昭和歌謡×Jazz=色彩のブルース (^▽^;)

ひょんなことから知った、大阪出身のエゴ・ラッピン

まあ、ご存知の方には、何を今さら!!( `ー´)ノでしょうが、J-POPにはトンと弱いワタクシ、、、(笑

いえね、名前は知ってはおったのですが、真剣に聴いた事が無かったので(><;

この、100えんで仕入れた、2001年発売のミニ・アルバムに惚れ込んでしまいました・・・(#^.^#)

イメージ 1

この『 色彩のブルース 』、まさに昭和歌謡×Jazzやの~と思っていたら、Wikiさんにはこうあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
戦前のジャズから自然に行き着いたキャバレー音楽や昭和歌謡を消化してエゴ独自の世界観を築きあげた2000年発表の「色彩のブルース」はインディーズながら異例のロングヒットとなり、その名を全国区で知られるきっかけとなる[1][3]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その歌詞。

イメージ 3

イメージ 2

前稿で重しを載せた、パイオニアCLD-07Gで逝ってみませう。

イメージ 4

CLD-07G+DC80+WE111C。

爆音でどうぞ、、、(笑

なお、ご近所の手前、Q2HDの録音ボリウムは『8』です。。。(自爆


J-POPなので、ようつべさん、どうかな~と思っておりましたが、お許しを戴けたみたいデス、、、(爆


スポンサーサイト



ハンク・ジョーンズ祭りに参加っ!!(^^♪

先日より、なめちゃん仙人さまZジジイさん がアップされておられたSACDのこのアルバム。

イメージ 4

ご存知、ハンク・ジョーンズのラスト・レコーディングのアルバムですね。(^^♪

あと、ハンク・ジョーンズ祭りと云う事で、GJT From L.A.でおやじsp.さんもアップされていますね。(*^-^*)

ハンク・ジョーンズと言えば、神戸に来た時に、ワタクシのお仲間の『JUST IN TIME』でYAMAHAのグランドピアノ C6の調律がしっかりしていると云うことで、ママさんの為に数曲弾いていったとか、、、(#^^#)


残念ながら、拙宅にはコレらが無いので、その前にレコーディングされたこのアルバム。

イメージ 1

Jam at Basie feturing Hank Jones

あの、一関ベイシーでのライブ盤。  オリジナル盤ですよ~!!(*^-^*)

右下の!JBLマークが何とも、、、(^^♪

録音は2009年 8月 14、15日・・・ハンクさん、92歳で亡くなる8ヶ月前ですね。(:_;)

メンバーは、ラスト・レコーディングでのトランペット(ロイ・ハーグローブ)以外同じ。(*^-^*)

イメージ 2

ラスト・ライブ・レコーディングです。

イメージ 3

イメージ 4

ライブの雰囲気が伝わって来るジャケットですね。

やはり、こういうのはLPジャケットサイズでないと、、、(笑

イメージ 5

このアルバム、NEVEのコンソール、STUDER A820で録音したアナログ仕様。(^^♪

何でも、ベイシーのあのシステムで最終の音決めをしたとか、、、

イメージ 6

これだけバリバリのJazzだと、思う処あって、MIDのSTC4300Bアンプの球を本来のWE300B(復刻)に交換。(^^♪

イメージ 7

我が家のエース、SPU ClassicGE Naked+SME3012S2+Thorens TD124Ⅱ+Partridge TH7834Ⅲのセットで。

このLP、どうも低域が膨らみ気味になるのだけど、さてどうなりますか。。。(爆

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

1曲目 『 COOL STRATIN' 』  爆音でどうぞ、、、(笑


このベースのディビット・ウォンの再生がなかなか曲者で、、、ヘタするとドロドロに、、、(笑

でも、ライブの楽しさは伝わって来るかと。(#^^#)

最後のハンクさんの色気のある声のMCもエエですね!!(*^-^*)


ラストの曲、チャーリー・パーカーの『 MOOSE THE MOOCH 』


も~、最後まで聴くと、ベイシーでのライブ最高っ!!!\(^o^)/





仕切り直し!!

え~、昨日、不慮の事故と言うか、しょ~むない電話対応の隙に消えてしまった記事。(^▽^;)

仕切り直しであります。(^^ゞ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、ブロ友の こばさんZジジイさん が、ご自分のYoutubeチャンネルのアナリティクスを記事にされておりました。

これは面白いってんで、ワタクシも。(^^♪

Youtube ⇒ クリエイターツール ⇒ アナリティクスを開くと出て来ますネ。

で、最初に出て来るのが、過去28日分の集計。

次いで、『すべてのコンテンツの閲覧』をクリックすると、Youtubeのマイページ開設以来の集計が出て来ます。

ワタクシの場合、ようつべさんのお怒りに触れて以前のものは全て削除されたので、ここ1年間ほどの集計。

イメージ 1

まあ何と!!(@@:

断トツで、MOPSの『 たどりついたらいつも雨降り 』 9.445回ですと!!(#^.^#)

今日見たら、9.565回になっていたので、どうやら熱烈なファンのループに入ったみたいですね。(^^ゞ

それがコチラ↓


元記事はこちら

エンパイア4000D/Ⅰ+SAEC WE308L+Garrard401のセット。


ついでに、他のジャンルも、、、(笑

何しろ、ワタクシのブログタイトルが 『 JazzとClassicをJBLで 』 なもので・・・(爆

上のYoutubeのを含めて、メインシステム、プリアンプ以降は全て同じ。

音の入り口のみ色々と、、、(^▽^;)

特徴とすれば、プリ、メインとも全て、自作又はメーカー品でない真空管アンプですね。
過去記事にもあります様に、もう改造しまくり、、、(爆


クラシックは、ヘルムート・ヴァルヒァのチェンバロで 『 ゴールドベルグ変奏曲 』

SPU ClassicGE(Nakedにする前)+SME3012S2+Thorense TD124Ⅱ


元記事はこちら。 ←グルミュオーの『明るい』バッハも、、、(笑


で、肝心のJazzは、Trio Montmartreの 『 Spain 』

これがまあ何と、JBL3Wayマルチのメインシステムではなく、Tannoyの30cm/Cheviotと、我が家唯一の真空管プリメイン、LUX SQ38FDⅡ。(爆

確かに、オリジナルのSQ38FDⅡのままでは『 真空管らしい優しく柔らかなラックストーン 』なので、電源コードを替えたり、バイアス電圧を弄ったりはしておりますが、Tannoyの方が視聴回数が多いなんて。。。ウケる!!(大爆

このSpainには裏話がありまして、以前、ワタクシのYoutube再生回数はせいぜい30~40回と云ったところ、憐れに思って戴いたZジジイさんが、ご自分のブログで紹介戴いたもの、、、その節は有難うございました!!m(__)m

ので、再生回数がJazzでは一番に、、、(#^.^#)

で、そのTannoyのJazzがコチラ。

こちらはCDなので、アキュDP80+DC81+WE111C+SQ38FDⅡとなります。


元記事はこちら


ゴリ押しで、メインシステムでのJazzを。(自爆

デューク・エリントンとレイ・ブラウンのデュオ 『 Do Nothin' Till You Hear From Me 』

Shure V15TypeⅢ(E)鏡面+SAEC WE308L+Garrard401のセットで。


元記事はこちら


ふ~、疲れた、、、(爆






Youtubeのアナリティクスを見てみました。(^^ゞ

昨日、ブロ友の こばさんZジジイさん が、ご自分のYoutubeチャンネルのアナリティクスを記事にされておりました。

これは面白いってんで、ワタクシも。(^^♪

Youtube ⇒ クリエイターツール ⇒ アナリティクスを開くと出て来ますネ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワタクシのやり方が拙くて、記事を飛ばしてしまいました。(><;

明日、改めてアップしますね!!m(__)m




ちと疲れて来た・・・(^^ゞ

先月のお話ですが、ワタクシ、今までに大病も無く、無事に65歳を迎える事が出来ました。(*^_^*)

これで目出度く前期高齢者&介護保険対象者&やっと年金が貰える。(笑


が!! 何故か未だに働いております。。。(爆

誕生日までは、有期契約社員だったのですが、今は顧問契約。

顧問とは名ばかりで、フルタイム勤務に変わりは無し。(^^ゞ
あ、土曜日はしっかり休みますけどネ。


未だに働いている理由は、、、私の部署(技術及び品質管理部門)の後継者が居ない、、、(大爆

昨年一人入ってくれたのですが、私の下に来る前に試用期間でメゲてくれました。(><;

今募集を掛けているとの事ですが、ホントに何を考えているんだか、、、(;´Д`)

わしゃ、いつまで働くんだぁ???(爆


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、この日曜日、気分転換に得意の小細工。(^^♪

最近気に入っている、パイオニアのLD/CDプレーヤー、CLD-07G。

イメージ 1

本来のウチのCDトランスポート、アキュフェーズDP80には音楽的深さで劣るものの、読み取り能力が高く、結構CDトランスポートとして気に入っております、デカいけど、、、(笑

で、このCLD-07G、デカいだけあって天板を叩くと盛大にボッコンボッコン鳴りよります。(^^ゞ

イメージ 2

一応、デザインかも知れませんが、共振除け??の凹凸は設けてありますね。

サイドも、

イメージ 3

一応、凹凸はあるものの、やはり叩くと鳴りますネ。

天板を外すと、、、

イメージ 4

0.4mm厚程度の塗装鋼板をプレスしたもの。

持ち上げて叩くと、ぐわぁぁ~ん!!って、、、(爆

これは、やはり対策が必要でしょう・・・


と、その前にせっかくなので、内部の様子を。

LD/CD読み取り部・・・躯体の作りはしっかりしております。 

ついでにレンズも清掃。

イメージ 5


クランパー部分、あの重たいアクリル製のレーザーディスクを支えるので、クランパーもデカいですね。

これなら、CDスタビライザーも要らないでしょう。(^^♪

イメージ 6

クランパー下部。

イメージ 8

横から見ると、、、CDの直径の半分ほどをクランパーがガッチリと。(^^♪

イメージ 7


まずは、天板の鳴き止め。

最初は、内面に鉛テープを貼ってやろうかと思ったんだけど、ちとメンドイので、、、

デーン!と予備のブチル系ターンテーブルシートを載せて、面で抑え込み!!(笑

イメージ 9

これで何処を叩いても、ボッコンボッコンがコツコツに。(^^♪

これだけでは面白くないので、重量付加。

イメージ 10

厚さ5mmの鉄製の廃材で約1.5kg、、、持って帰るの重たかった、、、(笑

共振防止に3箇所ザグッてあるのがミソ・・・なワケなくて、ただの偶然・・・(爆


3枚持って帰ったので側面も、

イメージ 11

その昔、DENONのCDP1号機、DCD1800を使っていた時に、天板に重量付加よりもサイドの板を銅盤に変えたら
音の重心がグっと下がって激変した覚えがあったので、、、当時細工は大変だったけど、、、(^^♪

取り敢えず聴いてみたら、音の重心がやはり下がっておりましたネ。(#^.^#)

こういう物は、設置してから本当に馴染むまで2~3日かかるのは常識。(^^ゞ
速断は禁物。。。(^▽^;)

馴染んだら、次回アップしてみますね~!!(*^-^*)


で、明日は世間様はお休みというのに、ウチはしっかりとシ・ゴ・ト。。。(><;


歳取ったら悠悠自適とはいかずとも、毎日が日曜日で趣味の読書&音楽三昧なんて、夢のまた夢。。。(自爆









気を取り直して STEVIE RAY VAUGHANなどを、、、(^^ゞ

前稿ではワタクシの知識不足でご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした!!m(__)m

で、気を取り直して・・・気分転換が早いのはワタクシの特技!!(爆

珍しい STEVIE RAY VAUGHAN(スティビー・レイ・ヴォーン)&DOUBLE TROUBLEなどを、、、(^^ゞ

イメージ 1

知る人ぞ知る、ブルース・ギタリストですね。

デビット・ボウイの【レッツ・ダンス】のリード・ギターで一躍有名に・・・(#^.^#)

ギターはフェンダー・ストラトキャスター、独特の音色は弦高のセッティングが3mmもあった故とか、、、(@@;
普通、弦高が3mmもあったら、弦が抑えられませんよね~!!

残念ながら、1990年 35歳の若さで、移動中のヘリコプター墜落事故で亡くなられました。(><;

このアルバムは、1986年に発表されたライブ・アルバム。(元はアナログです)

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ご覧の様に、1985年~1986年のライブツアーから録ったもの。

全編、ノリの良いブルース・ロックですな。(^^♪

で、このCD-R、何で今までアップしなかったかと言うと、、、

ダビングした時のやり方が悪かったのか、はたまたCD-Rがたまたま悪かったのか、アキュDP80やCDレコーダー、マランツDR700では、再生中にザザザっていうデジタルノイズが乗ってしまう。(><;

ブルーレイレコーダーではOKなのですが。

ところが、このパイオニアのLDプレーヤー CLD-07Gでは難なく再生してしまう。(笑

イメージ 5

これは、よほど本来の読み取り能力が高いのか、はたまた読み取りエラー防止のサーボが効きまくっているのか、、、

多分、サーボが効きまくっているのでしょうが、ココは読み取り能力が高いというコトで・・・(爆
(サーボが効きまくると音質が劣化するというのはご存知の通り。。。(自爆)

CLD-07G⇒ アキュフェーズDC81⇒ WE111Cといういつものラインで。

SME(ソニーさん)なので、またまたハネられるかと思いましたが、何とかYoutubeのお許しを得たみたいデス。

で、こーゆー類の重たい低域は、我が鈍足のLE15Aの独壇場、、、是非とも爆音でお聴き戴きたく、、、(自爆


手始めに 【MARY HAD A LITTLE LAMB】


ご陽気に 【LOVE STRUCK BABY】 コード進行が【ジョニー・B・グッド】に似ておりますネ。(^^♪
スティービーの実兄、ジミー・ヴォーン(ファビュラス・サンダーバーズ)も参加。


最後はバリバリのブルース 【AIN'T GONE 'N' GIVE UP ON LOVE】
キーボードのリース・ワイナンスがまたエエですね!!

泣きのギター、エエですね~!!(*^▽^*)









ヤフーボックスで、、、(^^;)

今朝、別のPCで試してみました。

まずダウンロード用のURLを短縮URLではなく、正規の長いURLに変更。(笑

ダウンロード後、開く時にプログラムを選ぶのですが、windows media playerでは音声が出て来ません。
(理由は、、、判りません!!(><;)

このPCでは、GOM player 及び iTuneでは再生する事が出来ました。

お騒がせして誠に申し訳ございませんでした!!m(__)m


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日のYoutube、ビクターさんのお怒りを買い、敢え無く討ち死に。。。(笑

こうなったら、ワタクシの主義に反するのですが、メンドくさいヤフーボックスで。(;^ω^)

イケるのかな~と思いつつ、、、興味ある奇特な方は宜しくです、、、(爆

まずはこれから。

イメージ 1

I miss you

続いてこちらを、、、

イメージ 2

IT's YOU


LAY DOWN SALLY

Q2HDの最高画質の設定で録っているので、めちゃめちゃ重たいです、、、お許しあれ、、、(><;


LOVE PSYCHEDELICO アウトぉ~!!(:_;)

先日、ブロ友の isi*_n*_t*raさん が紹介されていた、ラブ・サイケデリコ。(^^♪

いや~、嬉しかった!!(*^-^*)

実はこのラブ・サイケデリコ、2001年に米ツアーをやっていたのですが、それを何と!あのNHKが放映しておりました。

それを偶然見て以来の隠れファン、、、(^^;)

TVコマーシャルにも時々使われていたりしますね。

ボーカルのKUMIさんの爽やかな色気のあるお声が大好きで、、、(爆

で、勇んでウチにあるアルバムをようつべさんに。。。(笑

イメージ 1

2001年のコチラのアルバムからは、7曲目 『 I miss you 』を。

イメージ 2

2011年のこのシングルからは、、、TUTAYAさんで100えんで買ったもの、、、(^^♪

イメージ 3

『 It’s You 』とエリック・クラプトンの『Ray Down Sally 』をアップしてみました。。。

が!

すべて日本ではブロック。。。(><:;

『 I miss you 』に至っては、全世界ブロック、、、(; ・`д・´)

う~~、残念っ!!!!(;^ω^)












プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR