暑いっ!!

いや~、暑いですね~!!

拙宅のワタクシの部屋。

イメージ 1

エアコン設定 25℃でこれ。。。(爆

流石に真空管アンプ4台はキツいわ・・・。(;^ω^)


先週も書いたけど、これだけ暑いと、いくら好きでも熱いJazzはちと辛い。(笑

で、今日はボサノバなどを・・・。(^^♪

まずは、超有名なこれ。

イメージ 2

GETZ/GILBERTO.

モービル・フィディリティの200g限定盤。(^^♪

先週のSPU/GTEでは、ちと厚いので、サラっとShureV15TypeⅢ(E)で・・・。

TypeⅢ(E)用のサブ・ウエイトも作ったしネ。(笑

イメージ 3

針圧は1.4g。  あ、サブ・ウエイトは純正とは重量が違うので、アームの針圧目盛りは使えません。

別途、針圧計で測らないとネ。(笑

では、1曲目、ご存知『イパネマの娘』を軽~く・・・。


う、う、う、・・・まだちょっと重たいか・・・(爆

でも、ジルベルトさん夫婦とゲッツさん、エエですね~!!(^^♪



アナログではちょっとまだ重たいので、今度こそ軽~くCDで。(;^ω^)

聴いたのは渋めのこのお方。

イメージ 4

ニューオーリンズ・ジャズのベテラン、CULLEN OFFER。(カレン・オファー)

メンバーは、、、全然知らん、、、(爆

イメージ 5

10曲目のWAVEを。


ね、結構軽いでしょ??(笑

私的には、ピアノも結構エエかなと・・・(*^▽^*)

で、このカレンさん、決して軽いだけではありません。

マトモなJazzも1曲。

チャーリー・パーカーの『SCRAPPLE FROM THE APPLE』などを・・・。


ワタクシ、このお方、結構好きなんですよね~!!

他にも、結構聴かせてくれます。(*^-^*)



もう少し、身体が暑さに慣れて来たら、また熱いJazzを聴きますか・・・(爆
スポンサーサイト



ORTOFON SPU/GTE

と、その前にこの3連休。

最初の2日はこれを、、、。

恒例の、狭い庭の草引き。。。(笑

イメージ 1

これで1/3。

いつもは、草刈機でガァ~って刈るんだけど、この季節には根っこから・・・。

台風あとで地面が緩んでいるし、千載一遇のチャンス。(爆


あ、金曜日は拙宅方面は避難勧告が出ておりました・・・JR宝塚線は止まっていたし・・・。(;^ω^)

武庫川沿いが通行止めになる前に、さっさと帰って来た次第。

で、連休2日目は草引きの残りを。

イメージ 12

この他にもあって、結局ゴミ袋10袋分。。。腰いてェ~!!。。。((+_+))

ま、ウチの鈴奈(レナ)さんはご機嫌ですが・・・。(笑

イメージ 11


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、前回の続きです。

SPU用のサブウエイト。

イメージ 10

こんな感じになりました。(^^♪

イメージ 9

カートリッジは、SPU/GTE。

イメージ 8

もう一つの、CLASSIC GEの方はマグネシウムシェルだけど、こちらは古いプラシェル。

イメージ 2

中身はこんなん。

イメージ 3

SPU、2つ並べるとこうなる。(笑

イメージ 4

イヤらしいですね~~! 成金趣味ですネ~~!!(爆


で、このSPU/GTE、久しく鳴らしていなかったけど、大分馴染んで来たので・・・。


今日みたいなクソ暑い日中は、熱いJazzはチトしんどいので、これを・・・。(笑

イメージ 5

Kenny Dorhamさん。(^^♪

イメージ 6

メンバーもエエですね~。

では、1曲目を

今回は、ちょっと撮り方を変えて見ました・・・見難いですが・・・(笑


このSPU/GTE、 SPU ClassicGE+パートリッジTH7834Ⅲと比べると、トランスが小さい分、やはり古色蒼然と云うか、レンジが狭いというか。。。(;^ω^)

カートリッジから、即トランスのメリットはありますがネ。

ただ、ワタクシ的には好きな出音です。(^^♪



さて、ではクラシックはどうでしょう。

聴いたのはこれ、以前にもご紹介しましたが。

イメージ 7

カール・シューリヒト/チューリッヒ・バロック・アンサンブル 日本盤ですが。。。

ブランデンブルグ協奏曲 第6番 第3楽章   シューリヒト最後の録音。

Gutsy Musikさんのアドバイスに従って、高域のみ1dB絞った。(^^♪

最初、ちょっと画像がユラユラしますが、そこはご容赦を。。。(笑



ううう、やはりシューリヒトはエエですな~!!\(^o^)/







 

SAEC WE-308Lサブウエイト

先日、たもchanさんとバーターした、SAEC WE-308L。

重量級シェルを使っている、Shure TypeⅢ(E)やELAC STS455Eを使うにはサブウエイトが必要。

取り敢えずは、間に合わせに

イメージ 1

鉛テープを巻き付けていたが、これでもSPUは使えない・・・。


で、サブウエイト、ネットで探してみると、正規品でなくても結構お高い。。。|д゚)



そこで、簡単なモノなら、 高けりゃ作る!! が、モットーのワタクシ。。。(爆



まずは、会社の廃品置き場から見つけたのがこれ。

SUS製の肉厚パイプの切れ端。

イメージ 2

一見、良さそうに見えるでしょ??

ところが、WE-308Lのウエイトの外径は

イメージ 4

対して、SUSパイプの内径は

イメージ 3

φ20.12-φ20.01= く~~!! 内径が 0.11mm細い!!(´・ω・`)

旋盤があれば、穴の拡張は簡単なんだけど、そんなモノがある訳も無く。。。(;´Д`)

どうしたモンかな~、サンドペーパーでは無理だし、丸ヤスリで削るか・・・と、工場内を探していたら・・・。

ありましたがな~! コレが!!

ストレート・リーマー。(^^♪

イメージ 18

ちょっと細いけどこれをボール盤にチャックして、パイプの内側を削りませう・・・。(^^♪


ところが、これがなかなか簡単には削れてくれない。。。何しろ手でパイプを支えて押しつけてるので。。。(笑

苦闘 1時間、やっとのことで、、、



でけた!!

イメージ 5

長さは、本来のウエイトと同じ長さでカット。 これで重量は54g。

イメージ 6


次いで、剥がした鉛テープの重量を測ると、23gほど。

なので、これのおよそ半分の長さも作成。


ついでに、こんなんも見つけたので、、、


スリットカラーの廃品 内径20mm・・・また0.12mm足らんけど・・・(爆

イメージ 7

コイツも内径をゴリゴリ削って

イメージ 8

出来上がりィ!!    疲れた!!!!(´・ω・`)



三つ並べると、こんな感じ。

イメージ 9

重量は左から、25g  54g  82g。 (^^♪


何故、82gが必要かと云うと、コレを使うため。

イメージ 10
イメージ 11

SPU-GTE プラシェル・・・自重32g   御存知、昇圧トランス搭載型。(*^_^*)


最初、54gのサブウエイトでゼロバランスを取ってみたら

案の定、こんなんになった。(笑

イメージ 12

針圧 2.5~3.0gを掛ける為に前に移動するにしても、これでは支点から離れ過ぎ・・・。

針先が慣性で振り回されてしまう。。。

で、念のために作っておいた82gのウエイトをセット。

ゼロバランス点

イメージ 13

針圧 3.0g  (もう一つあるSPU-ClassicGEは針圧4gだが、このSPU-GTEは2~3gが指定針圧)

イメージ 14

恰好はイマイチだけど、支点には遥かに近づいた。(#^^#)


ちなみに、ELAC STS455Eだと25gのサブウエイトを使ってこんな感じ。

ゼロバランス点

イメージ 15

こちらは、デザイン的にもまあまあかな・・・。(爆


実際にSPU-GTEでレコードを掛けてみると、音はマトモに出ます。(笑

イメージ 16

イメージ 17

ただ、このSPU-GTE、久し振りに使った所為で、まだダンパーが完全にはほぐれていないので、出音はまた今度!!(爆


しかし、我がシステム。。。ますます手作り感満載に。。。(自爆

歌謡曲!!

皆さんの影響を受けて、ワタクシもついに『歌謡曲』を。。。(笑

とか云いながら、実は聞くだけはTV、ラジオで結構聞いていたりする・・・。(^^♪


ただ、ウチのシステムで爆音で聴いた事が無いと云うだけ。。。(爆


かと言って、ウチにそうそうソフトがあるワケもなく・・・こういう時に頼りになるのが、TUTAYAさん!!(^^♪


で、まずは、やはり巷で噂のこのお方のCDを。


イメージ 1

ド真ん中に、TUTAYAのハンコが転写してるのはご愛嬌。(;^ω^)


そう! こばさんの指令により、まずはちあきなおみサマ。(爆

私の通っているTUTAYAさんには、この2枚しか無かった。((+_+))


イメージ 2

何れも、彼女の曲以外にカバー曲多数。

ただ、全てをなおみ節?で完全に歌いこなしており、違和感は全くゼロ。

やはり、歌のうまさは群を抜いておりますネ。\(^o^)/


では、その中からワタクシ好みの曲を。。。

再生は、いつものお気楽CD再生システム、 DP80+DC81 以下省略。(#^^#)


やっぱり、上手いですよね~!!\(^o^)/


もう1曲、これはもう歌謡曲と云うより、歌曲と云っても良いかと・・・。



ううう、、、出音は別として、ハマりそうな自分が怖い。。。(爆




ELAC STS-455E

今日は、某有名時計メーカーさんの品質監査。(´・ω・`)

何とか無事に終わり、『 わしゃ、今日の仕事は終わった!!』宣言をして、ブログを・・・(爆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


前回に引き続き、ELAC STS-455Eです。

このカートリッジ、35年程前に購入。

残念ながら、オリジナル針は折ってしまって、JICO針ですが、、、|д゚)

イメージ 1

当時は、JBLは山水SP-LE8Tしか持ってなくて、Tannoyの30cm 『Cheviot』がメインスピーカー。

これに、LUX CL35Ⅲと、LUXKIT KMQ60(50CA10pp)を組み合わせていた。

要はLUX SQ38FDが買えなかったので、同じ様な組み合わせを分割で買い込んだ。。。(笑

アナログプレーヤーは、マイクロのDD-7。 アームのMA505に惚れこんで。

で、このELAC STS-455Eで主にクラシックを聴いていた。

当時はShure V15TypeⅢは未だ持ってなくて、ROCKを聴く時はShure M95EDとか、エンパイア4000D/Ⅰ

(いずれも特価で、新品で6割引き位だった)を使っていたっけ・・・。

マイクロDD-7は知人に差し上げたが、その他は全部、未だに持ってます。。。(爆


で、このSTS455E、流石にShureとMM型のパテントを2分するだけあって、今聴いても結構良い音がする。

低域もしっかりしているし(肥大していない)、中低域~中高域の軟弱にならない滑らかさは特筆もの。

高域は、Shure V15TypeⅢに比べると大人しい・・・例えばシンバルはガシャーンの『ガ』がちと弱い。

ただこれを裏返せば、余程ヘタな使い方をしない限り、決して破綻した音は出さない。(^^♪

この安定感が、クラシックファンに支持されたのでしょうね。(#^^#)

Jazzも結構カバー出来るし。(Jazz喫茶で意外と使っていたりする・・・例えば香里園のオールホーンで有名なブルー・ライツもそう)


そこで、Jazzは前記事でアップしたので、今回はクラシックを。。。(#^^#)

イメージ 2

前回の拙宅オフ会で、NOBオヤジさんからまとめて戴いたものから、ベートーヴェン/楽劇曲『エグモント』

何と、DECCAのえげれす盤!!\(^o^)/

これが、ドフのジャンクコーナーに何枚もあったそうな。。。(*_*;。。。で、全部戴きました!!\(^o^)/

ウィーン・フィル/ジョージ・セル指揮 1969年録音。

再生は前記事と同じ、Garrard401+SAEC WE-308L+ELAC STS455E+松金C33フォノイコ+Haufe RK612+松黄CR1604+UTC A-20+F15。

チャンデバのF15は、Jazzの時より、MIDとHIGHを1.5dBづつ絞った。

では、エグモント序曲。。。




これも名演と言って良いかと・・・。(^_-)-☆



でもって、ココから先は余談です。  興味の無い方はパスしてね。


私のシステムの本当のキモである、不動のメインアンプたちのご紹介。

不動なので、殆ど書くことも無いしネ。(#^^#)

クロスは-12dB/oct,  500Hz/7000Hz  聴き込んだ上で、全て正相接続。

高域用 ・・・ 自作WE310A-WE300B(復刻)-ムラードGZ34⇒GZ37  出力トランスはピアレスS-255S

中域用 ・・・ 自作WE310A-WE300B(復刻)-ムラードGZ37  出力トランスはマグネクエスト FS-030
          ↑詳しくはコチラ 

低域用 ・・・ (有)ルーツ・サウンド製 EL156pp Mono×2 出力トランスはTAMURA F-2012.
          ↑詳しくはコチラ


実は、この記事たち、拙ブログを始めた頃に書いたものですが、全く反響の無かったモノ。。。(爆

ま、確かに、いま読み返しても全然面白くはありませんわな~!!(自爆











限界っ!!(;^ω^)

えっと、拙宅にお越しの皆さんはご存知ですが、ワタクシの部屋。。。

こんな感じです。。。 ^^) _旦~~


まずは、はみ出したレコード。

イメージ 1

床に放り出して あり合わせの箱に突っ込んで、、、(笑


反対側は・・・

イメージ 2

ビデオテープと文庫本・・・。((+_+))

余談ですが、このビデオラック、VHSのビデオテープが144本入る。

ウチには、これ以外にあと3台ある・・・(爆

このコーナーに、ビデオテープが約200本と、文庫本が250冊ほど突っ込んであった。。。(爆

で、どうにも鬱陶しくなって、、、こんなモノを買い込みました。(^^♪

イメージ 3

小型のディスプレイラック、送料込み4500えん。\(^o^)/

今日一日掛かりで、お片付け&組立。

ビデオテープと文庫本は例によって、物置部屋へ。。。これが時間が掛かった。。。(爆

組立は1時間ほど・・・。

で、例によって(笑、途中割愛で、こんな感じに・・・(*^-^*)

イメージ 4

普段聴く、Jazz関係をこちらに、、、これで250枚ほど、、、意外と少ない、、、(;^ω^)

元々あったこちらは、主にクラシックを。

イメージ 5

ディスプレイ棚にはJazzが載ってますがネ。(笑

こうやって見ると、圧倒的にクラシックの方が多いですな~(爆

ところで、この新しい方のディスプレイラック。

イメージ 6

本来は、レコードを入れるようになっていない、、、(笑

部屋が狭いので、とにかくコンパクトにまとめたかった。。。

本来のレコード収納用のディスプレイラックはこんなん。

イメージ 7

対して、今度のは。。。

イメージ 8

レコードを入れると、蓋が締まらない・・・(爆

その代り、奥行きが45cmに対して35cmと10cm短い。

ウチの狭い部屋で、この10cmの差は大きい・・・\(^o^)/

かといって、カラーボックスを並べる気にもならず、このラックを選んだ次第。。。(*^-^*)

ま、エエでしょう、、、(^^♪


で、オデオの方ですが(笑

今日は、ShureV15TypeⅢ(E)の代わりにこれを。

ちょっと、美音が聴きたくなって。。。(;^ω^)

イメージ 9

エラックSTS455E.

針は残念ながら、JICO製ですがネ。

Shureと並びMM型のパテントを・・・。

このカートリッジ、私的にはとにかく美音を奏でてくれるので。(^^♪


聴いたのはこれ。

以前、ご紹介したかも知れませんが。

イメージ 10

’75 モントルー、Basie Jam。

メンバーは、もうとにかくツワモノ揃い。(笑

イメージ 11

ちょっと長いですが、各人のソロが凄い。(#^^#)

2分過ぎまではベースの音圧が低いですが。。。これは元々。。。(笑

1曲目、Billie’s Bouncesを。


やはり、ShureV15TypeⅢ(E)や、SPUの方がJazzらしいですが、こういう美音もネ。(^^♪

あ。これで美音かぁ??と云う突っ込みはご容赦。((+_+))

ピアノがエレピにはなってないので。。。(爆

次はクラシックなどを逝ってみませう・・・(^◇^)








プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR