戴きモノと作りモノ

一昨日のオフ会で、N本さんより戴きモノが・・・。(*^_^*)
 
自分が持っていても聴かんので、上げるわって戴いたのが、
 
イメージ 1
 
モーツァルトの歌劇 『フィガロの結婚』  DECCAのAce of Diamond 英国盤  3枚組。
 
↓ DECCAの廉価盤とはいえ、判るヒトには値打ちが判ると思います。(笑
 
 
イメージ 4
 
イメージ 2
 
指揮はエーリッヒ・クライバー、カルロス・クライバーのオヤジさんですね。  録音は1955年でステレオ録音。
 
オケはウィーンフィルで、ソリストは50年代の花形歌手たち・・・。
 
平たく言うと、かつての名盤ですね。\(^o^)/
 
N本さん、神戸は元町の高架下で、なんと300えんで見つけたらしい・・・。(@@);
 
ということで、こちらも遠慮なく頂戴した次第。(笑
 
私、オペラは出来れば映像で観たいので、レコードでは殆んど持っていない。
 
フィガロにしても、ビデオでは5~6種類あるが、レコードは持っていなかった。
 
で、早速再生。
 
イメージ 3
 
まずは、序曲。
 
ちょっと録音レベルがオーバー気味ですが・・・(笑
 
 
第一幕の出だしを・・・。
 
 
出てる音はともかく(笑、演奏は素晴らしいです!!
 
これは是非、全曲聴かなければ・・・。\(^o^)/
 
N本さん、貴重なレコードを有難うございました!!m(__)m
 
 
 
 
 
で、作りモノですが・・・。
 
先週届いたキットを組み立て始めるっ!!
 
何のキットかと云うと・・・。
 
今さらですが、コレ。(笑
 
イメージ 5
そう! 10cm用のバックロードキット。 7500えん(爆
 
ウチにある、1961年製 50年物のFE-103Σ用に買ってみました。
 
ホントはこれ、FE103Σ用には一回り小さいんだけど、予算の都合で・・・(笑
 
ま、スロートの絞り率が高いので、何とかなるでしょう・・・かな??(爆
 
 
今日はここまで。
 
来週、ペンキ塗り後にもう一枚の側板を接着する予定。
 
音出しは再来週かな??
 
イメージ 6
 
重しを乗せて、2~3日置いておきましょう。
 
イメージ 7
このでっかいの、うちで一番重い 『本』 です。(笑
 
正体はダヴィンチの絵画集。 スケッチも収録。
 
まさか、重しになるとはね~~(爆
 
 
 
 
 
 
 
  
 
スポンサーサイト



昨日のOFF会

で、昨日のCorner Pocket仲間のOFF会です。
 
ま、平たく云うとOFF会という名の花金呑み会ですけど・・・。(笑
 
参集したのは、いつものメンバー。
 
御大Ka-chan, Jazz師匠の高Bさん、ALTEC遣いのF野さん、パラゴンオーナーのゴンの助さん、そして私。
 
伺った先は、永年の付き合いながら初めて伺うN本さん。
 
N本さんは、Corner Pocketの故鈴木マスター(私より4歳歳上)の中・高・大の同級生。
 
定年前の7~8年前にオデオを再開し、今は何と!管球アンプのガレージメーカーに勤めておられる。
 
云わば、管球アンプのプロ。(#^^#)
 
N本さんは、ご実家に ↓ この様なシステムを置いておられる。
 
 
イメージ 1
Tannoyのウエストミンスター!!
 
ご存じ、フロントロードホーン+バックロードホーンのオールホーンシステム。
 
ウチのバスレフの30cm チェビオットとは大違い。(爆
 
お知り合いから、信じられない様な価格で譲って戴いたらしい。('Д')
 
ま、元のオーナーさんは上位機種のオートグラフを手に入れて、邪魔になったそうな・・・(笑
 
やはり持つべきは、太っ腹のお知り合いですな~~!!(爆
 
 
で、SPからの距離は凡そ1.5mの超ニアフィールドリスニング。 ウチと同じ。('Д')
 
誤魔化しは一切効かない・・・。(爆
 
 
で、駆動系は・・・。
 
イメージ 2
 
初期型のGarrard401+SME3012S2初期型+SPU-GTE。
 
イメージ 3
 
某管球ガレージメーカーのプリアンプ。
 
フォノイコ部は12AT7。
 
これがまた、ストレートで力強い音を出しておりました。(^^♪
 
正直、欲しいと思いましたね~!!(#^^#)
 
 
メインアンプは・・・。
 
イメージ 4
 
自作 STC 12E1ppビーム管接続。
 
このウエストミンスターには、KT66pp、EL34pp、6550ppと試したけど、この12E1ppが最も良かったそう。(^^)/
 
音の飛び方が全く違うとのこと・・・聴いてみて納得・・・。(笑
 
あと、EL156ppも良かったけど、余りにも熱すぎて、今はご自宅で使用中・・・判ります!!(爆
 
その他の自作アンプたち・・・球は・・・忘れた!!(><);
 
イメージ 5
  イメージ 6
 
こちらは双3極管?? 6336PP。
 
イメージ 7
 
これは、聴いて見たかったな~。
 
で、N本さん さすがプロ。
 
こんなものを隠し持っていたりする・・・(笑
 
イメージ 8
 
旧型のオレンジドロップ 600V/0.22μF  50個!!(^^♪
 
 
 
で、肝心の音ですが、ヴァイオリンは当然文句なし!!(#^^#)
 
ただ、このメンバー、あくまでメインはJazz。(爆
 
聴いていると、ka-chanが『良いんだけど、もう少し高域の煌めきが欲しい』と・・・。
 
そりゃ、Ka-chan、パラゴン以外にもALTEC銀箱も聴いてるもんね~~(笑
 
で、N本さんの了解を得て、ROLL OFFとENAGYを調整。
 
結局、こうなりました。
 
イメージ 9
 
で、ka-chanからOKが!!\(^o^)/
 
後は、ひたすら聴くのみ!!
 
いや~、このウエストミンスター、さすがオール・ホーンやっぱりエエです!!!
 
何といっても、604Eより強力と思える、1000Hz以上を受け持つトゥイーターが凄い。
 
管楽器の存在感たるや!!(^◇^)
 
我が375の2インチドライバーには、ちと負けるけどバランスは充分。
 
同軸なので、音場感、前後の定位は抜群。(^_^)v
 
これは、負けます・・・(><);
 
で、ka-chanが一言、『音色はプレーヤーとスピーカーで決まるけど、音質はやっぱりアンプで決まるんやね~』
 
これ、我々自作アンプ派にとっては最大の褒め言葉!!\(^o^)/
 
N本さんもご満悦・・・(笑
 
今度は是非6336ppで聴かせて下さいね~!!\(^o^)/
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オフ会なう

今日は、Coner Pocket仲間のオフ会。

永年の付き合いだけど、初めて伺ったN本邸。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


憧れのタンノイ ウエストミンスター &自作 STC 12E1pp。(*^^*)v

Jazzがよ~鳴ってます!\(^o^)/

詳細はまた明日!!(笑

LEWIS NASH

珍しく、土曜日から3連チャンの投稿・・・。(笑
 
で、その衝撃のLEWIS NASHさん、確か彼の参加しているアルバムが何枚かあったよね~って、ざっと探してみたら何枚かありましたがな~。(^^♪
 
ただ、中にはNASHさんは良いのだけどアルバム全体はね~、というのがちらほら・・・。f(^^;;
 
例えば、あくまで私の好き勝手な意見ですが、ジャッキー・マクリーン/大西順子のHUT TRICKとか・・・(笑
(ファンの方、おられたらスミマセン・・・)
 
 
で、その中から、これはエエんでないかい??というのを2枚ばかり。(#^^#)
 
まずはこれ。
 
イメージ 1
 
ジョー・ヘンダーソンに鍛えられたカナダのピアニスト、リニー・ロスネス/黒水仙
 
リニーさん、もう少し若ければ、たもchan好みかっ?・・・いや、ちょっとキツそうかっ??(爆
 
ただ、腕は確かですネ。(*^_^*)
 
イメージ 2
 
リニー・ロスネス(p) ピーター・ワシントン(b) ルイス・ナッシュ(ds)
現役の一流どころ・・・ですね!!
 
5曲目の『Recorda Me』
 
再生はCDなので、Marantz DR700+アキュDC81+中華バッファ(WE398A)+UTC A20+C33。
 
イメージ 3
 
 
 
私的には、この端正な熱さが好きですネ!!
 
NASHさんが、またエエです!!\(^o^)/
 
 
もう一枚は、このお方。
 
イメージ 4
 
現役最年長のサックスプレーヤー、尾田 悟さん。
 
1927年生まれ、海軍軍楽隊出身!! 今年で87歳!!!
 
モントルー・ジャズフェスにも何度も参加している。
 
そこで、盟友となったのが・・・ハンク・ジョーンズさん。
 
で、このグレート・ジャズ・クインテット。
 
従って、このメンバーは企画モノでカネで集めたメンバーではありません・・・。(笑
 
イメージ 5
このアルバムは1994年録音なので、この時は67歳。
ちなみにハンクさんは1918年生まれなので、この時76歳。(^^♪
スライド・ハンプトンさんは、1932年生まれとこのグループでは若手で、この時62歳。(笑
 
ちなみに、このアルバムは2010年に紙ジャケ仕様で再発されています。
 
では、5曲目の『Scrapple From The Apple』
 
 
う~~、正にメインストリーム、王道Jazzですね~!!(*^。^*)
 
もう1曲。 『Just Friend』
 
 
尾田さんの融通無碍、ハンクさんの端正、ハンプトンさんの流麗、そしてそれを支えるリズム隊・・・。(^^♪
 
やはりワタクシ、Jazzはメインストリームがホッとしますね~~!!
 
 
あと、ウチにはオデオチェック用も兼ねて、こんなのもあったりする・・・。(笑
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
これ、写真で判る方もおられるだろうけど、サックス用のマイクがノイマンでは無く、ウエスタン639Bというのが泣かせる・・・。
 
内容は、また今度・・・。(爆
 

業務連絡

たもchanさん、びーわんさん、このレコードをお持ちのizumiktaさんへ・・・。(^^♪
 
え~、昨日の続きです。(笑
 
シェフィールド・ラボのこのドラム・ソロレコード。
 
A面B面、各1曲づつ。
 
イメージ 1
 
 
再生系統は昨日と同じ。
 
実は、この組み合わせ、拙宅ではクラシック用。(笑
 
で、ちょっと小細工して再生。(^^♪
 
イメージ 2
 
 
では、A面を。
 
あ、最後の咳払いはワタクシではありませんゾ!
入っている音です・・・これもチェック用か??(爆
 
 
再生は別として(笑  録音はオデオ的には完璧。(^^♪
 
 
再生は、ま、こんなもんでどうでっしゃろ??(#^^#)
 
 
 
 
 

ドラム!!

先日のあの衝撃のライブ以来、本来ベースフェチのワタクシがドラムが気になって仕方がない・・・。(笑
 
で、今日はドラムスをアナログで・・・。f(^^;;
 
有名なのは一杯あるけど、今日はちょっと変わったのを・・・。(笑
 
いきなりですが、禁じ手の45RPMレコード。(爆
 
豪華、第一線のドラマー4人の競演。
 
イメージ 1
 
ルイ・ベルソン、シェリー・マン、ウィリー・ボボ、ポール・ハンフリー。
 
A-2 ラ・バンド・グランデ                         聴きどころはコチラ。↓
 
イメージ 2
イメージ 3
 
再生は、TD124Ⅱ+SME3012S2+SPUクラシックGE+パートリッジ TH7834Ⅲ+マッキンC33
 
イメージ 4
 
シングル・ウーファーではチト苦しいけど、そこはドン亀LE15Aに免じて・・・(笑
 
 
で、こーゆーキワモノ(←かつて、自称Jazzファンから云われた(笑)の後は、ちょっとまともなのを・・・(爆
 
4人のうちの一人、シェリー・マンさん。
 
シェリー・マンと云えば、ウチではこれなんだけど
 
イメージ 5
 
 
今日は趣向を変えて、これ・・・。
 
イメージ 6
  イメージ 7
 
一応、米盤。(^^♪
 
何といっても、穐吉敏子サンの旦那、ルー・タバキンさんが良い!!
 
しっとりと Ain't Misbehavin'
 
 
 
で、最後はやはりドラム・ソロ。
 
かつて、チョークトランスをお貸ししたお礼にと(有)ルーツ・サウンドの社長から戴いた。
 
後期の米盤かな??  良く判りませんが、とにかく米盤。(笑
 
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 11
 
アルバムタイトルのDRUMS UNLIMITED.
 
ご承知の様に、ATLANTICレーベルは録音が余り宜しくないのはご愛嬌。
演奏はエエです!!(^^♪
 
 
 
う~~、聴いたぞ~~!!(#^.^#)
 
あ、これ忘れとった!!(><);
 
イメージ 10
 
また、今度ね!!(爆
 

庭の花

え~、ネタ切れにつき庭の花…といっても、盛りは過ぎてますが…σ(^_^;)


白紫陽花 八重の柏葉アジサイ

 
イメージ 1



ピンク紫陽花  ミセス・クミコ

 
イメージ 2

 

斑(ふ)入り額紫陽花

斑入りと云うのは、葉の模様。
ビョーキではありませんぞ!!(笑
イメージ 3


 


今年は手入れが出来ていないので、薔薇が絶不調…σ(^_^;)
ので、一つだけ。。。

フレンチローズ/ディバールのナエマ

イメージ 4



そしてっ、狭い庭を走り廻る 鈴奈(れな)さん…。(*^^*)v
 
イメージ 5


ううう…、草刈りしなきゃね…(爆



で、嫁殿が買った今日の一枚(笑
エラ~ベイシー。(*^_^*)
イメージ 6


ベースは元旦那のレイ・ブラウン
↑コレ、間違い! ベースはKeter Bettsで、RayBrownは同姓同名?のトランペッターでした。(><);
イメージ 7
 
ついでに、エラさん、これでグラミー賞を取っていて、DVDも出ている・・・らしい・・・(笑

やっぱり、こういう王道メンバーは落ち着いて聴けますね~!!\(^o^)/

BEATLES!

前記事で、ブロ友のこばさん から、我々世代の原点、BEATLESをアップしてみて欲しいと・・・。(^^♪
 
で、無謀にもアップしてみました~!!(笑
 
何故、無謀かというと。。。
 
① 余りにも有名過ぎて誤魔化しが効かない。
   OFF会でも、ツワモノが来られた時は、その方が普段聴かれない曲を掛けるのは鉄則。(笑
   ワケの判らん曲を掛けて誤魔化すっ!!(爆
 
② 有名過ぎて、youtubeさんからお叱りが・・・。(笑
 
 
でも、ま、アップしてみますね~。
 
聴けなかったらご容赦を・・・。(爆
 
本当なら、アナログの方が良いのだけど、見つからんのでCDで。
 
5年ほど前に出た、ボックスのコピーより。
(奇特な方がおられて、貰いモン!!)
 
まずはこれを。
 
イメージ 1
 
アキュのDP80+DC81 光接続、中域の出力管はSTC4300Bのままで。
 
ALL MY LOVING  ちょっと録音レベルが低いですけど・・・。f(^^;;
 
 
2曲目はこれから。
 
イメージ 2
 
 
A HARD DAY'S NIGHT
 
 
 
ま、今のウチの実力ではこんなモンですかね~~(爆
 
 

北川 潔 & Lewis Nash

6/3(火) at Mister Kelliy's
 
Coener Pocketのラストライブ以来、一年半振りの北川さんの生音・・・。
 
C.Pグループからお誘いがあったので、これ幸いとご一緒に。
 
イメージ 1
 
Lewis Nash ・・・ (D)
北川  潔  ・・・ (B)
加納 新吾  ・・・ (P)
武藤 浩司  ・・・ (As)
 
関西を中心として活躍する若手二人と、本場アメリカでもトップクラスの二人。
 
これは、平日とは云え(ワタクシ、平日のライブはまず行きません、翌朝が早いので)、のんびり仕事などしているバヤイではありません!!(笑
 
がっ、当日、早々に仕事を切り上げ・・・のハズが、まさかの得意先の急襲!!(@@;
そんなん営業から聞いてないし!!・・・昔懐かし、マーフィーの法則か??(爆
 
でも、そんなコトで折角のライブを諦めるワタクシではありません。(笑
 
でぇぇ~っと、話を付けて、『この後、以前からの予定で行く得意先がありますので、後は営業と・・・』
と誤魔化し、とっととズラかるっ!!(爆
 
 
 
で、Mr.Kelly’sに着いたのは、滑り込み開演15分前。(^^♪
 
このお店、実はワタクシ初めて。 っていうかここ数年はC.PかJITでのライブしか行った事がない・・・。
 
ハコとしては、JITの1.5倍くらいかな?
 
当然、満員。(^o^)v
 
 
で、私の席は・・・。
 
イメージ 2
 
一番前、しかもベースとドラムスの真ん中。(*^。^*)
 
やはり、日頃の行いが・・・。(爆
 
 
 
で、始まったライブ。
 
のっけから圧倒された。
 
北川さんはもちろん、Lewis Nashさんのドラム。
 
弾んで、キレがあって、しかも重たい。(弾んで、キレがあって、軽いおヒトは結構いますが・・・)
 
そして、至近距離(約1.5m)でも全然煩くない。(#^^#)
 
北川さんのベースに、とても良く合う。
 
このお二人、奇しくも同じ1958年生まれ。
 
この二人が、若いの二人を煽る、あおる・・・。(笑
 
聴いてる皆さん、いきなりテンション・マックス!!(爆
 
あっという間の、ファースト・セット終了。
 
 
一時間の休憩を挟んで、セカンド・セット。
 
 
驚いたのは、途中、Lewis Nashさんが突然スキャットを唄い出した・・・。
 
そして、北川ベースとNashスキャットのデュオ。
 
これがまたノリノリで、最高でした。(^o^)v
 
 
 
我々位のトシになると、ライブ擦れして来て、まあ良くても『楽しかったね~』とか『頑張ってたね~』止まりで、
『凄かったね~』というライブには、なかなか出会わない。
 
この日のライブは、ホント『凄かったね~!!』でした!!!\(^o^)/
 
 
 
 
 
ライブ終了後、何やら話し込む両巨頭・・・。 あ、頭がデカいという意味ではありませんゾ!!(爆
 
イメージ 3
また、やろうね、とでも言っているかのよう・・・。(^o^)v
 
 
 
最後に、北川さん、Lewis  Nashさんと集合写真。
 
Member's of Coener Pocket・・・。
 
イメージ 4
 


エエ ライブの後は、皆さんエエ顔してますね~!!(*^^*)

ワタクシは後列左端におります・・・。
 
前列左から二人目が、お馴染みKa-chanです。(^o^)v
 
ちなみに、私の右下に居るのが、拙ブログにしばしば登場する、ALTEC遣いのF野さん、その左下が、JBL遣いでJazz師匠の高Bさん。
Nashさんの右二人目が、何とタンノイ ウエストミンスターでJazzも聴くN本さん。(私はまだ行けてませんが)
 
 
 
帰りにみんなで一致したコト・・・『今日の凄い音は、家では出んな~』・・・ってソコかいっ!!(爆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

仕切り直しっ!!

i-phoneのYahooアプリにハネられたので、パソから仕切り直しです。
 
~業務連絡~ Zジジィさんへ・・・。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
やはり、WEのトーキー用アンプですね。
 
 
 
イメージ 3
 
どう考えても、A-116の勝ちっ!!(爆
 

プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR