今日はクラシック

昨日、今日とヤボ用があって、オデオ弄りは出来ませんでした…(^^;;

夕方、漸く時間が取れたので二時間ほど聴いてみました。(^o^)

今日はクラシック。

イメージ 1


ショパンのピアノ協奏曲第一番。
サンソン・フランソワ。

イメージ 2


オケの方の録音がちょっと貧弱だけと、オンマイク風に録られたピアノが良いですね~。^_^
演奏は言う事なし。
さすがフランソワ…(^o^)v



Monoを聴きたくなって来たので、先日ディスクJJで200えんで見つけたこれを。

イメージ 3


バッハ ブランデンブルグ協奏曲全曲。
指揮はカール・リヒター。

イメージ 4


やはり、クラシックはこちらのセットの方がエエです。(笑

聴いてみて驚いた。
低弦が、殆ど野放図と云って良い位、これでもか~!!って録られている。
こんなに迫力のある録音のブランデンブルグは初めて聴いた…(^^;;

ロンドン盤なんだけど、良く良く見たら…

イメージ 5



TELDEC録音ですと…(^^;;

なるほど~!!って納得した次第。(^○^)


実は、今日はパソコンの調子が悪いのでi-phoneで書いています。(≧∇≦)

も~疲れたので、おしまいっ!!(爆
スポンサーサイト



Shure TypeⅢ シェル交換

今日は久々にStereo再生。
 
JazzやPop’sを聴く時、殆んどビョーキの様にドシバシやっていると、タマには『軽やかな』音で聴きたくなる。
 
今聞いているのはこのセット。
 
イメージ 1
 
ガラード401+SME3009SⅡimp+Shure TypeⅢE。
 
ヘッドシェルは敢えてこれ・・・。
 
イメージ 9
 
テクニカの・・・品番忘れた・・・マグネシウム合金シェル。
 
何故これかと云うと、プレーヤーベースの関係で普通のシェルではアンダーハングになってしまう。
 
このシェルは先端の取り付け位置以外に、根元でも5mm程伸ばせるので・・・。
 
リード線はWEの蝋引き太線。
 
比較的がっちりしたシェルなので、そりゃ~ドシバシ来ます。
 
 
が、今日は純正のSME S2シェルに戻してみましょう。
 
その前に、少しでもアンダーハングを解消するためにアームベースを削るっ!!
 
このアームベースもLEAD CONSOLE仕様なので、鉛の厚板を金鋸でギコギコと・・・疲れた~(笑
 
 
イメージ 10
 
うう・・・これ以上近づかない・・・近づける為にはプレーヤーベース本体を削る必要が・・・で、諦めた。(爆
 
これで、適正なオーバーハングに2mm不足。
 
ま、私の駄耳では判らんので、良しとしませう・・・(諦
 
 
イメージ 11
やはり、3009SⅡimp,にはS2シェルが似合いますな~~って、当たり前か・・・(爆
 
で、軽やかなのを聴いてみる。
 
イメージ 12
先週、NOBオヤジさんに戴いた、カーペンターズ/見本盤。
 
お~、結構軽やかに・・・かといって音がヘタれになることも無く・・・エエ感じです。
 
 
こうなったら、一人ボーカル祭りっ  って、最近このパターンばっかり・・・(><);
 
ネタ切れなモンで・・・(爆
 
 
でもまあ、オデオの本来の目的は、自分の気に入った音楽を、自分が聴きたいような感じで再生する事にある・・・と云う事で、お許しあれ!!(^o^)
 
 
 
で、まずはこのお方から・・・。
 
イメージ 2
 
ご存じ、中島みゆきさま・・・このアルバムでは『まつりばやし』が良いですな~。
 
 
イメージ 3
同じく、このアルバムでは『世情』。
 
元来が根クラな(そこ、笑う所じゃ~ありませんぞ!!)ワタクシとしては、心情にピッタリ・・・。(^o^)v
 
イメージ 4
 
コチラでは、やはり『この空を飛べたら』ですね~。
 
これだけまとめてみゆき様を聴くのは、久し振り・・・。
 
いや~、やっぱり良いですな~~。(^o^)v
 
 
ここで、久し振りにシャンソンなど・・・。
 
イメージ 5
 
これまた、ご存じ イブ・モンタン。
 
俳優としても好きなんだけど、歌い手としても一流。
 
 
 
女性ボーカル・・・。
 
イメージ 6
カーメン・マクレーの初リーダーアルバム・・・だったと思う・・・(笑
 
ピアノの弾き語り+ギターの『サパー・タイム』がお気に入り。
 
やっぱ、クラいか???(笑
 
で、最後はこのお方。
 
イメージ 7
 
ヘレン・メリルさん。   こちらは米盤。(^o^)
 
やっぱりエエですな~。
 
気になったのはバックのフルートが・・・って、たもchanさん、フルーティストの本宮 宏美さんのCD2枚買っていたっけ・・・。
 
 
で、久々に聴いてみたっ!!
 
イメージ 8
 
クラシックでフルートと云えば、このお方。
 
何とJazzをやっておられる。  って、帯にしっかり『ジャズ』と・・・(爆
 
たもchanさん、今度来られた時には聴いてみましょうね~~。(^o^)
 
内容は?って??  
 
 
カラオケ採点なら、間違いなく100点!!!!・・・でも眠い・・・(爆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

GE UPX-003B ②

オデオ仲間のたもchanさん からお借りしている、GE-UPX-003B。
 
いや~、ワタクシ 気に入っておりますっ!!(^o^)
 
最近、Monoしか聴いておりません・・・。(笑
 
イメージ 1
 
 
で、今日も聴いていたんだけど、ホンの僅かながら音のパキパキ感が気になり始めた。
 
 
ん~~、どうしたモンかな~と思っていたら、ふと思いついた。
 
 
UPX003Bの後ろには、トランス UTC A-20をカマせている。
 
Shure M64を使う時には、この間にバッファアンプをカマしている。
 
その方が、雰囲気感が良いので。
 
 
この中華バッファアンプのタマ、UPX-003Bと同じメーカー GEの5670に換装してある。
 
 
これは使ってみないテはないでしょーー(笑
 
で、よっこらせ、と繋ぎ直し・・・。
 
 
イメージ 2
 
 
で、聴いてみた。
 
 
イメージ 3
 
 
いや~、エエ感じになりました。(^o^)
 
一言でいうと、滑らかさが増した感じ。
 
かといって音の勢いが後退したワケではない・・・。
 
これは、ワタクシ好みの音です。(^o^)v
 
 
で、またまた 一人モナウラル祭りっ!!(爆
 
 
イメージ 4
 
ご存じ、ライオネル・ハンプトンのスター・ダスト。
 
冒頭の、ウィリー・スミスのアルトサックスが何ともエロいっ!!(笑
 
 
 
イメージ 5
 
スタン・ゲッツ、レスター・ヤング、コールマン・ホーキンス、ベン・ウェブスター・・・。
 
誰を聴いてもエエですが、ワタクシ的には、やはりジャズ・テナーの父、コールマン・ホーキンスですね。
 
他の皆さん、 直接・間接にホーキンスの影響を受けているし・・・(笑
 
ベン・ウェブスターに至っては。。。って言いますまい!!。。。デキはエエので・・・(爆
 
 
イメージ 6
 
べサメ・ムーチョ・・・・これまた色気があって・・・。
 
 
 
イメージ 7
こちらは米盤。
 
以前はちとキツかったけど、これまたエエ感じで聴けるようになりました。(^o^)v
 
 
 
バッファアンプ、拙宅の環境では正解だったみたいですね~。
 
 
 
これは、やはりレプリカ作らないとね~。
 
 
ただ、あのサイズは同じトランスが手に入らない限り無理なので、回路だけのレプリカかな~~(笑
 
おやじsp.さん 回路図有難うございました!!m(__)m
 
 
 
時間が掛かっても、頑張ってパーツ揃えませう・・・(^o^)v
 
 
 
 
 
 
 

GE UPX-003B

前日のOFF会で、たもchanさん にお借りしたGEバリレラ専用の純正フォノイコ、GE UPX003B。
 
早速試させて戴きました。
 
 
まずは、電源極性を合わせて、と・・・
 
イメージ 1
 
トランジスタアンプに比べて、真空管アンプは結構これがシビアに決まるので・・・。
 
 
アースもしっかり取って、セットする。
 
イメージ 9
お~、GE純正のタマ 6SC7が黒々と屹立して・・・。(笑
 
実は、このフォノイコ、たもchanさんのブロ友である、こば屋さん が修理されたモノ。
 
イメージ 10
 
たもchanさんが扱い易い様に、入力抵抗を100kΩの可変抵抗に替えておられる。
 
実は、これが大変役に立ちました・・・。(^o^)v
 
あ、ジーノイズは全くありませんでしたよ~。(爆
 
 
 
ワタクシ、GE VRⅡを入手した時からこのフォノイコが欲しかったのですが、機会に恵まれず・・・見つけられた時は手元不如意で・・・。(笑
 
 
試させて戴けるとは、まったくもって有難い限り・・・。m(__)m
 
 
で、聴いてみた。  勿論Jazz!!
 
拙宅に於いて、Mono再生で何かを変えた時のリファレンスはこれ。
 
イメージ 11
 
ご存知、サキコロ。  私は普段はビクター盤を使う。(うぐいす色ラベルの東芝盤もありますよね~)
 
コレの1曲目 St,THOMAS と 2曲目 You Don't Know What Love Is.
 
1曲目はご存知冒頭のシンバルの冴えと、あとはベースのダグ・ワトキンスが行方不明にならないか。(笑
 
2曲目はいきなりのロリンズのブオッ!!で、のけぞれるかどうか・・・。(爆
 
 
 
イメージ 12
 
1曲目 冒頭のシンバル・・・OKです!   ワトキンスさん・・・ちょっと緩いけどしっかり弾いておられます。(笑
2曲目 最初のブォッ!!・・・ちょっと弱いけど力強さは出てます。
 
結論 : このフォノイコ、エエです!! (^o^)v
 
      入力抵抗は、感覚(借りモンなのでバラす訳には・・・)で20~30kΩ前後かな?
      ボリウムを上げて行くと高域がシャリシャリと・・・。
 
 
 
で、めでたしめでたしで終わらないのが、ワタクシという変態ジジィ・・・。(笑
 
 
 
 
 
後ろにトランス UTC A20をカマしてみるっ!!(爆
 
あ、上に乗っかっているのは『重し』です。 トランスではありませんよ~って、こんなトランスあるかっ。(^^)
 
 
イメージ 13
 
お~、これはエエです!
 
全体に力強さが出て来ましたね~。(^o^)v
 
先程の問題点も、ほぼクリヤー。 エエJazzを聴かせてくれています。
 
これなら、GE VRⅡで充分聴けます。 交換針も安いしね~(爆
 
今まで、VRⅡ用にとウチにあるプリのフォノイコ部を、色々と試して来ましたが、間違いなくこの組み合わせが
ベストかと・・・。(^o^)v
 
 
 
 
 
で、こうなったら、一人モナウラル祭りっ!!(爆
 
次々と・・・。
 
 
イメージ 2
 
まずはサキコロ 東芝盤  微妙にジャケットデザインが違う。
こちらは、勢いは若干後退するものの、音の深さがビクター盤とは微妙に異なる。
 
 
 
イメージ 3
 
セロニアス・モンク&コルトレーン。
 
二人の掛け合いが楽しく聴こえる。
 
 
 
イメージ 4
 イメージ 5
 
やっぱ、ロリンズさんはエネルギッシュでエエですな~。(^o^)V
 
 
 
Jazzの最後は
 
イメージ 6
 
やっぱり、ロリンズさん。
 
これは、拙宅には珍しい、オリジナルMono.(^^)v
 
やはり、音の鮮度が違う・・・(><);
 
 
 
 
クラシックも聴いてみませう・・・。(笑
 
イメージ 7
アーベントロートのブラームス 1番。
 
ちょっと音がキツい目なので、フォノイコの入力ボリウムを僅かに絞る。
 
荘重さが光る。
 
 
 
イメージ 8
 
ルガーノのフルトヴェングラー  ベートーヴェンの田園。
 
物凄くゆったりしたテンポなんだけど、いつの間にやら引き込まれてしまう・・・ちょっと重たいけど全然ダレない・・・素晴らしい!!
 
 
う~、やはりこのフォノイコ、欲しいっ!!
 
久し振りに、レプリカ作りますか・・・予算 1まんえんしかないけど・・・。(笑
 
まずは、ラジオ用の安~い電源トランス探さなきゃね・・・(爆
 
 
 
 
たもchanさん もう暫く貸しておいてね~~。(^^;;
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     
 
 
 
 
 
 
 
 

拙宅OFF会

本日、オデオ仲間のNOBオヤジさんたもchanさんが、拙宅にお見えになった。
 
NOBオヤジさんは昨年7月のさぶちゃん大王さん、ggくんさんと一緒にお見えになって以来、1年ぶり。
 
たもchanさんは初めてのご降臨・・・。
 
イメージ 1
 
たもchanさんは、ワタクシのリクエストで最近入手されたプリアンプ、ビクターP3030とGE-UPX003Bを
お持ち戴いた。
 
まずは、拙宅のシステムを聴いて戴く・・・。
 
イメージ 2
 
手前がたもchanさん、奥がNOBオヤジさん。
 
やっぱりイカついですな~~(笑
 
 
 
まあ、感想はお二人が何か書いて戴けるでしょう・・・ドキドキ・・・(爆
 
 
 
 
STEREO,Mono、CDと一渡り聴いて戴いた後で、ビクターP3030を聴いてみるっ!!
 
イメージ 3
 
まずはCDから・・・。
 
お~~、結構イケますやん!!
 
これは、NOBオヤジさんも同意見。
 
 
で、こうなったらPHONOも試さないと・・・とNOBオヤジさん。
 
無理矢理、Shure TypeⅢを繋いでみるっ!!
 
負荷抵抗47kΩ、負荷容量330pFにセット・・・。
 
イメージ 4
 
 
まず、聴いたのは、本日NOBオヤジさんから戴いたこれ・・・。
 
イメージ 5
 
OFFERING/CARPENTERS・・・しかも見本盤!!(^o^)v
 
これがストレートな音質で、また良かった!!
 
調子に乗って次々と・・・(笑
 
P3030、若干細身の音だけどこれは良いです!
 
定価7まんえんのプリアンプとは、にわかに信じ難い・・・(笑
 
そりゃ~言いだすと色々あるけど、たもchanさん、本当に良い買い物をされましたね~。v(^o^)v
 
これは大事に致しましょう・・・。
 
P3030が余りに良かったので、UPX-003Bは時間切れ。(><);
 
たもchanさんのご好意で、暫くお貸し戴ける事になりました。(^^)
 
 
 
たもchanさん、NOBオヤジさん、本日はお土産まで頂戴して、誠に有難う御座いました。
 
次回は手ぶらでお越し下さいね!
 
 
今後とも、宜しくお願い申し上げますね~!!m(__)m
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mono復活!

ウチのMono環境。
 
色々事情があって、EMT OFD25は置いといて、取り敢えずはGEのバリレラ VRⅡを使っていたんだけど、プリのC33のフォノイコ部の受けが47kΩ。
 
対してバリレラさんは15kΩから・・・。
 
ウチのは赤ボディの放送局用だけど、これでも30kΩは欲しい。
 
 
イメージ 1
パッと聴きは、まあ聴けるんだけど
聴き続けると、どうもカン高さが耳につく。
 
かといって、手持ちの他のプリでは
C33には敵わない・・・。
 
専用プリを作る気力もないし・・・(笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、暫く眠っていたEMT OFD25を復活させる事に。
 
イメージ 2
OFD25の推奨針圧は5g。
 
EMT929だとラテラルバランサー兼サブウエイトがあるんだけど、そこは格安中古の悲しさ・・・そんなモノは付いていない。(笑
 
で、Graceに付いていた重りを流用。
 
何とかバランスが取れた。
 
ついでに、ベースも水平バランスの取り直し。
 
 
 
 
 
OFD25を使う以上、このトランスはやめて・・・。
イメージ 4
 
TMD15の時は良いんだけどね~。
 
OFD25ではどうも音が上品過ぎるので・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ごんたさんに戴いた、Haufeの大きい方の、Mono専用にしているトランス。
 
イメージ 5
 
同じHaufeのT925なんだけど、こちらの方が馬力がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
このコをちゃんと聴くのは久し振り。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウチでは、MonoカートリッジでMonoを聴くときは片側のSPのみで聴く。
 
これがMonoちゃんズ流・・・。
 
イメージ 3
 
OFD25は右側しか音が出ないので
 
右側のSPで・・・。
 
何故、EMTは右側にしたんだろうと考えなくもないが、何か理由があっての事だろうから
素直に右側で聴く・・・(笑
 
このSP、最初は1発でMonoを聴くと、そりゃ~酷いモンだったっけ・・・。
 
もうふにゃふにゃのグズグズ。(爆
ステレオは結構良かったんだけどね。
 
ALTECの平面バッフルの方がよほど音が良かった。
 
ウチに来られた皆さんも、口を揃えてそうヌカし 仰られる・・・。(笑
 
 
で、低域と中域の繋がりを試行錯誤・・・。
 
やっと、平面バッフル並みにはなったかな??
 
そのあたりは、明日のOFF会で、たもchanさん、NOBオヤジさんの厳しい批評で・・・(^^;;
 
 
 
えッ、何も弄らないって言うてなかったかぁ~ってですか??
 
 
そこはあなた、ワタクシの気の弱さということで・・・(爆  m(__)m
 
 
 

新顔、、、。

新顔登場!!・・・といってもオデオ機器ではありません。f^_^;
 
 
さて、、、これは???
 
イメージ 1
 
色々考えて結局、嫁殿を拝み倒して(爆)買って貰ったモノ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
そう!  除湿機です!!(^o^)v
 
 
苦節10年、やっと手に入れる事が出来ました・・・。(笑
 
 
とは、ちょっと大袈裟で、楽天優勝セールで結構お安く出ていたので。
 
木造13畳用、プラズマクラスター付き・・・部屋は8畳なので能力的には充分かと・・・。(^o^)
 
難点は動作音がちとうるさい・・・電気代の安いコンプレッサー式を選んだので。
 
デシカント方式だと結構静かだけど、電気代が倍以上かかる。
 
少々うるさくても、やはりランニングコストでしょう・・・どうせ爆音で聴いてるし・・・(笑
 
昨日、雨模様の中、半日部屋を閉め切って動かした結果。
 
イメージ 3
 
これで800mlくらいかな??
 
湿度は、78%⇒68%。 湿度計が正しく表示していればね。
 
まあ、これだけ取れてくれれば、精神衛生上も宜しいかと・・・。(^o^)v
 
 
 
 
 
さてさて、来週13日はブロ友&オデオ仲間の たもchanさんと NOBオヤジさんがお見えになる。
 
もうお一方のぜっぷりんさんは残念ながら、お仕事の都合がつかず・・・(><);
 
たもchanさんは初めてお越しに・・・(^o^)v
 
 
 
さて、ここで慌てて調整なぞしようモノなら、収拾がつかなくなるのは必定。(笑
 
取り敢えずアナログは先週のまま、Jazz、Pops仕様にしてお待ちしております。
 
どうぞ、お手柔らかに~~m(__)m (^o^)v
 
 
 
 
 
 
 

草刈りと~

え~~、昨晩は大変失礼いたしましたっ!!

 
iPhoneをiOS7にアップグレードしたのは良いんだけど、つい間違って・・・くどくど・・・くどくど・・・。。。

 
で、やっぱりパソから投稿・・・。
 
 
 
拙宅の狭い中庭ですが、日当たりが良い所為か、山土そのままなのが良い(悪い?)所為か、
実に・・・雑草が良く伸びる。(笑
 
8月の連休に、根切り用の道具(名前忘れた)を使い、3日かけて雑草を根っこから引っこ抜いたんだけど、1ヶ月半でこのありさま・・・。(><);
 
ポリ袋12個分出したのにな~(笑
 
 
私の部屋から。
 
イメージ 1
 
上から見たら、そうでもなさそうに見えますが、下に降りると雑草の高さは30cmにも及ぶ。(^^;;
 
 
道路側から見ると廃墟みたいなので、意を決して・・・。
 
 
ただし、またまた根っこから引っこ抜く気力は無いので、今回は電動草刈り機。
 
格闘すること2時間。  
 
やっとこんな感じに。
 
イメージ 2
 
 
腰痛い~、腕に身が入った~(爆
 
 
漸くちょびっとすっきりしたかな??(笑
 
 
冬前にもう一回やらな逝かんかな~(^^;;
 
 
 
 
 
 
で、先週試した消しゴムインシュ。
 
イメージ 3
 
1週間経って、改めて聴いてみると、悪くは無いんだけど少しガッツが後退したような・・・。
 
 
おいおい、TD124のセットはクラシック専用にするとかゆ~てませんでしたか、って???
 
そこがあなた、オデオマニアの性というもの・・・(笑
 
 
腰が痛いの、へちまのとか言いながら一旦取り外す!!
 
イメージ 4
 
LEAD CONSOLEのインシュの足形がくっきりと・・・。
 
意外と接触面積は少ないですねって
当り前か・・・(笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここは一枚銅板をカマせて・・・とか考えたんだけど、前から一度試そうと思っていたことが。
 
それは、TD-124の前のキャビネットの時に使っていた、自作インシュレーター。
 
肝心のハウリングマージンは落ちるけど、出て来る音はバシッとしていて結構気に入っていたもの。
 
 
LEAD CONSOLEのオリジナルインシュを外し、取り付けてみた。
 
 
いきなりですが、取り付けた状態。(笑
 
 
何しろプレーヤーが、めちゃ重たいもので・・・腰痛いし・・・・(爆
 
 
イメージ 5
え~っと
 
下から、消しゴム、厚さ1mmの銅板、自作の
カーボンインシュ、丸いのがローズ・クォーツ(紅水晶)の珠。
 
 
 
カーボンインシュの真中には4mmの穴が。
 
 
 
 
 
 
 
キャビネット側には、元々のインシュの取り付けネジ穴があるので、上下2か所で紅水晶を固定。
 
 
イメージ 6
 
こんな感じですね。
 
一旦ハマり込むと、結構安定している。
 
が、コロコロ転がるので嵌めこむまでが大変・・・(笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このインシュ、点でも面でもなく、円接触というのがミソ・・・と勝手に思っている。(笑
 
拙宅比(あくまで拙宅比、ですヨ)、しなやかさと力強さが両立していた・・・以前はネ・・・(^o^)
 
 
で、まずはJazzを聴いてみる。
 
 
ん~~~、正解!!(笑
 
ガッツが戻って来ました。(^o^)v
 
 
 
続いてクラシックを。
 
ん~~~~、ちょっとカン高くなったかな?
 
 
でもこれは、調整範囲・・・だと・・・思いたいっ!!
 
 
トータルで、音の深みは後退したけど、勢いは増した、というところか。
 
 
 
まあ、まだ設置した所だし、また来週聴いてみましょう。
 
 
 
う~~~~~、それにつけても・・・・・腰痛いっス!!(><);
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR