今年最後のお遊び

今年の正月休みは珍しく、12/27~1/3の8日間。(^^♪

ただまあ、休みに入るなり、入院中の母上様の部屋の片づけやら、プチ断捨離やらで、オデオタイムは
一切なし。。。(笑

それやこれやの中で、収穫が一つだけ・・・。

ついにコレを見つけました!!(*^-^*)

イメージ 1

おまけデジアン、LUX LXAOT1。(^^♪  5W高域用

こちらのLXAOT3と組み合わせると、 10W低域用

イメージ 2

今年の5月に、こばさんより戴いた コレが漸く日の目を見る事になりました!!\(^o^)/

イメージ 3

漸く念願のminiマルチの完成です。

と、その前に、用意していたこれと入れ替える。

これを

イメージ 4

左より、LXAOT3(15V)、フォステクスチャンデバ(12V)、LXAOT1(12V)用の純正電源。

コレに替えた。

イメージ 5

左よりパソコン用電源(15V) ゲームキューブ用電源×2(12V)、いずれもトランスタイプ。(^^♪

先っちょのプラグは当然合わないので、入れ替えましたが・・・。(笑

で、プリ代わりにYAMAHAのミニミキサー、MG82cx、ケツにHaufe RK612トランスを。(*^-^*)

イメージ 6


たまさか見ていたBS103の『世界ネコ歩き』で、結構好きな映像&音楽が流れていたので、、、

ワタクシが猫って、結構珍しいでしょ??(笑


あはは、、音的にはまだお粗末っ!!(爆

まあ、響鳴板を外したアップライトピアノなので、響きは元々少ないのですがネ。(笑

でも、これで映画がエエ感じで見られるようになりました。

遅まきながら、こばさん、どうも有難うございました!!(*^-^*)



最後に、拙ブログにお越しくださいました皆様、本年は本当に有難うございました。

明年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。m(__)m

では皆さん、どうぞ良いお年を!!\(^o^)/
スポンサーサイト



気分転換

・・・と、その前に、iphoneを4Sから6Sに乗り換えました。

バッテリーがそろそろアウトになって来たので。。。"(-""-)"

イメージ 1

左が4年使った4S、右が6S。 やはり、ちとデカいですね~。(´・ω・`)

移行するに当たって、嫁殿からは『データ消失は絶対に許さん!!』と、キツいお達しが・・・。(爆

何でも、あちこちでデータ消失騒ぎがあったらしい。。。(;^ω^)

で、iTuneなるものを、1台のパソコンで2つ使うのは面倒なので、会社のパソコンを持って帰った次第。(^^♪

まあ、何とか無事に移行を終える事が出来ました。\(^o^)/


で、ここからが本題。

昨日の『音が出ん!!』騒ぎでチト疲れたので、またまたクワドエイトに繋ぎ替え。

結構ウチに馴染んで来てくれた様なので、最終バージョンのコレを。

イメージ 2

The Great Jazz Trio At The Villedge Vangard Vol1&Vol2 コンプリートバージョン。

コンピ盤と侮るなかれ。

これはCorner Pocketでの、何かを弄った際のCD再生での卒業試験盤。(爆

5曲目の『Confirmation』が、課題曲。

かの一関ベイシーで、アナログ盤でウーファー4発をご臨終させた曲かどうかは判らないが、、、。(*^-^*)

直弟子のマスターが選んだ曲なので、問答無用。(爆

私も、多分今まで、アップしたことが無かったと思いますが、先日、ブロ友の Gusty Musikさんが、ディナウディオでアップされていたのに刺激を受けて・・・。(笑

では、LM6200で。

出来得れば、イヤホン又はヘッドホンでお聴き戴きたく。。。(#^^#)


聴きどころは、2分過ぎのスネアのリムショット一発!!と、ベースの音の分離。

ベースがドラえもんの『ぐう』の手で弾いていては、イケません。。。(笑

あと、7分頃の、ロン・カーターが、ソロからバックに廻る時の引き際の見事さ。 と、マスターに教えられた。(爆

あ、爆音再生でも『会話が出来る』と云うのは、必須条件・・・。\(^o^)/

それと、意外と知られていないのが、シンバルの基音。

実は200~400Hzにある。

ここがしっかりしてないと、グヮシャーン!!のグヮ、が出て来ない。(#^^#)

D130の良さは、ここがしっかりしているから、と思っております。(^^♪


で、中低域の凄みのある、LM6200で聴かせて貰っている以上、ウチではこの再生が限界デス。。。(自爆

ホントは、AMPEXと比較したかったのですがネ。(爆


で、久しく人さまのプリを聴いていると、久々に自分のプリで聴きたくなるのは人情と云うモノ。(笑

クワちゃんをずっと聴いて来て、考えるトコロがあったので、フラットアンプ段の真空管をまたまた替えてみた。

今度はこれ。

イメージ 4

左側の2本ですね。 右側は外したTesla E88CC金足。

旧ソ連製の互換級、6N23P、中古で1本800えん!!(笑

巷の噂では、元気は良いけど音が下品になる、と、、、下品 結構ですね~と4本買ってみた。

まあ、中古でも4本あれば、1ペア取れるだろうと云う魂胆。


で、エージングも無く、録ってみたのがこれ。

再生系はいつものDP80+DC81で、ケツにUTC A20を挟んでチャンデバへ。

チャンデバ以降は上と同じ条件です。


お? ホンの少しは近づいたか??(´・ω・`)

それともクワちゃんのお蔭で、LE15Aが少しはほぐれたか??(自爆


拙宅比、中低域に一番力がある。 そう下品にもなっていないしネ。(爆

今はまだまだですが、これはエージング後が楽しみですね~!!\(^o^)/


気を良くして、大胆にもヴァイオリンを聴いてみました。((+_+))

聴いたのは、またかのパガニーニ、曲は違いますが。。。

イメージ 3

ご存知、五嶋みどりさん、24のカプリース。(;^ω^)

パガニーニは難曲だけに、調整が悪いと聴いていられないので・・・。

彼女の弾いているのは、確かストラディバリウスではなく、グヮルネリだったかと思います。

では、最終の第24曲を。


うう、、、ヴァイオリンの低弦がビオラに聴こえる??(爆

ま、如何なものでしょうか??(´・ω・`)


こうなったら、次回は我が家のベストのタマ、TESLA  E88CC金足をフォノイコ段に廻してアナログを聴いてみたいですね~!!(笑


え? AMPEXはいつ見るん??でですか??。。。ナンのはなし???(自爆












音が、、、出ません、、、(><;

さて、待望のAMPEX MX10。

イメージ 1

こちらは、3番HOT。

で、そのようにセット。(^^♪

たもchanさんはじめ、MX10に関するブログで確認。

イメージ 2

まずは、LINE入力で。

イメージ 3

が!! うんともスンとも云いません。。。(><;

ノイズすら出ていない。

たもchanさん、レバー位置はこれで良いんですよね??

マイク3.4にしても同じ。"(-""-)"

ここで、ノイズすら出ていないのはおかしいので、ボンネットを外してみた。

イメージ 4

真空管はEF86/6267が6本と12AU7が1本。

ここで、エライ事に気が付いた。

イメージ 5

左が終段の12AU7、右がEF86.

左の12AU7はヒーターが点いているが、、、右のEF86は、、、

イメージ 6

ヒーターが点いてない・・・(><;

他のEF86も同じ。。。

普通、ヒーター回路は並列のはずなので、EF86が6本とも点灯しないのはチトおかしい・・・。

回路図もないしね。

さて、たもchanさん、どうします??

① トドメを刺すのを覚悟でとにかく弄ってみる。←時間が無いので、年内は無理です。((+_+)) 
                                それでも宜しければ、、、(*^-^*)

② いよいよ、こばさんの出番か??

③ 九州のプロに見て貰う。

ワタクシとしましては、②又は③を強く推奨致します!!(;^ω^)










QuadEight LM6200

前回の準備編は、あくまでポンと置きだったので、今回は少しばかり手を加えてみました。

まずは、XLRケーブル。

幸い、拙宅のCDPのアキュフェーズDP81+DC81はバランスアウトがあるので、RCA/XLR変換プラグはやめて
直結に。

また、出力も前回はWE-111CをXLR/RCA変換に使ったが、これもXLR/RCA変換ケーブルを作成。
アキュは3番HOTでクワちゃんは2番HOTなのですが、これも変換出来るようにネ。(笑

イメージ 1

また、前回はベタおきだったのですが、インシュレーターとして自作のカーボンインシュを。

イメージ 2

ついでに、天板も盛大に振動するので、あり合わせの重しを置いてみた。

素材は、真鍮とステンレス。

イメージ 3

では、前回途中でブチ切れてしまった、これをもう一度。(^^♪

イメージ 4

イメージ 5

トラックNo6.7.10を。

再生経路は
アキュDP80➡DC81➡LM6200➡アキュF15×2と簡素化。(^^♪


ちょっと硬質だけど、ギル・シャハムさん、良いですね~!!(*^-^*)

余韻もまずまず、かな??(笑


ところで、前回ちょっと気になった、WALTZ FOR DEBBY。

やはり、ディアゴスティーニではアカンのかと。。。(爆
ま、ワタクシ的には、かつてのリーダース・ダイジェストとか、タイム/ライフのレコード集と同じ様なものかと
思っていたのですがネ。(;^ω^)

で、金曜日会社帰りに、帰り道にある西宮ガーデンズのHMVへ。

やはり、まともなヤツで聴いてみないと・・・。

が、まさかのコレしか。。。(爆

イメージ 6

あとは、1000えんの日本盤しか無かった。((+_+))

で、こちらのEU盤の方を選んだ次第。(^^♪

では、逝ってみませう・・・。


うう、、、デジタル好きな方々、大変失礼致しました。m(__)m

もっと真面目にCDを選びます。。。(´・ω・`)

まだまだ空気感が出ると云うところまでは行きませんが、前回よりはマシかと。

厳密に云うと、LE15Aと375が時々ずれるけど、これはタイムアライメントを合わせる必要がありますネ。
デジチャンだと簡単なんだけど、ウチは375を前にやったり後ろにズラしたり。。。"(-""-)"

ま、今回はご容赦下さい、早く返さないとイケませんので・・・。

ただ、収穫は、拙宅のEL156pp+LE15Aも結構やるやんと。(^^♪

やはり、プリの存在は大きいですね~!!


では、LM6200 最後の1曲、ビックバンドを。

イメージ 7

1989、FRANK WESS=HARRY EDISON ORCHESTRA。

メンバーがまたもの凄くて

イメージ 8

カウント・ベイシーファンの方なら納得ですよね。\(^o^)/

この中から、敢えて私の好きなファースト・アルトのマーシャル・ロイヤル。

そりゃ~、エリントンバンドのジョニー・ホッジスと絶対値で比べてはイケませんが、私はこの方の色気が好きなんです。(*^-^*)

では、5曲目『This Is All I Ask』を。

例のスマホ用レンズの魚眼を使ってみたら、画像はボケボケでした。。。(><;
ま、エエかと・・・。((+_+))


LM6200、やはり良いですね~!!\(^o^)/

ハイ・ハットのハフッが風圧を感じる。(^◇^)

ちょっと硬質ではありますが、これは私の腕の限界。

時間があれば、もう少しこなれてくれると思います。

いずれにしても、Jazzに関しては拙宅では、もう充分かと。(*^-^*)


次は、AMPEX。。。続く。。。














プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR