大橋純子サマ

う~!忙しいっ!!((+_+))

先週は土曜出勤、でもって今週の土曜日は、同業のお会社の不良対策のお手伝いでアルバイト。(笑

ま、いくばくかの報酬は戴きましたが。。。これで何とか欲しかったアレが買えそう。。。(爆


で、ブロ友の なめちゃん仙人さま  が先週アップされていたこれ。

ステサンのフラット・トランスファー・シリーズにいよいよ大橋純子サマが登場される。(^^♪

ただ、残念ながら採用されたのは『シルエット・ロマンス』

ウチにはまともな音源はリアルタイムで買ったこれしか無い。(´・ω・`)

後は、みんなカセットにダビングしたもの・・・(笑

イメージ 1

でも、ま、エエかでアップしてみるっ!!(^_-)-☆

今日は結構涼しかったので、メインシステムで。

通電するのは、ほぼ1か月ぶり・・・(笑

ついでに、メインのTD124Ⅱ+SPU/classicGEで鳴らしてみる。

では、標題曲の『たそがれマイラブ』を。(^^♪


やっぱり上手いですな~!!(*^-^*)


上手いと云えば、ついでにこのカタを・・・。

イメージ 2

ご存知、高橋真梨子サマ。

3曲目の『グランパ』

ワタクシ、何故かこの曲が好きでして、年取ったらこの様なジサマになりたいな~と・・・(笑



がっ!!

残念ながら、ビクターエンタテインメントさんより、『著作権に抵触しとるやないかい!ボケっ!!(; ・`д・´)』と云われてしまった。。。残念!!(爆
スポンサーサイト



鈴奈(レナ)さん近況。(^^♪

オデオは只今調整中に付き、ネタ切れ。。。(´・ω・`)

久々にわんこネタを・・・。(^^♪

我が家の鈴奈さん、推定6歳。  ウチに来てくれて、早や1年と4ヶ月。

ゴールデン・レトリバーの女の子。

ウチに来た時は痩せていて27kgだったけど、今や33kg!!|д゚) ←お前は嫁か!!(爆

獣医さんからはダイエット指令が。。。(笑



パンダのおもちゃで。

イメージ 1

イメージ 2

パンツ脱がすなっ!つーの!!(=゚ω゚)ノ
イメージ 3


ひま~~、、、じゃあ、まだ暑いけど庭で遊ぶか??
イメージ 4


何して遊ぶ?? by鈴奈。(笑
イメージ 5

まずは、庭の巡回・・・ なんか怪しいモンが!!
イメージ 6

イメージ 7

どうやら、猫さんが来たみたいですね~。。。
イメージ 8

ひたすら巡回・・・。
イメージ 9
尻尾の房毛が可愛いですね~!!(*^▽^*)


ん? 下のおうちで何か??
イメージ 10

ま、いいか・・・。
イメージ 11


物思いに耽る鈴奈さん・・・・・ 今日の晩御飯は何かしらね~~。(*^_^*) by鈴奈。
イメージ 15


イメージ 12


・・・ふと、我に帰る、、、。
イメージ 13


でっ、何して遊ぶ??
イメージ 14


・・・おかげで今朝は腰いてェ~~!!(爆

オヤイデ BR-12

昨日、ブロ友のmini4312さん から戴いた、オヤイデのターンテーブルシート BR-12.

早速、Garrard401にセットしてみた。

イメージ 1

なかなかメカニカルで、エエ感じです。(^^♪

この凹部、センターに向かうほど浅くなっている。

なかなか芸が細かいですな~。(*^-^*)

取説によると、このBR-12には、300g以上のスタビライザーの併用が有効とのこと。

手前右にちらっと見える、自作のカーボンスタビライザーの重量は150g。((+_+))

で、あと150gを付け足すとこうなる。(笑

イメージ 2

このカーボンスタビライザーは、本来重量付加が目的ではなく、振動吸収が目的なので。。。(;^ω^)

ま、今度、ちゃんとしたモノを作りませう。 ^^) _旦~~


で、オリジナルのコレと聴き比べ。

イメージ 3

アンプは、拙宅では省エネ仕様のLUX SQ38FDⅡ。

カートリッジは、ERAC STS455E(JIKO針)

イメージ 5

SPは、エージングが進みつつある、Tannoy Cheviot。

イメージ 6

聴いたのは、

イメージ 4

昨日戴いた、バッハ フーガの技法 オルガン版。

オルガンは名手、マリー・クレール・アラン。(^^♪

2曲目の『コントラプンクトゥス 2』を

まずは、オリジナルのターンテーブルシート。

聴き比べなのでスタビライザー300gを載せてある。

イメージ 7

では、



続いて、オヤイデ BR-12。  タンテシート以外はすべて同じ。

BR-12はオリジナルシートより厚いので、アームの水平のみ取り直し。(#^^#)

イメージ 8


制振を謳うだけあって、BR-12の方がタンノイにしては低域が引き締まる。

元気良さはオリジナルの方があるかな??(笑

BR-12の方が全体に聴き易くなる傾向と見た。(^^♪


で、オルガン繋がりで、モーツァルトのこの曲を

イメージ 9

ちょっと珍しい、教会ソナタ集。  ハルモニア・ムンディのフランス盤。

弦楽合奏+ポジティブ(小型)オルガン。

これは、普通に聴くと、弦楽の低域が少し出過ぎる。

BR-12ではどうか??(笑

1曲目のK.212を。


ワタクシ的には、エエ感じやないかいと。。。(;^ω^)

これは、メインシステムでも聴いてみたいところ。(^^♪


調子に乗って、Jazzをイッパツ。

イメージ 10

ご存知、お城のエバンス。(笑

1曲目 One For Helen.


ベースが控え目だけど、30cmと38cmを同じ土俵で比べてはイケません・・・。(笑

でも、まだちょっと無謀だったか。。。(爆




東方より・・・。

着弾!!(^_-)-☆

イメージ 1

ブロ友のmini4312さん より戴いた、888.888HIT記念の景品。(^^♪


中身はこれ。

イメージ 2

オヤイデのターンテーブルシート、BR-12.

ブチルゴムにタングステンパウダーを混ぜ込んだ、制振シート。\(^o^)/

クラシックに合いそう!!(#^^#)

右はおまけに付けて下さった、ターンテーブルシート。(^^♪

mini4312さん、有難うございました!!(*^-^*)


で、緩衝材として入れて下さったのが、このレコード。

イメージ 3

左上より

①バッハの集大成にして難曲、フーガの技法  何とエラートのフランス盤。(#^^#)
  私、チェンバロ盤は持っているんだけど、これはマリー・クレール・アランのオルガンバージョン。\(^o^)/

②シューマン ピアノ協奏曲  リヒテル

③ブクスフーデのオルガン曲 ライオネル・ロック
  ワタクシ、不勉強にして、どちらも知りませなんだ。。。(笑

④ロドリーゴ アランフェス協奏曲  ジョン・ウイリアムス(g)

続いては・・・。

イメージ 4

⑤ヘンデル コンチェルト・グロッソ。 コレギウム・アウレウム

⑥ブラームス バイオリン協奏曲  ジノ・フランチェスカッティ

⑦ビバルディ 海の嵐他  ツィマーマン(Vn)

私の持っていない盤ばかり!!

いや~、何よりです!!\(^o^)/

mini4312さん、本当に有難うございました!!

大切にしますね~!!(*^-^*)

ネタ切れに付き。。。


世間様では、既に夏休みに入っている方も、多数おられます様で、、、。(´・ω・`)

ウチは、8/8も出勤で、夏休みは8/13~16までの4日間。

長いサラリーマン生活、最短の夏休み。。。|д゚)

何でも、今の会社の80歳超えたオーナー会長が、年間休日表を出すと、『何でこんなに土曜日休むんだ!!』ってノタマわれるらしい・・・仕方ありませんネ・・・。(爆


で、昨日の日曜日、メインシステムは余りの暑さにお休み。(´・ω・`)

サブのタンノイシステムは、只今ウーファーのエージング中・・・。

拙宅は、週日の夜は音出しご法度なので、音を出せるのは休日のみ。

エージング、いつまでかかることやら。。。夏休みにはシバキ上げてやりませう。。。(笑


で、ネタが何もないので、天井付近から撮ったワタクシの部屋の写真などを、、、(´・ω・`)

部屋は、3.5m×3.5m×2.4mの8畳間です。


向かって左側、入口付近。(コンデジなので、ワイドにしてもこれが限界)

イメージ 1


向かって右側、タンノイセットが置いてあります。

イメージ 2

で、正面です。

イメージ 3

ラックの前の茶色いのは、オットマン。

メインシステムは、超ニヤフィールドリスニングだと判って戴けるかと・・・(爆

自作真空管アンプ(直熱三極管シングル、しかも無帰還!!)のハムノイズとの闘いが大変だった・・・(⌒-⌒; )


でもまあ、我ながらこの狭い部屋に、よくもこれだけ押し込んだものだと。。。(自爆






花火なう

今日は、地元宝塚の花火大会。

拙宅は海抜135mにあるので、こうなる。(笑

イメージ 1



i-phoneの夜間モードでは、これが限界。。。(⌒-⌒; )

イメージ 2




さて、風呂入って、マッサージして、ご飯にしますか、、、o(^▽^)o

LUX SQ38FDⅡ+TANNOY CHEVIOT

・・・とエラそうなタイトルですが、要は省エネ仕様・・・(笑

この日曜日、余りの暑さに耐えかねて、コチラのセットで。

イメージ 1

そう、JBLの3Wayマルチはお休みにして、LUX SQ38FDⅡとタンノイの30cmチェビオット。(^^♪

あ、デジアンを使っておられる方、これでも充分暑いやん!!と云う突っ込みは入れないでネ。(笑

普段のタマアンプ4台に比べると、消費電力は1/3以下、おかげでエアコンも、よ~効きます!!(爆


以前にも書きましたが、このTANNOYのCHEVIOT、ワタクシ24歳の時(1977年)に新品で買って、以来、今のJBLシステム構築まで、ずっとメインSPだったもの。(^^♪

バイト代をせっせと貯めて、大学生協で、投げ売り半額の2本15諭吉ほどだった。

当時、タンノイの30cmクラスでは、HPD315Aを使った、このチェビオットとブックシェルフ型のデボンが出回っておりました。

ま、タンノイファンからは『 けっ!あれはアメリカタンノイで、全くの別モン!!<(`^´)> 』と云われる、評判の悪~いABCDEシリーズですけどネ。。。(爆


これ、実は拙宅では初めての、メーカー製エンクロージャー入りSP。(笑

コレの前は、コーラルの25cm同軸 10CX50を平面バッフルで聴いていた。

ちなみに、亡父はYLを主体とした、朝顔ホーン、TRアンプまでオール自作の3Wayマルチ、従って我が家にエンクロージャー入りはありませなんだ。(´・ω・`)

で、このチェビオットさん。

イメージ 2

当然、タノプラスエッジは朽ち果ててしまったので、ゴムエッジに換装してある。

コーン紙がちょっと凸凹してるのは、ワタクシの腕の拙さで、ま、ご愛嬌。。。(笑


で、SQ38FDⅡですが、これもジャンクで戴いたものを 取り敢えずプチレストアしたもの

CHEVIOTを買った当時は、とてもこのSQ38FDⅡは買えないので、LUXKITのKMQ60(38FDのメイン部と同じ)と、同じくLUXKITの最廉価のプリである、A3300を使っていた。

社会人になって、やっとCL35MKⅢを買えた時は嬉しかったな~!!(^^♪

にしても、やはりこのSQ38FDⅡは買えなかったけどネ。(爆


と、前置きはこの位にして・・・(笑

取り敢えず接続。

イメージ 3

最奥の電源コードは、電源コードが付いていなかったので、得意の1.25スケ4芯の動力線をスターカッドにしたもの。
オリジナルは、確か50芯程の細いコードだったと思う。(^^♪

CDからのケーブルはノイマン。

アナログは、SAEC WE-308Lのケーブルが長かったので、直接ブチ込む。

SPコードはこれ。

イメージ 4

独逸製の安~い、昔懐かしいMONITOR COBRA CABLE。(笑

カートリッジはエラックのSTS455Eにしようか、エンパイアの4000DⅠにしようか迷ったけど、取り敢えずエラックの方にした。

これで、

Garrard401+SAEC WE-308L+ERAC STS-455E+LUX SQ38FDⅡ+TANNOY CHEVIOT。

そう! ミキサーもトランスもみなパス!!(爆

ま、原点ですナ。(*^_^*)



イメージ 5


で、CHEVIOTを後ろ壁から30cmほど前に出して、こんな感じ。


イメージ 6

ごまりさんフレームが映えますね~!!(*^_^*)


で、肝心のオトの方ですが、、、これが、、、どうにも、、、宜しくない。。。(爆

久々(一年振り)に鳴らした所為もあるけど、低域ドボドボ、中域はコーコー、高域はキンキン。。。(自爆

特に中域のクロス(1000Hz)辺りがでしゃばり過ぎる。

で、暫くエージング。

クラはまだまだだけど、どうせうるさいなら、Jazzをイッパツ。(笑

イメージ 7

お馴染み、1曲目の『Holiday Flight』


まだまだ音は粗いし、ちょっと緩いけど、結構サックスは聴かせてくれる、、、かな??(笑

ま、TANNOYの1000Hz以上を受け持つトゥイーターは、本来ALTECに負けない位強力なんでネ。(*^_^*)

真中のラック、もう少し整理整頓しなきゃ・・・(爆



で、結局クラシックはどやねん!!ってですか??

これがまた、JBL3Wayマルチに比べると。。。全然。。。宜しくない。。。(爆


普通、逆やろ~!!( ゚Д゚) って云う突っ込みは入れないでネ。(笑

今の段階では、JBLのクラシックの方が遥かにエエんですから。。。(><;


じゃあ、聴いてみます?? ヤメといた方がエエと思うけどな~・・・(自爆

ではこれを

イメージ 8


カザルスに次いで好きなチェリスト、ジャクリーヌ・デュ・プレ。(^^♪

比較的聞き易い、ボッケリーニのチェロ協奏曲。

指揮は夫君でもあった、ピアニストのダニエル・バレンボイム/イギリス室内交響楽団

バレンボイムさん、今でこそイッパシの指揮者だが、この時は完全にデュ・プレに押されている。(´・ω・`)

A面のサー・ジョン・バルビローリ指揮/ロンドン交響楽団のハイドンのチェロ協奏曲を聴くと、それが良く判る。

まあ、その分、チェロ独奏が光っている訳でして・・・。(*^_^*)

まだまだですが、では第一楽章を、、、。



はは、、これがTANNOYの音か!! って怒らないでネ。(爆

もう少し、弄ってみるので。。。端子もまだ磨いてないし。。。(自爆







戦争交響曲

昨夜(8/2)は寝落ちしてしまったので、朝からせっせと。。。( ..)φメモメモ

前回アップしたこのレコード。

イメージ 1

チャイコフスキー 『序曲1812年』以外にもう1曲あって、、、

それが、ベートーベン 『ウエリントンの勝利』 別名 『戦争交響曲』 ←詳しくはコチラ

イメージ 2

こちらは、1812と違ってカリヨン(鐘)こそ無いものの、左右(仏軍と英軍)で派手に、小銃(!)と大砲がドンパチやっている。

現在では殆ど演奏される事は無いそうだが、そりゃ~この規模(管弦楽編成の規模はあの第九を上回る)では
ちょっとやそっとでは出来ませんわな~。(笑

ガチガチのベートーベンファンからは、『世紀の愚作』 『ベートーベンの恥』と呼ばれておりますが、私はそうは思わない・・・(爆

これはこれで、宜しいのではないかと。(*^_^*)

ちなみに、この次の作品番号 OP.92が、交響曲第七番。(^^♪

では、この部分を。。。

イメージ 3

再生装置は、前回と同じです。

作曲当時、国際情勢もあって(フランスは敵!)、この曲は大人気でベートーベンさん大儲け・・・。

漸く一息つけた、らしい。。。(爆

では、


愚作と云われておりますが、随所にベートーベンらしいメロディーが出て来ますよね~。(^^♪

仏軍撤退~英軍勝利後の静寂の後のファンファーレ、これを聴いてスターウォーズ第1作の最終場面を思い出してしまった・・・(笑


おっと、、、さあ!! 仕事に行きますか。。。(´・ω・`)






やっぱりアカンか。。。(笑

ブロ友の なめちゃん仙人さま がアップされていた爆音砲対決。

チャイコフスキーの序曲1812。

有名なテラーク盤と、マーキュリー盤をアップされていた。(^^♪

ウチにはテラーク盤は無いが、マーキュリー盤があった。

序曲1812と云えば、かつてCoener Pocketでマスターとアナログのテラーク盤を聴いていたら、学生君たちが入って来て、ごちゃごちゃ喋っていたんだけど、カノン砲の炸裂で吃驚して椅子から転げ落ちたコがおりましたな~。。。(笑



で、ウチにあったのはこの盤。

イメージ 1

かつて、流行りましたね~、チェックレコード。(笑

このアンタール・ドラティ指揮 ミネアポリス交響楽団盤の詳細は、なめちゃん仙人さまが詳細に書いておられるので、そちらをご参照戴いて・・・。

聴き処は、こうなっている。

イメージ 2

早速、逝ってみませう。。。

イメージ 3

今回は久し振りに、TD124Ⅱ+SPU ClassicGE+SME3012S2+パートリッジTH7834Ⅱ+松金C33フォノイコ+Haufe RK612+Mackie CR1604+UTC A20+アキュF15。

では。。。


やはり、Q2HDの限界か、LE15Aの独壇場である低く伸びる低域が捉え切れておりませんね~!!(><;

カリヨン(鐘)はまあまあだとは思い・・・たい!!(爆

でも、なめちゃん仙人さまの方は同じQ2HDでも、きっちり低域を捉えているので、やはりこれがウチの限界か。。。(爆


もう眠たいので、、、続く、、、。 ^^) _旦~~

プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR