょっと歪っぽいですが、現場ではそんなことはありません。(*^_^*)

ShureV15 TypeⅢ(E)+SAEC WE308L+Garrard401
LUX SQ38FDⅡ
TANNOY  CHEVIOT


ちなみに、この曲の第2楽章のメロディーは、現在のドイツ国歌の原型となったものですね。(^^♪

さて、もう暫くは小音量再生で逝きますか・・・(*^-^*)




配置転換

正月三が日も あっ!(@^^)/~~~と言う間に終わり、ウチの会社は昨日から仕事。。。(^^ゞ

本日も仕事であります・・・(>_<)


で、この正月に思うトコロあって、久々に模様替え。

ここにあったTANNOYの30cm、CHEVIOTを

イメージ 1

前稿にもあります様に、コチラに。

イメージ 2

いやなに、特にどうと言う事はないのですが、たまには気分転換。(笑

音的には前の配置の方が良かったのですがネ。。。(爆

以前の様にベースにCHEVIOTを載せると高くなって、メインシステムを聴く時に両端、或いは中央に寄せても

蜂の巣、075の出音に微妙にかぶってしまうので、、、(自爆

まあ、小型とは言えCHEVIOTも一応はフロア型だしネ。(^^ゞ


何でこういう事になったかと言うと、きっかけは年末の大掃除で見つけたこれ。

イメージ 3

母上様が使っておられた写経台、これが黒檀製。(^^♪

ガラの割に非常に重たい。

これを、LUX SQ38FDⅡの下に敷いてやろうという魂胆・・・(笑


で、このレストアしたSQ38FDⅡ、いまいち『ラックストーン』でピリッとしなかったので、以前にもご紹介しましたが色々と小細工を施してある。(^^ゞ

まずは電源コード。

オリジナルは0.75スケほどの細い、普通のコードなので、1.25mmスケの太い、キャプタイヤ(被覆)の分厚い(振動防止!)コードに。

イメージ 4

オールアクリルのクリップで、垂れ下がり防止のつっかい棒。。。(笑

3Pインレットに改造しても良かったかな??(爆

ACプラグもホスピタルグレードに、、、ね、キャプタイヤ太いでしょ??(^^♪

イメージ 10

電源コードの交換は意外と効果があって、私見(あくまで勝手な私見デスよ!!)では、RCAピンケーブルを替えるより効果があります。

ただまあ、相変わらずのビンボなので、お高い市販の電源ケーブルは買えませんが。。。(自爆


SPケーブルのYラグ端子も

イメージ 5

写真では判りづらいですが、Yラグ端子の錫めっきを剥がして、素材の無酸素銅無垢で。(^^♪


SQ38FDⅡの下には

イメージ 6

廃品のキャップにこれまた無酸素銅の板を貼り付けたものを。

このキャップの凸内部にはハンダを充填してある。(*^。^*)


今回はこれを外して、黒檀の写経台を敷いてみる。

もう少し音を締めたいのと、相反する様ですが響きが少し欲しかったので・・・(#^.^#)

写経台の浮いてる足部分が響きに効くかな??と。(笑

イメージ 7

改めて全景はこんな感じ。

イメージ 8

なかなか座りは宜しい様で・・・(#^.^#)

こんな感じでで正月は久々にFMを聴いておりました。(笑

ウチのFMチューナー。

イメージ 9

DENONながら、当然バリコンタイプ。

このチューナー、1W/1Wながらアンプが付いているので、これだけでもSPが鳴らせるという優れモノ。\(^o^)/



で、肝心のオトは???

そりゃ~アナタ、こんなポンと置きでエエ音が出るほどオデオは甘くありませぬ。。。(涙

実を言うと、いまいちカン高いのでもう少しエージングしてから、、、置台にもエージングが必要なのデス!!(爆

て言うか、正月はご近所の手前、嫁殿より爆音禁止令!!"(-""-)"が発令されておりましたので。。。(自爆


謹賀新年&#9961;&#127749;&#127885;

明けましておめでとうございます。

昨年は拙いブログにお越し下さり、誠に有難うございました。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


で、今年は気分転換、模様替えしてこの配置で、、、(爆

イメージ 1

プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR