庭の薔薇を摘んで・・・。

今日は何やかやと忙しくてテンテコ舞い。。。( ゚Д゚)
 
あ、勿論、仕事ですよ~!!(笑
 
そんな時に、嫁殿から送られて来た一枚。
 
庭の薔薇を摘んで、飾ってみたそうな・・・。
 
イメージ 1
 
 
ふ~~、癒されますな~。(^^♪
 
あ、薔薇の種類は聞かないでネ!!(爆
 
スポンサーサイト



アナログを1曲。。。(以前と聴き比べ)

今日は身内の法事で、朝からお出かけ。
 
夕方には帰って来たんだけど、ここでやれやれとまったり・・・ではなく、本人的には昨日の続きを。。。(笑
 
ここの所、何やかやでアナログを聴いていなかったので、今日はアナログ。
 
低域の具合が、拙宅比結構宜しくなって来たので、久々にTypeⅢ(E)を聴く。
 
実はコレ、ウチでは世間様の評判とは異なり、どうも音が細くてイケません。
 
時々、おっ!という音は出しよるのですが、聴き込んでいくとどうも寂しい。(笑
 
ま、SPU ClassicGEと比べて、ですけどネ。。。(爆
 
 
で、今日は久し振りにコレを。
 
イメージ 1
 
 
ご存知、BLOW UP から Like It Is. (*^-^*)
 
TypeⅢと云うことは、こちらのセットで。
 
イメージ 2
 
Gallard 401 + SME3009impS2 + TypeⅢ(E)鏡面 + マッキンC33フォノイコ。
 
チャンデバの調整は以前のまま。
 
冒頭、ヘンなのが映り込んでいますが、そこはご容赦。。。(笑
 
 
 
 
ワタクシ的には、まあこんなものかなと。。。"(-""-)"
 
ちょっとまだ、調整が必要かと・・・。
 
ちなみに、以前のバージョンはこちら。 ⇒http://youtu.be/Arg4kLdUQ2k
 
 
ま、好みの問題と云うコトで。。。(爆
 
 
 
実はコッチでも聴いてみたんだけど
 
イメージ 3
 
馬力と音圧は良いんだけど、低域が野放図に鳴り過ぎてイケません。。。(笑
 
チャンデバetc調整しなくちゃね~~・(><);;
 
 
でも、ここ一連の小細工で、私の思っている方向に行っているのは確か。
 
しかし、このシステム、私の生きている内に『上り』は見えるんだろうか。。。(爆

Boston Acustic A40V ②

FMエアチェックの編集用に復活させた、Boston Acustic A40V.
 
 
 
片方のツィーターがご臨終だったので、手持ちのテクニクス 5HH17Gを取り付けたものの。。。
 
イメージ 1
 
やはり能率が高過ぎて、うるさいというよりも耳が痛い。。。(爆
 
ここは、ホーン型ではなく、ドーム型でないとアカンのか・・・。
 
 
で、オクで探すこと2週間。
 
ようやく見つけました、安いヤツ・・・。(笑
 
ドーム型ツィーター、680えん。(爆
 
イメージ 2
 
上の二つが今回入手したもの。
 
下はオリジナル。
 
なんでも、KENWOODのシスコン用のSP LS-SA5から取り外したモノ。
 
取り付けネジ穴がないけど、ま、その辺は何とでもなる・・・。(笑
 
イメージ 3
比べてみると、キャンセリングマグネットは小さいが、メインマグネットは同じ大きさ。
 
イメージ 4
 
ドーム振動板もほぼ同じ。
 
これは、エエんでないでしょうか。。。磁性流体は入ってないけど。。。(爆
 
前回は、適当な合板で作ったけど、今回はちょっと気合いを入れて
 
イメージ 5
 
強度を考えて、5mm塩ビ板で作り黒ペンキをスプレーする。
 
 
で、何やかやで取り付けるっ!!(笑
 
イメージ 6
 
ネジ穴が無いので、今回はホットメルトで固定。(^^♪
 
こうなりました。
 
イメージ 7
 
 
で、聴いてみる。
 
アキュDP80+DC81→ LUX SQ38FDⅡ→ Boston Acustic A40V.
 
SPのおみ足は、ブロ友のこばさんに戴いた、たも材のインシュレーターに交換。
 
こばさん、改めまして有難うございました!!m(__)m
 
イメージ 9
 
 
イメージ 8
 
 
まだ、ちょっとキツいけど、エージングを待ちましょう。。。(笑
 
にしても、山下洋輔さんのピアノ、エエですな~!!(^^♪
 
 
 
ところで、前回のメインシステム。
 
低域用アンプのカソード抵抗を無誘導抵抗に替えたんだけど、録音レベルが×で。。。
 
リベンジ一発。
 
同じ、ビリー・エクスタイン&ヘレンメリルさん。
 
 
 
Q2HDでは捉え切れてないけど、暗騒音の出方がまるで異なる。。。(笑
 
まだ5時間ほどしか通電してないけど、ワタクシ的には満足。(^^♪
 
こうなったら、やはりメタルクラッドを試さなきゃね・・・。f(^^;;
 
 
 
身の程知らずにも、禁断のコルトレーンさんを。(爆
 
All Or Nothing At All   SHM-CDサンプル盤から。
 
 
もう少しエージングが必要な様で。。。(爆
 
 
このメインシステムの低域用、EL156ppなんだけど、
 
イメージ 10
 
Fortnum & Masonの紅茶ではありませんよ~!!(笑
 
イメージ 11
 
初段管&ドライバー管のスペア。(爆
 
ちょうど良い大きさだったので、流用・・・。(*^-^*)
 
初段の12AT7/ECC81、今はテレフンケンのECC801S刻印なんだけど、あとMullardとGEが・・・。
 
また来週、試してみますか・・・。
 
おっと、その前にメタルクラッド用に貯金しなきゃね。。。(爆
 
 
 
 
 
 
 
 

有為変転。。。

え~、先週の土曜日に続き、今日も祭日ながら仕事です。f(^^;;
 
 
実はウチの会社、社名が変わりました。
 
良く言えばM&A、平たく言うと吸収合併。(笑
 
およそ12年前のクライシスから今まで、何とか持ちこたえていたんだけど、若い社員達に退職金が払える内にと云う事で昔からお付き合いのあった御会社に営業譲渡で吸収されたもの。
 
ワタクシ的には、出来ることは全てやり切った感があるので、何だかホっとしております。
 
 
この御会社、明るくて凄く良い会社なんだけど、難点がただ一つ、休みが年間17日ほど少ない。。。(爆
 
ま、その分全員、少しだけお給料は上がりましたが・・・。(^^♪
 
 
その代りと云ってはナンですが、昼休みが従来の45分から60分に。(^◇^)
 
こうしてちょこっとブログも書けるようになった次第・・・。
 
 
もう一つは、漸く待望の『ヒラ』に!!\(^o^)/
 
そもそも、定年退職した有期契約社員に現役時代の役職名が残っているコト自体がおかしな話で。。。(爆
 
ま、仕事の内容は変わらないんですけど、気分的に違います。(笑
 
社名変更に伴い、先月から今月にかけて品質上の書類作成や監査(←社名が変わるだけなのにね!!)やらでバタバタしてましたが、漸くひと段落した次第。
 
 
 
閑話休題
 
 
で、久し振りにゆっくり読書でもしようかと昨日買ったのがこれ・・・漸く本題です・・・(笑
 
イメージ 1
 
ご存知、ベイシー店主 菅原正二さんの新刊『聴く鏡 Ⅱ』
 
ベイシーの菅原さんと云えば、コーナーポケットの故鈴木マスターの師匠。

コーナーポケットの音は自他共に認める、ベイシー直系の音だった…。
これで、菅原さんの3部作が全部揃ったことに。(*^o^*)v
 
イメージ 2
 
帯裏には、なかなか含蓄のあるオコトバが・・・。
 
 
第一作 『ジャズ喫茶 ベイシーの選択』 この頃は昭二サンでしたね。
 
イメージ 3
 
・・・同じだったらウス気味が悪い・・・御意っ!!\(^o^)/
 
この世界、『押し付け』が多くてイケません。。。ワタシも気を付けなきゃ。。。(爆
 
 
 
第二、第三作 『聴く鏡&聴く鏡 Ⅱ』
 
イメージ 4
 
『趣味は面倒なものに限る』・・・ホント、オデオはメンド臭い・・・(爆
 
 
「オーディオは己の内面を映し出す『聴く鏡』である」・・・なるほど~、『聴く鏡』はココから来ていたのですね。
 
 
 
非常にキャッチーなフレーズだと思いません??(#^^#)
 
さあ、今日は早じまいして読書、読書!!(爆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

届きモノ② EL156ppプチ改造

昨日、小遣いはたいて届いたブツ。
 
イメージ 1
 
あ、爆竹ではありませんよ~!!(笑
 
アンプビルダーの方ならご存知・・・。
 
イメージ 2
 
DALE(デール)の無誘導抵抗。
 
理論上、インダクタンスが”0”という優れモノ。
 
JBLのネットワークも確か使っていたかな??
 
どこに使うかと云うと・・・ここ・・・(笑
 
イメージ 3
 
またまた引っ張り出して来た、(有 ルーツ・サウンド製 EL156pp。(笑
 
先週、修理している時に、やっぱりココは気になるよね~って・・・。
 
EL156のカソード抵抗。
 
他の部分は結構良い部品を使っているんだけど、なぜかココは10Wのセメント抵抗。
 
ま、確かにこの部分、普通はこのセメント抵抗かホーロー抵抗を使うんだけど・・・。f(^^;;
 
あの、ルーツ・サウンドの社長に、『何で??』って聞く勇気は、さすがのワタクシも持ち合わせておりませぬ。(爆
 
 
 
自作の中域・高域用の300Bシングル無帰還アンプでは、ここに同じDALEの無誘導メタルクラッド抵抗を使っている。
 
じゃあ、何で替えるならメタルクラッドにしないのか?って??(笑
 
このサイズのメタルクラッド4個買ったら、ほぼ1諭吉・・・そこから先は云いますまい・・・(爆
 
 
で、交換する。
 
イメージ 4
 
もう一台のアンプも・・・。
 
イメージ 5
 
と、まあ、サクサクっと逝ったと思うでしょ??
 
背後では、こーゆーコトになっております。。。(爆
 
イメージ 6
 
このラック、ほぼ300kg位あるんですけど。。。キャスターは音質上の問題で付けてないし。。。(大爆
 
で、何でラックを引っ張り出す必要が???
 
 
コイツをセットする為・・・実はこの作業が一番ツラい・・・(><;
 
ラックの裏側です。
 
イメージ 7

この半田ブロック+真鍮玉のインシュレーター、下には2mmの銅版。
 
ミニ・バールを突っ込んで、やっこらせと。。。
 
我ながらアホですな~~(爆
 
で、きちんと元通り・・・今日はさすがにコルセット巻いてたんだけど。。。やっぱり腰イテぇ~~!!
 
イメージ 8
 
 
セメント抵抗やホーロー抵抗から、無誘導抵抗に替えると、300Bシングルでの経験では、音がクリヤーになり、かつ太くなる傾向がある。
 
ただ、エージングには少々時間がかかるのが難点。
 
 
今回も、最初は何かこもった様な音だった。
 
3時間ほど経って、ホンの少しだけど、少しほぐれて来たので、一発。(笑
 
これを。。。
 
イメージ 9
 
このCD、以前にもご紹介したと思うけど、ビリー・エクスタインとヘレン・メリルのデュエット。
 
サックスはベニー・カーター。
 
 
 
いつもと、ちょっとアングルを変えてみました。(笑
 
ありゃ、暗いか。。。(爆
 
 
音的には、以前と比べるとまだまだこなれていないけど、ワタクシ的には気に入った傾向です。
 
ま、一月もすれば、落ち着くのではないかと・・・。(^^♪
 
 
にしても、やはり、容量が10Wではちと不安なので、ここはメタルクラッドかな~~。f(^^;;
 
ま、来年までにお金を貯めませう。。。ビンボは辛い。。。(大爆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

届きもの

今日、帰宅したら届いておりました。

イメージ 1



これが二個口。


中味は。。。

イメージ 2



我が愛飲の『麦とホップ』の景品。(爆

イメージ 3



ビヤグラスとおつまみ入れ。(*^_^*)v


ワタクシ、貧乏性なモンでこーゆーの、大好きなんですよ~!!σ(^_^;)


さて、呑みますか。。。


イメージ 4





おっと、明日は仕事だった…(><”

今夜はホドホドにね!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

低域用EL156pp修理

…と言っても、そんな大袈裟なモンではありませんが。。。σ(^_^;)

左ch用からボソボソノイズが出始めたのが、三週間前の事。

以来、暑いのとメンドくさいのとで、メインシステムは聴いていなかった。σ(^_^;)

多分、初段管廻りだろうと思っていたんだけど、今日、久々に灯を入れたらブオォ~!!って、部屋が揺れるかと云うノイズが…(笑

慌ててスイッチを切ったんだけど、ここまで来たら、もう観るしかありません…(≧∇≦)

やっこらせと、クソ重たいのを引きずりだして、

イメージ 1



初段管廻りを…


CR類は見た目、大丈夫そう…やはり配線関係か…。


各線を、引っ張って行く。



ん???


入力端子のアースを引っ張ったら、ボソって…抜けた!!(@_@)


イメージ 2



配線が単線だったので、金属疲労で折れたみたい…(笑


配線をやりかえる!!


イメージ 3




やっこらせと、元に戻して聴いてみる。


ノイズは…許容範囲…ていうか、前よりマトモに。。。(*^_^*)v


今回は、これだけで直ったと云うお粗末。。。(爆


もっと早くやっときゃ良かった。σ(^_^;)


来週は久々に聴くぞ~~!!v(^_^v)♪

Boston A40V

先週、エッジ交換した Boston Acoustics A40V。
 
イメージ 1
 
 
残念ながら、ツィーターが片方断線していた。(><;
 
あ、残念ながらダブルマグネットではありません、上のマグネットは防磁用です。
 
イメージ 2
 
 
で、考えたのが手持ちのテクニクス 5HH17G。
 
オリジナルネットワークは生きているので・・・。(^_^)v
 
イメージ 3
 
 
と、まあ、ここまでが先週のお話・・・。(^^♪
 
 
 
で、ツィーターを外してみると。。。さすが米国製、見えないところの仕上げは粗い。。。(笑
 
イメージ 4
 
 
ここで、ちょっと考えた。。。
 
 
 
 
 
 
あり合わせの材料で、得意の小細工一発・・・。(笑
 
 
 
 
 
 
途中割愛。。。
 
こうなりました。(爆
 
イメージ 5
 
ところで、このA40V、システムとしての能率は88dB。
 
ということは、17cmウーファーの能率はもっと低い。
 
対して5HH17Gの能率は94dB。
 
オリジナルネットワークにアッテネーターを取り付けても、多分絞り切れない。(><;
 
まあ、エエかで聴いてみる。
 
 
いや~~、耳を疑いましたね~。。。(@@;
 
シャカシャカゆーてる上に、高域がペタ~っと平たい・・・(笑
 
で、まあ、C33のイコライザーをフル動員。
 
セッティングもこうなりました。
 
イメージ 6
 
足元にφ20mmのナット2個+後ろにカーボンインシュ1個。
 
天板に銅板の重しを載せて・・・。
 
 
まだ、少し高域がシャカシャカ云うが、これ以上はマルチにしないと無理。。。そこまでヤル気はありませぬ。(笑
 
 
ま、今日のところはこんな感じです。
 
 
イメージ 7
 
知ってる方もおられるでしょうが、夭逝した武田和命(かずのり) ジェントル・ノヴェンバーよりソウル・トレイン。
 
バックがまた凄くて
山下洋輔(p)
国仲勝男(b)
森山威男(ds)
 
アキュDP80+DC81→ 中華バッファ→ C33→ UTC A20→ SQ38FDⅡメイン部→ Boston A40V
 
 
まだ、ちょっと高域がキツいか・・・。f(^^;
 
 
もう1曲我慢してお付き合いを。((+_+))
 
私の好きなテナーの一人、イリノイ・ジャケー/ゴー・パワーよりイリノイ・ジャケー・フライズ・アゲイン。
(画像容量オーバー!!(><;)
 
イリノイ・ジャケー(ts)
ミルト・バックナー(org)
アラン・ドーソン (ds)
 
アラン・ドーソンのドラムも聴きどころ。(^^♪
 
 
 
うう、やはりキツいか。。。(><;
 
エネルギー感は、このサイズにしてはまあまあかな??
 
もう一息、工夫が必要ですね~~。f(^^;
 
 
・・・・ま、今日のところは、取り敢えず鳴るようになった、と云うコトでご勘弁を・・・(爆
 
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR