気分転換・・・

先週は6/18の震災以降、もうバタバタで皆様の所へもお伺い出来ず、誠に申し訳ございません。m(__)m

それと言うのも、会社は震度5弱で設備的には問題無かったものの、得意先からの要請が、、、

震災当日、生産再開後の製品は非定常作業になるので、検査は全て特別検査(通常の4倍の工数が掛かる)、、、まあ、これは常識なのでエエとして、、、(^^ゞ

難儀だったのは、出荷特別検査だけではなく、生産設備が震災前と震災後で、なんら損傷は受けておらず、それゆえ品質に影響はありませんと言う設備チェック(一日かかる)を行い、そのエビデンス(証拠)を出せというアホウ 慎重なお会社がありまして、、、設備は地震で1ミリも動いていないのにデスよ。。。( `ー´)ノ
1ミリでも動いておれば、当然ですがネ。

それやこれやで、先週はその書類作りに忙殺されておりました。(^^ゞ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


で、昨日は気分転換。

ワタクシにしては珍しく、シングル盤のこの様なものを聴いておりました。(^^♪

イメージ 1

つのだ☆ひろさん、メリー・ジェーン。

懐かしの、でぃすこのチーク・タイムの定番ですね~!!(笑

つのだ ひろさん、兄上は漫画家の、つのだじろうさん、空手バカ一代で有名ですが、ワタクシはブラック団とか
忍者あわて丸などのギャグ漫画の方が好きでしたね。(*^_^*)

イメージ 2

作詞のクリストファー・リンは、蓮見不二男さんという作詞家。


つのだ ひろ(ds)
成毛 滋(g&key)
江藤 勲(b)  

つのだ ひろさんは渡辺貞夫カルテットのメンバー。
成毛 滋さんは石橋財閥の一員で、あの鳩山由紀夫の従兄弟、、、
ベースは、本来のメンバーは柳ジョージさんですが、この時は名手 江藤 勲さん。

いや~、あのMOPSとタメを張れるバンドですね~!、てかテクは断トツ!!(*^_^*)


では、

再生条件は前稿と同じく、DL103のセットで

イメージ 3

イメージ 4

出来る限りの爆音でお聴き戴きたく。(#^.^#)


良く聴くと、ベースラインがJazzしてますね~!!\(^o^)/

あ~、すっきりした!!(爆












スポンサーサイト



TAKE FIVEリベンジ成るか??(´・ω・`)

前回アップしました、デイブ・ブルーベックのTIKE FIVE。

拙宅にあるのは、このソニー・ファミリー・クラブのオムニバス盤。

イメージ 1

この盤、何故か低域の美味しいトコロがばっさりカットされている。。。様に聴こえる。。。(^^;)

ので、普通に再生すると、デスモンドのクールなアルトは良いのですが、バックの熱気がなかなか・・・(笑

我が再生音ながら、どうにも気に入らない。(;^ω^)

で、ここはイッパツ、デフォルメしてでも・・・(爆

まずは、プリのタマの交換。

イメージ 2

プリの6DJ8SRPP無帰還プリ、フォノイコ部はTESLA E88CCの金足ですが、フラットアンプ部は写真右側の
Philips E88CCECG。  ま、クラも聴きますのでネ。(笑  あと、気分によって普通のTESLA E88CCも。

これを、左側のロシア製互換球 6N23Pに交換。 1本500えん。(笑

このタマ、繊細さは無いが、馬力だけはあるので・・・(^^♪

次はカートリッジ。

この盤には、SPU ClassicGE Nakedではイマイチだったので。

イメージ 3

Shure M75MBType2

Shure V15TypeⅡE

Shure V15TypeⅢE

ERAC STS455E、、、色々と試してみたが、ERAC STS455Eが結構頑張ってくれたが、もう一つピンと来ない。

あ、あくまでこの盤には、ですよ~!!(笑

どうしたモンじゃろの~~と思っていたら、目についたのが針折れを継いだDL103。(^^;)

この腐れ盤  もとい、オムニバス盤が作られた頃はソニーさん、DL103を使っていたかも??(*^-^*)

で、録ってみたのがこちら。

イメージ 4

カートリッジ: DENON DL103針継ぎ  針圧2.5g
アーム   : SAEC WE308L
ターンテーブル : Garrard401 地球ゴマ高速イナーシャ付き
MCトランス: パートリッジ TH7834Ⅲ
キャビネット : LEAD Console LWB- ⅢC

プリアンプ: 6DJ8 CR型SRPP無帰還 フラットアンプ部 Philips E88CCECG → 6N23Pに交換
チャンデバ: アキュフェーズ F15 モノラル使い
メインアンプ: 低域 EL156ppモノラル×2 (有)ルーツサウンド製を改造
          中域 WE310A-WE300Bシングル無帰還 自作
          高域 WE310A-WE300Bシングル無帰還 自作
ウーファー :JBL LE15A(8Ω)
スコーカー :JBL 375(金帯)16Ω+HL88(蜂の巣)
ツィーター :JBL 075(16Ω)
ウーファーボックス : ラフトクラフト24mmアピトン合板製 200Lボックスキット補強しまくり(笑

録画機 : ZOOM Q2HD 画質HDで録画



今のウチでは、もうこれが限度っ!!(爆






遅ればせながらTAKE FIVE祭りに、、、(^^ゞ

なめちゃん仙人さまが狼煙を上げて以来、さすがに名曲だけあって色々な皆さんが参戦しているTAKE FIVE祭り。








と言う訳で、ワタクシも遅ればせながら、、、(笑

とは言っても、ウチにあるのはオムニバス盤の、この1枚。(^^ゞ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

びーわんさんのオムニバス盤とはまた違ったバージョン??

オムニバス盤の例に漏れず、音はフニャフニャ。。。(爆

大元のアルバム『 TIME OUT 』は日本盤でも、ノイマンSX68システムでカッテイングアンプは真空管。

これはその後なので、、、ね、、、(笑


てなわけで、少しでも音を引き締めるべく、久々に

イメージ 4

イメージ 5

LE15Aを締め上げるっ!!(爆  

案の定、これだけ緩んでおりました、、、(自爆


色々とご意見はあるでしょうが、ワタクシとCorner Pocketのマスターは、ウーファーは締め上げる派、、、(*^_^*)

鈍足のLE15Aを使うと、どうしても締め上げないとネ。。。

ウーファーを留めているボルトも+ボルトではなく、より強く締結出来る六角ボルト。

そりゃー、ドライバーよりも六角レンチの方がより締め上げられるでしょー。(爆


カートリッジはどうしようかと思ったんだけど、なめちゃん仙人さまがオルトフォンMC3000、おやじsp.さんも
オルトフォンのMC20Superをお使いだったので、ワタクシもSPU ClassicGE Nakedを。(*^▽^*)

イメージ 6

イメージ 7


カートリッジ: SPU ClassicGE Naked  針圧4.0g
アーム   : SME3012S2
ターンテーブル : THORENS TD124Ⅱ 地球ゴマ高速イナーシャ付き
MCトランス: パートリッジ TH7834Ⅲ
キャビネット : LEAD Console LWB- ⅢC

プリアンプ: 6DJ8 CR型SRPP無帰還
チャンデバ: アキュフェーズ F15 モノラル使い
メインアンプ: 低域 EL156ppモノラル×2 (有)ルーツサウンド製を改造
          中域 WE310A-WE300Bシングル無帰還 自作
          高域 WE310A-WE300Bシングル無帰還 自作
ウーファー :JBL LE15A(8Ω)
スコーカー :JBL 375(金帯)16Ω+HL88(蜂の巣)
ツィーター :JBL 075(16Ω)
ウーファーボックス : ラフトクラフト24mmアピトン合板製 200Lボックスキット補強しまくり(笑

録画機 : ZOOM Q2HD 画質HDで録画

家庭の事情で、録音レベルは『 7 』でしか録れなかったので、超爆音でお聴き戴きたく。。。(爆


んん~、、、やっぱウチのTAKE FIVEは『 楷書のJazz 』 かぁ~~!!!(≧▽≦)













やはりTypeⅢ(E)かぁ??(^^ゞ

え~、先日のShure M75MB type2 VS V15typeⅢ(E)の聴き比べ。

やはり皆さん、ぶっといM75MB type2よりは、鮮烈なTypeⅢ(E)の方がお好みの様で、、、(笑

で、アップしようか迷ったのですが、、、と言うのも、ワタクシもコレに関してはTypeⅢ(E)の方が??と思っていたので。。。でも、せっかく録ったからには。。。(爆

録ってみたのは、以前ご紹介しました、これ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

B面のPCMライブ録音より、『 Favors 』

ハンク・ジョーンズ (p)
ジョージ・デュビィビィエ (b)
シェリー・マン (ds)


まずは、TypeⅢ(E)。

再生条件は、カートリッジ以外全く同じです。




で、M75MB type2。



やはり、PCM録音では、TypeⅢ(E)の方に歩がありますようで・・・(^^ゞ

ただ、ライブっぽさではM75MB type2の方かと、、、くどくど、、、クドクド、、、(爆

M75MB type2もコストの割に善戦しておりますが、やはり絶対値で比べると、、、もう少し頑張ってみますね~~!!(≧▽≦)

って、まだ続くんかいっ!!(自爆







プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR