100.000HIT御礼プレゼント・・・

先日公表させて戴いた、100.000HIT御礼プレゼントが漸く出来上がりました。
 
ホント、しょ~むないモンで申し訳ないのですが。。。(笑
 
 
まずは、これを2名様に。
 
イメージ 1
 
出来上がって、水洗いしたとこなので・・・(爆
 
 
何に使うかと云うと。。。
 
イメージ 7
ウチではお馴染み、レコードスタビライザー。
 
素材は、電極用のウェット・カーボン。
 
φ72mm、高さ 20mm 重量 134gです。
 
センター穴はφ8mm。
 
ちょっとスピンドルより大き目にしてあります。
 
 
 
 
 
 
少し音を締めたいな、と云う時に有効。 私はJazzでは常時使っています。
 
ホンの少し、音の頭が丸くなる傾向はありますね。
 
これは、重量で抑え込むというより、カーボンの微粒子で振動を吸収しようというモノ。
 
 
ただ、自作なので注意点が2、3ありまして。。。
 
①このカーボンは電気を通すので、あくまで自己責任でお使い下さい。
  コンセントの側等に置いて、万一の漏電・感電等が起こらない様、充分にご注意下さい。
 
②製作の工程上、側面にバリがあります。
 
イメージ 2
これは、シポラツールという回転錐で切削するのですが、
刃の長さが素材の厚みより短いために、両面から切削するので出来たバリです。
 
このバリが剥落して、レコードや針を傷つけない様ご注意下さい。
 
ヤスリ等で削るか、テープを巻くと宜しいかと。。。
 
私はそのまま、指掛けとして使っておりますが。(笑
 
 
③久々に作ったので、このバリの位置が2個でそれぞれ違いますが、そこはご容赦下さい。
 
 
 
で、同じようなモノですが、こちらを1名様に。
 
イメージ 3
 
同じく、カーボン製のインシュレーター 6個組。
 
こちらは、φ45mm 厚さ 20mm 重量 53g。
 
小型SP等、3点支持でも使えるよう、6個組としました。
 
アナログプレーヤーやCDプレーヤー、アンプにも、勿論使えます。
 
こちらも、音を締めたい、或はキツさを柔らげたい時に有効です。
 
 
なお、こちらも注意点はスタビライザーと同じですが、加えてカーボン上に置いた物は滑りやすいので
ご注意下さい。
 
 
拙宅では、この様な使い方をしております。
 
イメージ 4
ちょっと形が違うのは、昔作ったものなので。。。
 
この治具が壊れたのでシポラツールを使っています。
 
 
実際にはこの下にゴムを敷いてあります。
 
 
上に真鍮玉等を乗せても面白いですね。
 
 
 
 
 
 
では、プレゼントの方法を・・・。
 
先達の皆さんと同じ方法で、やらせて戴きます。
 
 
拙宅のLE15Aをブチ抜いてくれた、DVDプレーヤー。
 
イメージ 5
 
 
このDVDプレーヤーのシリアルNoの下2桁は?ということで・・・。(^o^)v
 
イメージ 6
 
スタビライザー: 2名様   インシュレーター: 1名様とさせて戴きます。
 
 
ご希望の方は
 
① スタビライザーかインシュレーターかを明記の上、コメント欄までお願い致します。
 
② もちろん、両方にエントリーされても結構です。
 
③ 正解はドンピシャ以外は、+目でも-目でも近い方とさせて戴きます。
 
④ なお、送料は着払いご負担願います。
 
⑤ 締め切りは、3/2(日)24:00とさせて戴きます。
 
⑥ お申込みの方が3名以下の場合は、こちらの方で勝手に送り付けさせて戴きます。(爆
 
 
では、宜しくお願い申し上げます。m(__)m
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
スポンサーサイト



D130~030システム~

最後のクラプトンさんの音が入っておりませんでした。
 
また、やっても~た!!(><);
 
 
 
 
 
先週セットしたものの、当然エージングも何も出来ていない、D130+075+N2400の030システム。
 
まずは何十年も使われていない、ネットワークのエージングを・・・。
 
火曜の夜からこんな感じでエージング。
 
イメージ 1
 
DVDレコーダーのチューナー出力を、おまけデジアンを介して一晩中・・・。(笑
 
このアンプ、こーゆー時に非常に重宝する。(^o^)v
 
 
これを夜間のみだが、土曜の朝まで、アバウト50時間。
 
 
で、聴いてみた。 駆動アンプはEL156pp。
 
 
お~~、先週よりは随分とコナれて来ましたがな~。(*^_^*)v
 
 
『Jazz』というイメージ通りの音が出て来よります。
 
 
この音が50年以上前の1956年には完成されていたなんて・・・。(@@);
 
 
が!! 良い事は長続きしないもので・・・(笑
 
 
ご機嫌で聴いていたら、突然、左chの075が・・・お黙りになった・・・(爆
 
 
いろいろ調べてみると、何と左chのネットワークの高域が出ていない。。。(><);
 
多分、配線切れか、コンデンサーがご臨終に・・・。
 
折角、Q2HDで録ろうと思ってたのに・・・(泣
 
 
でも、気を取り直して、生きてる方の右chでMonoを・・・。
 
イメージ 2
 
まずは
 
イメージ 3
イメージ 4
 
A面3曲目の『CANDY』  EMT OFD25で
 
イメージ 5
 
 
 
続いては、 『Ballads』  1曲目の『Say It』
 
ちょっとジリパチうるさいですが、戴きモノのオリジナルMono。
 
イメージ 6
 
ワタクシ的には、結構宜しいかと・・・ちょっとうるさいけど・・・(笑
 
 
土曜日は、この後大阪で、学生時代の仲間達と同窓会があったので、ココで時間切れ。
 
 
 
 
で、今日はどうしたんだって??
 
ネットワークの修理か??
 
 
いえいえ、そんなめんどくさい事は、時間が出来た時にゆっくりやりませう・・・。(笑
 
こうなったら、アレですがなアレ。(^0^)v
 
 
 
引っ張り出してきたのが、
 
イメージ 7
 
御存じ、Pioneerのチャンデバ、D23!!(爆
 
欠点の細い電源コードは以前、べルデンのぶっといヤツに交換済み。
 
これを一晩中通電しておいた。(^o^)v
 
 
 
で、若干二日酔い気味の今日(笑、  2Wayマルチで聴いてみるっ!!
 
低域はEL156pp、高域はWE300B(復刻)シングル。
 
 
・・・ということは、自動的に075も16Ωの方に・・・。(笑
 
8Ωに配線し直すのがめんどくさいので。(爆
 
イメージ 8
 
色々と聴いてみて、結局クロスは3.2kHz/12dB/oct 正相接続とする。
 
あ、高域用のSPコードはこれまた自動的にべルデンからWE16GAに。(笑
 
 
まあ、色々やって、この2日間で、こんな感じになりました。
 
先週と同じコレを・・・。
 
イメージ 9
 
 
だいぶ、リードの震えが出て来た・・・かな??(笑
 
 
 
いつもJazzかクラシックばかりでは申し訳ないので、タマにはこんなのから、『Wonderful Tonight』
 
あ、コレはCDです・・・って見りゃ判るか・・・。(爆
 
イメージ 10
 
 
 
クラプトンさん やっぱ色気がありますな~~(爆
 
 
しかし、この030システム、色々と考えさせられるものがありましたね。<(_ _)>
 
 
こうなると、つくづく惜しまれるのは、おね~ちゃんに貢ぐ為に手放した、LE175DLH。(笑
 
ま、煩悩のなせるワザ、しゃーないですわな。。。(爆(爆
 
 
 
来週はいよいよ、375+HL88を加えてどうなるか。。。
 
JBLのシステム・コンポーネント・チャートを見ると、D130ではないけれど、
 
130H+375+HL88+075+LX50A+N7000で、S25-1(1979)というシステムになるらしい。
 
 
乞う、ご期待!!\(^o^)/
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

100.000HIT御礼!!

今朝、起きて見たら、何と100.000HITを越えておりました。(@@);
 
 
思えば、2010年12月にブログを開設して以来、いつまで続くかな~という感じでしたが、皆様のお陰を持ちまして今日まで3年3ヶ月間、続ける事が出来ました。
 
 
これもひとえに、ブログを通じてブロ友となられた方々の後押しのお陰と感謝致しております。
 
 
このような拙いブログですが、今後とも宜しくお願い申し上げます!!m(__)m
 
 
 
 
 
 
とまあ、オフィシャルはそういうことで・・・。(笑
 
こう書くと、『100.000HIT記念プレゼントは無いんかい!!』とあちこちの方から突っ込まれそうなので・・・。(爆
 
 
只今、ちょっとしたアクセサリーを考えております。(但しホントにセコいものですヨ)
 
製作する時間が取れ次第、またアップさせて戴きますので暫くの御猶予を・・・。
 
どなたも興味を示さなかったら、どうしよ??(><);
 
 
 
最後に、本当に有難うございました!!
 
 
 
 
 

D130!

で、日曜日です。
 
朝も早よからゴソゴソと・・・
 
イメージ 1
 
夜逃げの準備ではありませんぞ!!(笑
 
私の部屋のレコード棚の後ろにある、押入れをやっこらさと開けて・・・。
 
イメージ 2
 
棚の上にあるコレを引っ張り出す。
 
イメージ 3
 
 
そう!! JBL D130!!(#^.^#)
 
 
シリアルNoは、91240 と 91336
インピーダンスは8Ω
 
イメージ 4
イメージ 5
 
じつはこれ12年ほど前に、LE15Aの余りの鈍足さに嫌気がさして(有 ルーツ・サウンドで購入したもの。
 
その後、SPターミナルはプログレードの太い方に替えてある。
 
まあ、私の腕が足らんかっただけなんですけどね。(笑
 
 
で、エッジが飛んで御臨終になったLE15Aから換装する。 ↓
 
イメージ 6
 
でもって、ただ換装しただけでは面白くないので、こんなのも引っ張り出す。(^O^)v
 
 
ウチの唯一のネットワーク。 但し貰いモン。(笑
 
イメージ 7
 
そう! 2500HzクロスのN2400。(^o^)v
 
これに075を組み合わせると・・・030システムでんがな!!(*^_^*)
 
良い機会なので、一度原点に戻ってみませう・・・・。
 
転んでもただ起きないのが、ジジィの良いところ・・・。(爆
 
これは8Ω仕様なので、遊んでいる8Ωの075を使う。         ↓↓
 
左にチラっと見えるのは16Ωの075。
 
イメージ 8
 
 
駆動アンプは、ウチでは一番力のあるEL156pp Mono。
 
イメージ 9
中・高域用の300Bシングルでも良かったんだけど、2台とも16Ω用に配線替えをしているので、チトめんどくさい。(笑
 
SPコードはD130はWE16GA,、075はTANNOYから外したベルデン。
 
これも、16GAを中・高域用から外すのがめんどくさいので。(爆
 
 
で、ウーファーボックスの穴を調整・・・。
 
以前にも書きましたが結果、やはりこうなりました。
 
イメージ 10
 
残骸の流用ではありませんよ! ウーファーボックスです、ボ・ッ・ク・ス!!(爆
 
LE15Aと苦闘25年、無残なお姿に・・・これでもアピトン24mm/200Lのれっきとしたボックスだったんスから・・・(><);
 
赤いのは穴塞ぎ用のゴム栓です・・・。(笑
 
 
全体のお姿はこんな感じ。
 
イメージ 11
まあ、ゴテゴテと・・・。(><);
 
で、2時間程CDをリピートしておいてから、聴いてみました。
 
まだまだネットワークのコンデンサーと、D130のエッジが目覚めてなくて、ちょっとベールの掛かった様な・・・。
 
音もイマイチ伸びきっておりませんが、こんな感じです。
 
Garrard401+SME3009S2S2imp+ShureTypeⅢ(E)+ShureM64+WE396A中華バッファ+UTC A20 ⇒ マッキンC33AUX ⇒EL156pp 。
 
まずは、コレの2曲目
 
イメージ 12
 
 
次は御馴染みのコレ。
 
イメージ 13
 
 
うう、やっぱり伸びが足らん・・・というか、リードの震える音が殆ど聴こえない・・・(><);
 
やはり、エージングも足らんようですね。
 
まあ、いきなりエエ音出されたのでは、こちらも立つ瀬がナイ・・・。(爆
 
ちなみに、拙宅OFF会でKa-chanにリードの震えの『ウラ』の音が出とらん!と云われたのがコチラ。(笑
 
 
こちらも、もうちょっと頑張りましょう。(爆(爆
 
気を取り直して、以前御紹介したJazzハーモニカのトゥーツ・シールマンス。
 
コチラのお方です。
 
イメージ 14
 
ジャケット左端の方ですね。
 
パブロのモントルー75 Perterson6 より Here’s That Rainy Day
 
ミルト・ジャクソンのソロが終わった3分少々からソロが始まります。
 
あ、こちらは030システムの方です。
 
 
ね、シールマンスさん、結構エエでしょ??(爆
 
 
で、結論。
 
ワタクシ、まだまだ修行が足りませんね~。
 
他所で聴かせて戴いた030システムはこんなものではありませんでした。
 
もうちょっと、この原点システムで頑張ってみますね!!(笑
 
 
しかし、ここから再スタートしても、ペッパーさんのリードの震えの『ウラ』の音、出るんやろか?・・・Corner Pocketではしっかり出てたけど・・・。(><);(爆
 
 
 
【業務連絡】 
おやじsp.さん これで、『D130友の会』 期間限定会員に入れて戴けます?
 
やっぱり、もうちょっとこなれたエエ音出さんとアカンですかね??(爆
 
保留!!って云われるかも~~(爆(爆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゴンの助さん邸OFF会

昨夜投稿してたのですが、なんと『非公開』になっておりました・・・またやっても~た。(><);
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
土曜日は9ヶ月ぶりにゴンの助さん邸でOFF会。
 
ゴンの助さん、昨年EMT930とマッキンを修理に出されて、『いつ聴かせてくれる?』『いや、もう少し調整が・・・』
 
というやり取りが何回かあったんだけど、CPの新年会の時に、『四の五の言うとらんと、え~かげんに聴かせんかい!!』って、強制的に昨日になったもの。(笑
 
 
今回は御大Ka-chanは所用があって参加出来ず、いつものF野さん、高Bさん、そして私の3名が参加。
 
ゴンの助さん、金曜日は半休をとって、調整にいそしんでおられた・・・らしい。(@@);
 
 
ゴンの助さんといえば、これ。
 
イメージ 1
 
専用の防音室にでーん!!と収まるParagon。
 
 
駆動系は・・・。
 
イメージ 2
 
アンプ系はチャンデバのF25以外はオールマッキン。
 
プリ ⇒C42  低域用 ⇒MC352(新規導入) 中域用 ⇒MC2300 高域用 ⇒MC2125(だったと思う)
 
う~、MC352 羨ましい!!(><);
 
 
あれ?EMT930は??
 
聞けば、TSD15が御臨終になったので買い替えるよりは、と処分してRINNのLP12を導入したとのこと。(@@)
 
F野さん、高Bさん、『え~~!!処分したん??』
 
『入れ替えるなら、フワフワのLP12よりTD124かガラードやろ~!!』とワタクシ。
 
ま、外野は勝手なモンですな・・・。(爆
 
で、そのLP12。
 
御多分にもれず・・・。
 
イメージ 3
 
『ベイシー』仕様・・・。(爆
 
あ、ベイシーはキャビネットなしだけどね。(笑
 
 
 
で、出て来る音は・・・。
 
はっきり言って『異様な』音だった。(ゴンの助さん、スマン!!)
 
低・中・高域とも、張り出し過ぎ、特に中域が異常にキツい。
 
正月に行ったF野さんの所の最初の音も凄かったが、こちらも同じ傾向。
 
正に『ピアノがエレピに聴こえる』音、かつての私もそうだった。(><);
 
 
とにかく、音を力任せに前へ前へと飛ばすばかりで、引く音が無い・・・。
 
第一、一般家庭で聴くのに、ここまでのアンプ群が必要か?・・・とこれは持てナイ者の僻みですが・・・。(爆
 
 
で、三人相談の上ゴンの助さんに『触っても良い??』『お願いします』とのことで、チャンデバのプチ調整。
 
 
ところが、どうにもこうにも小手先の調整では、375のうるささが取れない・・・。(^^;;
 
あーでもない、こーでもないと鳩首会議。(爆
 
イメージ 5
 
そりゃ~、能率108dBの375にMC2300をゲインMAXであてがってりゃ、余程の腕が無い限りチト苦しい。
 
MC2300のゲインを絞っても、多少はマシになるが50歩100歩・・・。
 
コレ以上はワタクシの腕ではもう無理。(笑
 
 
『確かアレあったでしょ、あれ。 まだ処分してない?? じゃアレ出して来て』って無理言って出して来て貰ったのが、コレ。(笑
 
イメージ 4
 
ローゼンクランツ製 VV30Bシングルアンプ。  デュアルモノラルコンストラクション。
 
VV30Bというタマは300Bの強力版、らしい。(笑
 
最初はボケていたけどこれのお陰で、何とか聴ける様になった・・・というか入口に立ったかな??(笑
 
全体の音のキレはウチより宜しいかと・・・。(泣
 
CPのマスターが調整したなら、もっと凄いコトになるんだろうけど。
 
その位のポテンシャルを秘めたシステムだと思いますね~。(^O^)v
 
 
 
では、御意見拝聴・・・というよりワタクシ達の腕ではコレ位が限度。(爆
 
 
興味のある方はどうぞ。f(^^;;
 
所々話声が入るのは御愛嬌・・・(^o^)
 
 
まずはコレから・・・。
 
LP12+SME3009S2imp+Shure TypeⅢ(E) ⇒ マッキンC42.
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お次はコルトレーン。
 
イメージ 7
 
レッド・ガーランドのコロコロと弾むピアノが好きなんですよね~。(^O^)v
 
 
CDでボーカルなどを・・・。
 
CDPはEMT981。 
 
以前繋がっていた外付けのCLOCK及びMARANTZのCD用トランスDLT-1は外されていました。
 
あ、どいの父ちゃんさん、これもイケますよ~~(笑
 
イメージ 8
 
 
 
アン・バートン 『バラード&バートン』より『宵のひととき』
 
イメージ 9
 
 
ご存知、ジュリー・ロンドン 『アラウウンド・ミッドナイト』より『ミスティ』
 
イメージ 10
 
 
 
まあ、こんなところで・・・。(笑
 
時折、低域が膨らむのは後ろの壁の共振で、PARAGONのせいではありません。
 
 
ゴンの助さん、色々と有難うございました。
 
拙宅にも、LE15Aが治ったらまたお越し下さいね~。
 
ちょっと時間掛かるけど・・・。(爆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

OFF会なう

OFF会 at ゴンの助さん邸…。

イメージ 1


今年五回目のOFF会。(笑

大概にしないとね~。σ(^_^;)


イメージ 2



EMT930が無い?(≧∇≦)

イメージ 3



さて、調整しますか…。(爆

たまには100えんレコード以外のソフトを・・・。

え~、ワタクシここのところずっと、ソフトは西宮H/O、はたまた日本橋は恵美須町での100えんレコード漁り。
 
タマには、もう少し高いソフトを・・・。(笑
 
先月から今月にかけて、ちょっとエエのを何枚かゲットしたので御紹介。(^o^)v
 
 
まずはこれ。
 
イメージ 1
 
ビル・エバンス・トリオ + トゥーツ・シールマンスの”AFFINITY” (国内アナログ盤)  710えん+送料
 
ビル・エヴァンス(p) トゥーツ・シールマンス(hca)
 マーク・ジョンソン(b) エリオット・ジグムンド(ds)
 ラリー・シュナイダー(ss,ts,fl)
 1978年10月30日~11月2日
 ニューヨーク、コロムビア・スタジオで録音
 
私、ジャズハーモニカのトゥーツ・シールマンスが好きで、色々集めたけどこれは何故か縁が無かった。
 
以前、ケンプリン会長邸で聴かせて戴いて、これは!と思ったものだが、見つかるのはCDばかりだったので。
 
結構、毀誉褒貶のあるアルバムですが、トゥーツさんのほのぼのとした演奏が宜しいですね。
 
 
次は
 
イメージ 3
 
前記事にあった、アルゲリッチ/アバド/ロンドン交響楽団  ショパン ピアノ協奏曲第一番。 400えん+送料。
 
アバドさんといえばコレがオデオマニアには御馴染み・・・かな?
 
イメージ 4
ベルリオーズ 幻想交響曲
 
オデオ雑誌の機器試聴でよく見掛けましたよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このレコードはピアノがアルゲリッチということでゲット。
 
前にも書いたが、アバドらしい溌剌とした演奏。
ただ、ピアノに比べてオケが若干くすんで聴こえるのが残念。
ウチの装置の所為かも知れませんが・・・(笑
 
 
続いては
 
イメージ 2
 
カール・べーム/ベルリン・フィル  モーツァルトNo40・41+ブラ1    320えん+送料
 
だんだん100えんに近づいとるやないかい!!という突っ込みはナシで・・・(爆
 
このレコードの目的は、ブラームスの交響曲第一番(1961年録音)
 
前記事に登場したサックス・プレイヤーの 武井 努さんが初めて拙宅にこられた時、『少し軽やかに聴けるブラ1はありませんか?』と言われたんだけど、残念ながらその時見つけられたのは、荘重なアーベントロート盤。(笑
 
で、今回お聴かせしようと入手したもの。
 
この時代のグラモフォンにしては、結構鮮烈に録れていて正解でした。
上記のピアノ協奏曲と違って、オケのみは良いね~と。(笑
演奏は、さすが60年代のべームさん、良かったですよ~。\(^o^)/
 
 
最後はCDながら真打ち・・・。
 
イメージ 5
 
カール・シューリヒト 5枚組CD ブラームス集   2800えん+送料
 
Monoながら、私がハマっているカール・シューリヒトが色々なオケを振った名演集。
 
ブラームス 交響曲第一番~第四番
        ドイツ・レクイエム
        ダブル・コンチェルト
        ピアノ協奏曲第二番
        バイオリン協奏曲
        運命の歌/哀悼の歌
 
まだまだ聴けてないけど、飛ばし聴きでは私にとって、もう最高!!です。
 
 
さあ!メインスピーカー、聴けるようにしないとね・・・。(爆
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

拙宅OFF会~真打ち来宅!!

一昨日降り積もった雪がまだ残る昨日、拙宅でOFF会を開催。
 
来られたのは、Coener PocketのKa-chanと、主に関西で活躍するプロのサックスプレーヤー 武井 努さん
 
 
そう!! Jazzに関しては真打ちの登場・・・。(^^;;
 
 
お二人で来られたのは、昨年4月以来ちょうど10ヶ月ぶり。
 
ま、Ka-chan宅では結構お会いしてたんだけどね。(笑
 
 
やぁやぁ、お久し振り!!、から始まってしばし歓談。
 
 
武井さん、実はクラシックにも造詣が深くって、『そう云えば、先日アバドが亡くなりましたね~』
 
 
『アバド? あるよ、聴く??』
 
 
で、聴いて戴いたのがこれ。
TD124Ⅱ+SPU GEのセットで。
 
イメージ 1
 
アルゲリッチ/アバド ショパン ピアノ協奏曲第1番。
 
アバドさん、若い!!  我々にとって、アバドさんのイメージはこの雰囲気・・・新進気鋭・・・といっても80歳?で亡くなったのですが。
 
ひとしきり、アバドさんの話題で盛り上がる。
 
 
アルゲリッチさんでこの曲と云えば、前夫のデュトワが振った盤が超有名なんだけど、このアバド盤も
アバドらしい溌剌さで結構聴かせてくれる。
 
 
ただ、オケの録音がピアノに比べて、ちとくすんでいるのがこの時代のグラモフォンだね~と・・・。
さすが、判っていらっしゃる。(^o^)v
 
あ、ワタクシ、クラシックで鋭い舌鋒をかわそうなどど不謹慎なコトは・・・。(爆
 
 
 
で、Jazzを何枚かGarrard401+TypeⅢ(E)のセットで聴いて戴く。
 
 
武井さん 『音の凸凹感が鳥肌モンですね~』
 
 
Ka-chan  『以前より更に優しい音になったね~、イイ感じ』
 
 
TD124Ⅱ+SPU GEでも聴いて戴くと・・・。
 
 
『Garrard401の方がJazzらしいけど、音楽としてはコチラかな~』(^^);;
 
 
で、Mono盤。
 
イメージ 2
 
最近お気に入りのスタン・ゲッツ。
 
ジェリー・マリガンのバリトン・サックスも凄い。
 
国内盤ながら、先日JITの磯田マスターに戴いたモノ。
 
 
これを、バリレラセットとEMT OFD25のセットの両方で聴いて戴いた。
 
 
軍配は・・・圧倒的にEMT!とのこと・・・ちなみに前回はEMT929の調整不足もあって、バリレラセットだった・・・。(><);
 
 
バリレラでも勿論Jazzとして良いんだけど、情報量は圧倒的にEMTですと・・・実はワタクシもそう思うんですが針交換のコストを考えるとね~。(笑
 
 
バリレラさん、もうちょっと頑張って貰いましょう・・・。(爆
 
 
実は武井さん、前日にJITのライブに行っていて、そこでF野さんの持ち込んだ『ミーツ・ザ・リズム・セクション』のMono盤がいたくお気に召したそうな。
 
 
で、ステレオ・OJC盤ながら『ミーツ・ザ・リズム・セクション』(笑
 
これも、SPUとTypeⅢのセットで聴き比べ。
 
イメージ 3
 
実は、調子良かったのはココまでで、後は厳しいオコトバが次々と・・・(爆
 
 
Ka-chan 『このレコードなら、ペッパーのサックスのリードの震えるウラの音がもうちょっと出るハズ』
 
 
武井さん 『リードがなんかぺタ~っとして聴こえる、ちょっともどかしい感じ』etc,etc・・・。
 
 
これを、我々の言葉に翻訳すると・・・『倍音の伸び代が足らん!!』となります・・・。(大爆
 
 
うう・・・、実は先日Kenplin邸で聴かせて戴いた折り、ウチのは足らんな~と感じていたコトをズバッと・・・(笑
 
 
で、急場しのぎでMIDとHIGHをチョコっと0.5~1dbほど弄るも・・・。
 
 
お二人 『ちょっと腰高な感じ、出て来る音に無理がある』とばっさり・・・。(爆
 
 
く~、やはり低域か~~ウチではこれ以上は・・・、と落ち込むワタクシ。
 
どこまでハードル上げるねん!!って。(^o^)v
 
 
されどあくまで優しいお二人・・・『ごめんね~、でも、音楽には浸れるよ~、脳内補正で』(爆(爆
 
 
まあ、ピアノがエレピに聴こえる(F野さん、スマン!!)とは言われなかったので、大きな宿題ということで・・・。(^o^)v
 
 
 
こんな感じで聴いて戴いておりました。
 
イメージ 4
 
 
問題点を洗い出して戴いたところで、ここからはリラックス!!で色々と聴き比べをして遊ぶ。
 
まあ、この辺は次の機会に・・・。
 
 
で、このお二人が揃えば、当然コレが聴きたくなる。
 
イメージ 5
 
 
 
実は、このDVDの編集、殆ど武井さんが行ったもの。
 
 
色んな才能を持ったお人なんですね~。(^o^)v
 
 
敢えて画像なし、音のみを聴く。
 
イメージ 6
 
暫く聴いていたら、Ka-chanが『北川クンのベースが変に滲む、ウーファーのネット外せる?』と・・・。
 
 
で、こうなりました。
 
 
次回よりウチにお越しの方、これからはこんな格好で聴いて戴きます・・・。(爆
 
 
あ、これは以前の写真。 今はもう少し・・・汚い・・・。(><);
 
イメージ 7
 
Ka-chan 『やっぱりこれでないと・・・』(^o^)v
 
 
実はコレ以前、故マスターにも『共振しとるやないかい!!』と指摘されていた・・・けど見た目が・・・。(><);
 
 
 
で、悲劇はこの後に・・・。(笑
 
 
 
以前にも書いたが、このDVD、入っているエネルギーが物凄い。
 
 
と云う事は、聴いていて実に気持ちが良い。(^o^)v
 
 
ピアノの岩佐巨匠とのデュオを聴きながら、
 
 
『やっぱり岩佐巨匠は凄いよね』
 
 
『これだけバップでリリカルなピアノ弾きは、他に居ないよね~』
 
 
『北川さんのべースも本当に良く録れてますね~!!』
 
 
とまあ、三人ご機嫌で聴いておりました・・・。
 
 
あ、決して普段のOFF会のドラム命!のような爆音ではありません、ちょっと大きいかな?という程度。
 
 
北川さんのベースが物凄くて、部屋のあちこちが共振しまくり・・・。
 
 
で、突然、ボっ!!て右chのLE15Aから僅かな異音が・・・。(笑
 
イメージ 8
 
 
最初は判らんかったが、良く見ると・・・エッジが・・・抜けた!!(爆
 
 
 
再生していたのは・・・、
 
 
ドラムじゃ~ありません。 
 
 
 
ベースですよ、べ・え・す!!
 
 
 
このDVD、どこまで凄いエネルギーが入ってるねん!!(@@);
 
 
 
確かに、前回エッジを自分で交換したのは11年前なので、そろそろ寿命と云えば寿命なんだけど。
 
 
 
まあ、それでもメゲずに、この後もボリウムを少し落として色々と聴いて戴いた。(^o^)v
 
 
 
 
 
 
ただ、ドラムなら、シェリー・マンにもロイ・ヘインズにも、更にはトニー・ウイリアムスにも耐えて来たのに・・・。
 
 
 
まさかの北川さんベースで遂にLE15Aさん、御臨終・・・(爆
 
 
 
 
まあ、それでもメゲずに、この後もボリウムを少し落として色々と聴いて戴いた。(^o^)v
 
 
今月は事情があって金欠だし、来月エッジを注文するまでD130を引っ張り出しますか・・・。
 
 
D130まで飛ばしたらどうしよ??(爆(爆
 
 
 
 
 
 
で、楽しい時間はあっという間に過ぎるモノで、2時前に来られて解散したのが6時。\(^o^)/
 
Ka-chan、武井さん、今回も有難うございました。
 
Ka-chan手作りのシフォン・ケーキ、美味しかったですよ~~。\(^o^)/
 
例の宿題、物凄いヒントを貰ったので、次回までには何とか頑張って解決しますね~!!(^o^)v
 
 
 ※なお、武井 努さんの所属するバンド 『E.D.F』のライブ がNHKFMの『Session2014』
  放送されます。
 
  4/6 22:30~23:30です。
 
  
 FMチューナーをお持ちの方は 是非!!\(^o^)/  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

業務連絡

予約確認完了!!*\(^o^)/*

イメージ 1



Asの浅井さん注目ですよ~。(^o^)


私は仕事で行けんけど…(爆

整理整頓と小細工

ウチのGarrard401のセットとプリアンプ マッキンC33の間にあるごちゃごちゃしたアンプたち・・・。
 
①ShureM64フォノイコ
②自作バリレラ用フォノイコ UPS(←アップサイズ)003B
③WE396A中華バッファアンプ
④UTC A20マッチングトランス
 
これに加えて、CDPからはWE111Cリピートトランス+東京光音アッテネーターが・・・。
 
これらが、C33に最終繋がっている訳で、ラック内はもうごちゃごちゃ。(笑
 
こんな感じ。
 
イメージ 1
 
 
中華バッファには、切り替えスイッチで、PhonoとCDを突っ込めるが、自作フォノイコはM64と差し換えなければならない。
 
これは面倒なので、少なからず整理・整頓を・・・。(笑
 
整理・整頓と云えば、6S活動を思い出す(6S ⇒整理・整頓・清掃・清潔・躾・習慣)が、拙宅ではママならず・・・(爆
 
まあ、それは置いといて・・・(^^);
 
 
で、まずは中華バッファにまたまた小細工。
 
イメージ 2
 
赤矢印は、自作バリレラフォノイコからの入力。
 
黄色矢印は、以前取り付けたPhonoとCDの切り替えスイッチ。
 
手前は、UTC A20。
 
 
中華バッファのこちら面には場所が無かったので、M64とバリレラの切り替えスイッチは反対側に。
 
イメージ 3
 
 
ロータリースイッチにすれば、場所的には節約出来るが、手持ちが無かったのと、マトモなロータリースイッチは
結構値が張る(数千えんもする)ので、今回は見送り・・・2回路3接点の切り替えスイッチの組み合わせにした。(笑
 
こちらは、自作バリレラ用フォノイコ UPS003B.
 
イメージ 4
 
繰り返しになるが出力を矢印の様に、中華バッファに突っ込む。
 
 
で、いつの間にやらこのフォノイコ、電源トランスが更に一回り大きくなっていたりする・・・。(爆
 
やっぱりアンプは電源でっせ!!( ..)φメモメモ
 
中華バッファも、トランスを乗せ替えるべく、画策中・・・けど、ちと高い。(笑
 
 
 
 
で、最終こんな感じに。
 
イメージ 5
 
あ、UTC A20と東京光音アッテネーターの上に乗っかってるのは、単なる重しです。(^^);
 
 
①Shure TypeⅢ(E) ⇒ Shure M64 ⇒中華バッファ ⇒ UTC A20
 
②GE VRⅡ ⇒ 自作バリレラフォノイコ ⇒中華バッファ ⇒UTC A20
 
③DP80+DC81 ⇒ WE111C ⇒ 東京光音アッテネーター ⇒中華バッファ ⇒UTC A20
 
 
ここから、C33のAUXに入って行く。
 
しかし、M64と自作バリレラフォノイコが、単体では使いモンにならんとはいえ、ここまでヤるかね~~。f(^^;;
 
 
でもこれで、PhonoのStereoとMonoで、いちいち挿しかえる面倒が無くなった。
 
 
ここまで来ると、もう立派なプリアンプですな~。(笑
 
 
いっそのこと、中華バッファとUTC A20をワンシャーシに・・・とも思ったけど、やはりメンドくさい。(爆
 
 
で、Monoのバリレラさん含め、出て来る音は?・・・拙宅比エエです!!
 
 
が!!先日聴かせて戴いたKenpline会長のノイマンコンソールには、遠く及びません・・・。(><);
 
何より、子音、擦過音の解像度がまるで違う。(泣
 
 
 
でも諦めずに、もう少し頑張ってみましょう・・・。(^o^)v
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
小細工ネタも増えて来て、本人も何の小細工なのか、良く判らなくなって来たので書庫を設けました。
 
ついでに、OFF会と、ウチの弱点LE15A以外のウーファーということでD130も・・・。
 
興味のある方は(ないって??(笑)どうぞ・・・。m(__)m 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR