気分転換。。。

未だ続くクワちゃんショック・・・(笑
 
買えるアテも無いのに、オクを徘徊。。。やっぱ、高い!無理っ!!(爆
 
 
こーゆー時は、気分転換。(*^_^*)
 
 
先日、物置から難儀な思いをしながら(どこに在るか判らなかった)引っ張り出して来た、このセット。(#^^#)
 
イメージ 1
 
小型の電源トランス、チョークコイル、そして出力トランス。(^^♪
 
ありあわせのシャーシに載せてみた。
 
ありゃ、ちょっとシャーシが小さいか。。。( ゚Д゚)
 
このトランスのセット、実は30年程前に買った、今は亡き三栄無線の6BX7シングルキット(SA-523?)に付いていたもの。
 
6BX7はその後、作り直してパラシングルに出世。(笑
 
 
で、こういう日もあろうかと、残しておいた・・・。(^^)/
 
これで、何をするかと云うと、
 
ブロ友 HIROちゃんさん から戴いたコレを使って・・・。
 
イメージ 2
 
SOVTEK 6BQ5ですね。
 
復活したBoston A40V用に、小振りのシングルアンプを作ろうかな?と・・・。(#^.^#)
 
 
さて、回路はどうすべぇ。
 
初段に12AX7を使ってこんなのにするか
 
イメージ 3
 
はたまた、6AQ8を使ってこんなのにするか。。。
 
イメージ 4
まあ、初段のタマはどちらも複数あるので・・・。
 
CR類の在庫を調べて、カネの掛からん方にしませう。。。(笑
 
 
う~~、シャーシの穴明けする気力が。。。( ゚Д゚)
 
ま、ボチボチやって行きますね~!!\(^o^)/
 
 
スポンサーサイト



今日はクラシック!!

え~、昨日のクワドエイトショックから冷めやらぬまま、今日はクラシック。
 
と云うか、暫く拙宅ではJazzは聴きたくないので。。。(笑
 
昨日、間の良い事に!(^^♪ NOBオヤジさんからお土産に戴いたクラシックレコード。
 
セット物が6巻と、アルバムが13枚。
 
何と、ドフのジャンクコーナーにあったとのこと。(@@;
 
昨日も書きましたが、その中の白眉はこれ・・・。
 
イメージ 1
 
音が硬いで有名なアルヒーフのBach 『マタイ受難曲』。
 
これが何とドイツ盤(盤だけ直輸入で日本発売)。\(^o^)/   ウチにあるのは日本盤。。。(笑
 
これが、何とジャンクコーナーにっ!! ドフの担当、何しとん・・・コッチは嬉しいけど・・・。(爆
 
日本盤との比較。
 
どちらも同じ4枚組。  左がドイツ盤で右が日本盤。  倍ほど違いますね~。
 
箱も日本盤は紙製だけど、ドイツ盤は布張り。
 
イメージ 2
中身の解説が、ドイツ盤は日本語とドイツ語の二本立て。
 
イメージ 3
盤の厚さはほぼ同じだが、ドイツ盤は端がフラット。
 
レーベルを見ると
 
日本盤
 
イメージ 4
 
1面の裏は2面。
 
ドイツ盤は・・・。
 
 
イメージ 5
 
1面の裏は
 
イメージ 6
 
最後の8面!  そう、オートチェンジャー対応。(^^♪
 
そりゃ、こんなに長い曲、オートチェンジャーで聴きたくなりますわな。(笑
 
中に入っていたドイツ語のタグです。
 
イメージ 7
 
。。。意味不明。。。(爆
 
 
で、聴いてみました。
 
いつものクラシック用 TD124Ⅱ+SME3012S2+SPU ClassicGE+パートリッジTH7834Ⅲ+松金C33。
 
イメージ 8
 
第47曲 アリア『憐れみたまえ、我が神よ』
 
 
 
 
ちなみに、日本盤はこちら。 再生装置は同じ。 今年の4月にアップしたものです
 
 
youtubeでは良く判りませんが、拙宅比、ドイツ盤の方が伸び伸びしていて力強い・・・ような気がする・・・(爆
 
ま、今日はこの辺で。。。
 
NOBオヤジさん、本当に有難うございました!!m(__)m
 
 
 
 

ショックじゃ!!(><;

前記事にもあるように、本日は拙宅でのOFF会。
 
参集したのは、NOBオヤジさん、ぜっぷりんさん、そしてたもchanさん。
 
本日の目的は、先日たもchanさんが入手された、可搬型ミキサー、クワドエイトLM6200を拙宅のシステムに繋ぐとどんな音がでるか・・・。(笑
 
イメージ 1
 
ちなみに、拙宅のプリは松金のかつてのフラッグシップ、C33。
 
イメージ 2
 
奇しくもこの2機種、発売時の価格はほぼ同じ。(笑
 
要は、コンシューマ用のC33とプロ用のLM6200.(^^♪
 
また、LM6200はJust In Timeでその音の変わり様は経験済み。
 
さて、拙宅では。。。
 
最初は、C33で聴いて戴く。
 
その間、LM6200は暖気運転。
 
で、いよいよ繋ごうかと。。。がっ、LM6200はバランス接続。
 
あちゃ~、オス側の変換アダプターは有るけど、メス側のアダプターが無い!!(><;
 
一瞬、諦めモードが。。。(笑
 
たもchanさんに至っては、『近くのドフに行ったら、ありませんかね~』って・・・(爆
 
が、しかし!折角のチャンスにその様なコトで諦めるワタクシではありませぬ。。。(^^♪
 
ふと、オス/メスのバランスケーブルがあるコトを思い出し、何とか接続。(^_^)v
 
接続の都合で、LM6200→借りモノのWE111C→チャンデバとなったが、取り敢えず音は出ました。
 
イメージ 3
で、このLM6200はフォノイコが無いので、まずはCDで音出し・・・。(#^^#)
 
さて、我がC33との勝負は如何に。。。
 
 
 
うう。。。勝負は一瞬でついてしまった。。。(爆
 
平たく云うと、変わったのはプリだけなのに、コレがウチの音かっ!!って・・・。(><;
 
今まで、色々と弄って、それでも出て来なかった音がいとも簡単に出て来よります。
 
こんなショックは、2002年に初めてCornerPocketの音を聴いて以来。。。(笑
 
今、流行の蒸留水みたいなハイエンド志向の音ではなく、もっと泥臭い音ですが、Jazzはやはりこうでなくては。
 
何といっても実在感がすごい。
 
ワタクシにとってはもう、次元が違う音。
 
いや、音とか何とか云う前に、音楽をそこでやっている。
 
ごちゃごちゃ云う前にイッパツ。。。(笑
 
但し、私も珍しく興奮状態で録ったので、音は割れまくりですが、雰囲気だけは・・・。
(これでも、録音Volは『4』だったのですよ、いつもは『6~7』(爆)
 
これを。。。
 
イメージ 4
 
曲の途中からですが、そこはご勘弁・・・。
 
あ、出来ればヘッドフォンでお聴きくださいネ。
 
 
拙宅に関して云えば、Jazzはもうこれで上り、かと。。。(笑
 
うう、羨ましいぞ!たもchan!!\(^o^)/
 
やはり、エエ音はかっ!!!(><;
 
この後、ウチにあるチンケなフォノイコ、ShureM64を繋いで、アナログも聴いて見ましたが・・・
宜し!!(爆
 
 
何と言っても、コレがライブの迫力満点。
 
以前は、何となく頼りなくてもうエエかなと、あまり聴かなかったのに・・・。(笑
 
イメージ 7
 
 
 
 
エラい事になってしまった。。。
 
聴いてしまったモンな~~。f(^^;;
 
このミキサーがあれば、もう低域にトランジスタ式のエエやつだの、ダブルウーファーだの、考える必要はありません。。。(爆
 
 
 
結論・・・ワタクシ、暫くはもうJazzは聴きません・・・(大爆
 
 
 
 
幸い、NOBオヤジさんのお土産。
 
イメージ 5
 
ドフのジャンク・コーナーのクラシックがいっぱい!!
 
何よりびっくりしたのは、
 
イメージ 6
 
マタイ受難曲・・・中身はドイツ盤!! これがジャンクコーナーに??((+_+))
 
ウチにあるのは日本盤・・・(笑
 
NOBオヤジさん 有難うございました!
 
何よりです!!\(^o^)/
 
 
 
と云うワケで、当ブログでは暫くの間、Jazz関連のアップはありません。。。(大爆
 
 
 
ぜっぷりんさん、たもchanさん、NOBオヤジさん、本日は有難うございました。
 
また、遊んでね~~!!\(^o^)/
 
 

オフ会なう

たもchanさん、NOBオヤジさん、ぜっぷりんさんが参集。v(^_^v)♪

たもchanさん 持ち込みのコレ。

イメージ 1




がっ!!

キャノンのメスが、無かった。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

チーン!!(;^_^A

また、こんどね~!!


。。。。。。。。。。。。

その後、裏ワザを使って何とか接続。(*^_^*)v

次元の違うエエ音です!!\(^o^)/

鈴奈(れな)さん 近況②

4月6日にウチに来て、早や半年の保護犬(繁殖犬) 鈴奈(れな)さん ゴールデン・レトリバー 推定5歳。
 
ウチに来た日の鈴奈さん。
 
イメージ 11
 
 
 
① 近頃の鈴奈さん・・・。    
        ママぁ♡♡  ご飯まだぁ~~??
 
イメージ 1
 
 
② 雨の日はウチの中で・・・。
 
ママと遊んであげなきゃ、しょうがないわね~!!
イメージ 2
 
 
 
 
③ 寝起きの鈴奈さん
ワタチ、眠たいんですけ・・・なんか用??
イメージ 3
 
 
 
④ ママに怒られた。。。
 
あんなコトくらいで怒られるなんて。。。ぶつぶつ。。。
イメージ 4
 
 
お姉ちゃんたち、どう思う??
 注) 左側:初代の奈々(0歳~12歳4ヶ月)  右側:2代目の詩(らら)(10歳5ヶ月~13歳6ヶ月)
    何れも、ラブラドール・レトリバーの女の子。(^^♪
イメージ 5
 
 
へ~、お姉ちゃんたちも怒られたんだ~。。。
イメージ 6
 
 
なら、しょ~がない。。。寝よ!!
イメージ 7
 
 
 
⑤ 庭でハジける鈴奈さん
 
今日は気分が良いわ・・・。  エイっ!!
イメージ 8
 
 
                       ヤっ!!
イメージ 9
 
 
                      とぅ!!
イメージ 10
 
 
                      ふぅ~~
イメージ 12
 
 
 
。。。かくして、我が家の平和は続くのでありました。。。(爆
 
 
 
さー、飯や、めしィ!!(大爆
 

小細工と先週買った本。。

小細工 その①
 
オクで見つけたこれ・・・送料込み1、780えん。(笑
 
イメージ 1
 
そう、アームリフター。
 
出品者さんは、オイル抜けと云っていたが、届いてみると、なんのなんのしっかり入ってました。(^^♪
 
さぶちゃんさんみたいに、リフター付きの適当なプレーヤーを入手してリフターだけ取る、というのも考えていたんだけど、送料込みで結構お安く落とせたんで・・・。(^^♪
 
 
このままでは、ちと長さが足らなさそうだったので・・・。
 
イメージ 2
 
100均で売ってた、シリコンゴム製の眼鏡のツルの滑り止めを被せる。(笑
 
まあ、それこそアームの滑り止めにもなるしネ。(^^♪
 
で、どこに使うかと云うと。。。
 
ココです。
 
イメージ 3
 
そう、EMT929のアームリフターとして・・・。(^^♪
 
 
今まで、アームリフター無しで使ってたんだけど、寄る年波の所為か、はたまた軽度のアル中の所為か、こちら側のアームを弄ると手が震える。。。(爆
 
肘を支えりゃイケるんですけど、メンドくさいし・・・ほら!ソコのあなた!!思い当たるフシが。。。(大爆
 
ヘタすりゃ、落とし損ねて虎の子のOFD25がボンボンとレコード上を跳ね回るコトに・・・(><;
 
で、いきおい、余り聴かなかったんだけど、今回意外とお安くアームリフターを入手出来たという次第。
 
これで、心置きなく聴く事が出来ます!!\(^o^)/
 
 
小細工 その②
 
Gallard401に付けている、SME3009S2imp.のアームコード。
 
実は、ノイマンの三芯マイクコードに替えてある。
 
旧タイプなので、接点はピンジャックではなく、これ。(笑
 
 
イメージ 4
 
と云うか、ウチのRCAコードは全てこのノイマンの三芯マイクコードで統一している。(笑
 
勿論、アームコードも。(#^^#)
 
理由は。。。音がエエから。。。ではなくて、色々と変えると私の駄耳では収拾がつかん様になるので・・・(爆
 
そこそこ音のエエやつで、エイや!でまとめた次第・・・(大爆
 
 
ところが、先週までの一連の小細工で、ほぼこのアーム専用にしているShureTypeⅢ(E)が、拙宅比結構エエ感じで鳴るようになって来た。( ゚Д゚)
 
そうなると、Jazzを聴いた場合(このセットではクラシックは聴かないので)、もう少しケバが欲しい。
 
ノイマンでも悪くはないんだけど・・・。
 
そこで、一旦、SMEのオリジナルコードに戻すコトに。。。以前は音が痩せて聞こえたのでノイマンに交換したもの。。。
 
イメージ 5
 
せっせ、せっせとハンダ付けのやり直し。
 
ついでに、ピンプラグもSMEの純正に・・・。
 
 
で、取り付ける。
 
イメージ 6
 
お~、私の駄耳ではケバが立って来ましたね~。
 
ま、雑味が増えたとも云うのですが・・・(爆
 
その辺は、拙宅に来られた方に聴いて判断して戴きませう。。。(笑
 
 
 
先週買った本。
 
まずは先週、さくどう親父さんが紹介されていたこれ。
 
イメージ 7
 
無線と実験 11月号。 買った目的は、最新のトラブルシューティング。(笑
 
いや~、『最新の』と銘打っただけあって、面白かったです!!(^^♪
特にフォノイコの記事が良かったですね。\(^o^)/
 
10年前までは、この無線と実験、ラジオ技術、管球王国は毎号買っていましたが、懐具合の衰退と共に
いつの間にやら。。。(爆
 
ホント、何年振りかで買いました。
 
さくどう親父さん、良い本のご紹介、有難うございました!!m(__)m
 
 
もう1冊はこれ。
 
イメージ 8
宮城谷 昌光著  三国志 第11巻
 
ワタクシ、宮城谷さんのファンでして、『夏姫春秋』以降、この方の文庫本は全て持っている。(笑
 
文庫本は、と云う所がアレですが。。。(爆
 
また、三国志も好きで、ウチにあるのは演義、吉川英治、柴田錬三郎、陳 瞬臣、北方謙三etc・・・。
 
最後のお人のが一番底が浅かったような・・・(爆・・・ま、ヒトそれぞれですから・・・。(大爆
 
ま、宮城谷さん、今楽しみながら少しづつ(一気に読むと勿体ない・・・)読んでいる処です。\(^o^)/
 
 
 
おっと、昼休みが無くなるので。。。お・し・ま・い。。。(爆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

oguさんと勝手にコラボ。。(笑

昨日のoguさんの記事。
 
キース・ジャレット・トリオ Bye Bye Blackbird。
 
ウチにもあったので・・・勝手にコラボさせて戴きました。(笑
 
イメージ 1
 
 
詳しくは、oguさんのブログをご覧戴いて・・・。(笑
 
ワタクシ的には、ジャック・ディジョネットのドラムが良いですね~!!
 
キースさんの唸り声はちょっと。。。(爆
 
では、イッパツ。  宜しければ、どうぞ。(笑
 
再生ラインは、DC80+DP81+WE111C+WE396A中華バッファ+UTC A20+C33。
 
残念ながら、ちょっとゴソゴソしてるし、7分頃からのディジョネットさん、少しサチってますが。。。f(^^;;
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
さて、今日は妙齢の姪っ子二人が遊びに来ているので、ちょこっと相手して来ます。(^^♪
 
 
たもchanさん、惜しかったね~~!!(大爆
 
 
 

ここらでイッパツ。。

先週、カソード抵抗を交換した、低域用のEL156pp。
 
毎日、家に帰ってから寝るまでの3時間、FMを流しっぱなしにしてエージングすること20時間+α。(笑
 
漸く、少しほぐれて来た。
 
今回の目的は、あくまで低域の伸びを狙って。
 
また、あわよくば、Shure TypeⅢ(E)での再生で、音に芯が出ないかと。。。(*'▽')
 
3連休の最終日、一発逝ってみましょう・・・"(-""-)"
 
 
イメージ 1
 
ぱっと見は判らないけど、アナログ関係の細かい配置換えもやったしネ。( ^^) _U~~
 
最初はこれ。
 
イメージ 2
 
いつもと違う、B面1曲目 『You Look Good To Me』
 
トライアングルとベースのアルコ。
 
これが深く再生されるか。。
 
あと、ピアノがピーターソンはベーゼンドルファー遣いなので、明るく鳴り過ぎないか・・・(笑
 
再生系は Gallard401+ SME3009S2imp+ Shure TypeⅢ(E)+ Shure M64+ WE396A中華バッファ
+ UTC A20+ C33AUX。
 
久々に、フォノイコはM64を引っ張り出して来た。f(^^;;
 
イメージ 4
 
あ、録音時は決して爆音ではありません、普通の音量ですヨ。。(爆
 
 
 
。。。。。($・・)/~~~(笑
 
 
 
。。。メゲずに、禁断のコレを。(^◇^)
 
菅原さんの『ベイシーの選択』に出てくる、この一曲。。もうやけくそで。。(笑
 
イメージ 3
 
無謀にも、かの1曲目 『Holiday Flight』(大自爆
 
あ、コレも爆音再生ではありませんよ~!!(^^♪
 
爆音だと誤魔化し易いんだけど。。。(笑
 
 
うう。。もう一息。。も少し太さが欲しい。。。((+_+))
 
ま、しゃ~ない。  これでX-Dayを待ちますか・・・(爆
 
いざとなったら、SPUでゴマカしませう。。。(大自爆
 
 
 

BOSTON A40Vもう一息 f(^^;

KENWOODのシスコンのTWを取り付けた、BOSTON ACOUSTIC A40V。
 
実は、EL156ppのエージングを兼ねて、今週、家に帰ってから寝るまでの3時間、FMを鳴らしていた。(^^♪
 
結果、ちょこっとだけエージングが進んだので。。。(笑
 
まだまだ、ハイ上りですが、ここらで一発。
 
 
イメージ 1
 
 
聴いたのはこれ。
 
 
イメージ 2
 
 
アン・バートンさん  バラード&バートンより1曲目 「今宵貴方と」
 
アキュDP80+DC81 ⇒ WE111C ⇒ WE396A中華バッファ ⇒ マッキンC33 ⇒ EL156pp ⇒ BOSTON A40V.
 
 
 
 
確かにハイ上りだけど、素性はなかなか宜しい・・・。(^^♪
 
ま、17cm 2Wayの割には響きがエエかなと。(*^▽^*)
 
もう少し、ユニットをいじってみますか。。。(笑
 
おっと、その前にやるコトが山積み・・・(爆
 
でも、前記事に比べるとやるコトが如何にもセコい。。。(大自爆)
 
 

オーディオ風土記

昨日、仕事帰りにBUNJNさんhttp://monoreva.exblog.jp/20256276/
に滑り込みで、戴きに行って来ました。(*^_^*)

イメージ 1




田中 伊佐資著 オーディオ風土記。

STEREO誌に連載していたものを纏めたもの。

出版社はdisk UNION。(笑

著者のサイン入り。


イメージ 2





中には、お仲間のこの方も載っている。(*^_^*)

ダークサイドの威容。v(^_^v)♪

この規模でありながら、決してこれ見よがしの音でない処が素晴らしいです。


イメージ 3




全体の内容は…面白いです!!\(^o^)/

プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR