スポンサーサイト



出張

久々の国内出張…。

5年振りかな?(笑


辿り着いたのは…


イメージ 1




郡山なう!!(笑

当地には10年振りですね。


ワタクシが出て来るということは、当然…、




クレーム処理!!(^^;;

しかも、日帰り…(≧∇≦)


郡山の皆さん、お元気ですかぁ~(笑

久し振りに小細工

さて、これは何に使うのでしょうか??・・・。
 
 
イメージ 1
 
 
何も突然、今までのエエ加減な人生を悔い改めて、お勉強をする気になったワケではありません。(^^;;
 
 
 
 
使う場所はココ。
 
 
イメージ 2
 
TD124Ⅱの足の下。(^o^)
 
 
実は拙宅、安普請の木造住宅の2Fに私の部屋があるので、根太を増やしているとはいえ、床がとっても弱い。(笑
 
従って、アナログの場合はハウリングが盛大に・・・(爆
 
 
ハイ・コンプライアンスのShure等だと、さほど問題は無いが、SPUは・・・。
 
 
かといって、テクニカ辺りの大型インシュレータを敷くと、ハウリングマージンは上がるが音が鈍ってしまう。(><);
 
 
何とかならんかって、キャビネットをLead Consoleに換えてみたが、ハウリング・マージンは大差なし。
 
 
で、先日久し振りにルーツ・サウンドへ寄らせて貰った折りに、社長御推薦が上記の消しゴム。
 
 
社長は何とEMT927の、あのバカ高い専用インシュレーターの下に、更にこれを敷いているそうな。
 
 
曰く、『SNが全く違う』らしい。
 
 
で、TD124Ⅱ+SME3012S2+SPU-GEで早速試してみた次第・・・。
 
 
消しゴムを敷く前のハウリング発生位置。(常用ボリウム位置は8:30~9:00)
 
イメージ 3
消しゴムを1ヶ所につき、2個づつ敷いた時の位置。
 
イメージ 4
 
おぉ、約8dbハウリングマージンが上がりましたね~(笑
 
 
で、聴いてみる。
 
イメージ 5
 
あくまで、感覚ですが何となく静かさが増したような・・・(笑
 
 
かと言って、音が鈍る事はなさそうですね。
 
 
ちょっと、コレは良いかも・・・です。(^o^)v
 
 
まあ、設置してすぐだし、こういうモノは日にちが経たないと判らない事が多いので、今週末にゆっくり聴いてみませう。
 
 
消しゴムさんも荷重で沈む所まで沈まないとね・・・。(笑
 
 
 
 
 

色々と・・・

先週末は久し振りでKa-chan宅で飲み会。
 
いつものメンバー6名が参集。
 
暫く振りでParagonを聴かせて戴く・・・。
 
ka-chanもまともに聴くのは久し振りということで、ちょっとキレが悪く、接点関係をゴニョゴニョと。(^o^)
 
やっぱりエエですな~~。(笑
 
極上のJazzを肴に、飲んだ呑んだ・・・(爆


その折り、高Bさん、ALTEC288さん、ゴンの助さんから、『珠には、自作派でなくとも判りやすいモンを書かんかい!!』って…(^^;;


で、今日は判りやすいのをお一つ…(笑
 
 
昨日のウチのメインシステム。
 
 
イメージ 1
入口は今やJazz用のGarrard401システム。
 
← コレを聴いてみたら・・・。
 
どうも低域のキレが宜しくない。
 
いつも書いているように、ウチのシステムの弱点は、1にも2にも低域・・・。
 
でも、いつもに増して酷い。
 
ベースはまあまあとしても、ドラムが
 
ユルユルというか、ガバガバというか・・・
 
ボッコンボッコンゆーてます。(笑
 
でも、こーゆー時に慌ててレベル調整などをしてはイケません。
 
しばらく我慢して聴いてたんだけど、ふと思いついて後ろを振り返る。
 
そこにあるのは・・・、
 
イメージ 2
湿度計。(笑
 
ありゃー、80パーセントありますがな。
 
そんなに暑くなかったんでエアコン切ってたのが、そも間違い。
 
そりゃー、只でさえ鈍足のLE15A。
 
こんだけ湿度が高かったら、あの重たいコーン紙がたっぷり湿気を吸って、キレもへちまも
ありませんわな~。(^^;;
 
 
 
あわててエアコンの除湿をかける。
 
低域が重たい時は、Jazzは聴けたもんじゃないので・・・。
 
 
・・・クラシックを聴く。(笑
 
クラシックの入り口は、TD124Ⅱ+SME3012S2+SPU-GEのセット。
 
イメージ 3
ケンプ/シェリング/フルニエの大公トリオ。
 
演奏では、何と言ってもカザルストリオですが
 
ステレオ盤では、このトリオも結構聴かせる。
 
気品溢れる演奏・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乗って来たので、今度はCD。
 
イメージ 4
チェリビダッケ/ミュンヘン・フィル。
 
ブルックナーの6番。
 
1991/11/29 ミュンヘンでのライブ盤。
 
これはオランダプレス盤。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中の写真がまた泣かせる・・・。
 
イメージ 5
 
表ジャケットからの連想では、竜安寺かな?
 
行儀は悪い?けど、何とも云えず良い雰囲気。
 
 
演奏も、もちろん素晴らしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
そうこうしてる内に・・・
 
イメージ 6
 
湿度66%まで下がって来ましたね。
 
 
Jazzを聴くと・・・。
 
 
 
やっと、まあまあの調子に。(^o^)
 
 
やっぱり除湿機要るかな~。(爆
 
と思いつつ何年経ったか・・・。
 
 
 
H/Oで探すにしても、またお小遣い貯めなきゃね・・・(><);
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ファインメット・ビーズ

前回ご紹介した、ミスター・テネシーことFさんに戴いたファインメット・ビーズ。
 
イメージ 1
 
 
どこに使おうか、再度
色々と考えたんですが・・・やはりココでしょう・・・。(^o^)
 
イメージ 2
 
Shure M64の電源部。
 
ここのブリッジダイオードの出力側と、電解コンデンサーの足に取り付け。
このビーズ、外装部が絶縁体なのが有り難い。
 
イメージ 3
 
黒い豆粒みたいなのが、取り付けたファインメット・ビーズ。
 
 
早速、Garrard 401+SME 3009S2imp+ShureTypeⅢ(E)で聴いてみる・・・。
 
 
 
結果は・・・
 
(^o^) (^o^) (^o^) (^o^) (^o^)v
 
何より僅かにあった雑味が減少、ただJazzの『ケバ』を削ぐ程ではない。
人に依ったらら、もう少しケバが欲しいね~と仰るかも知れませんが、私にはエエ感じです。
 
中低域の押し出しがグッと良くなる。
 
そして聴感上、高域も伸びた感じがしますね。
 
全体に無理が無く、自然で良い感じになりました。
 
もう暫らくはこのままで聴いてみましょう・・・。
 
いや~、コレは面白いです!
 
Fさん、本当に良い物を有難うございました!!m(__)m
 
 
 

ビール&たこ焼き大会

先週末、16インチ~s&Monoちゃんズの前会長、ごんたさんのごんたホールに於いて、夏恒例の
ビール&たこ焼き大会が催されました。
 
参集したのは、定員一杯の9名・・・
 
イメージ 1
 
この本の、このコーナーに今月と来月にわたって登場する・・・
 
イメージ 2
 
5名の方々と、MonoちゃんズのT口さんと私。
 
そして、特別ゲストとしてこれらの機材をアメリカからピックアップして送って下さる、ミスター・テネシーことFさんと
そのお友達。
 
いや~、実に楽しい会でありました。
 
私にとっては、格好の気分転換でありました。(^o^)
 
ヨハネス師の焼くたこ焼きの美味しいこと!!
 
そして、ごんたさんにエレクトロボイス、パラゴン、JBL4350と聴かせて戴きました。
 
まずはエレクトロボイス。
 
一方はジョージアンⅣ、もう一方はパトリシアンという変則システムながら、真空管でドライブされるその音は
実に深みのある良い感じの音でした。
 
ひこさんの所(こちらはジョージアン600)でも感じたのですが、エレボイって今はPAのイメージが強いけど何の何の、結構懐の深い感じが良いですよね。
 
ウチのJBLではちょっと出て来ない雰囲気が何とも良かったです。
 
そして、この部屋での圧巻はRCAのアイドラードライブとギヤドライブの聴き比べ!!
もう、言葉になりません…(^^;;
ただただ圧倒されるばかり。
この辺りは来月号のステレオ誌で、田中伊佐資氏が書いておられるはず。(^。^)

続いてはパラゴンと4350のお部屋で聴かせて戴く。
 
圧巻は何と言っても、新たに導入されたShureのフォノイコSE22。
これが、何とも良かった!!
 
ウチのヘタレ(使っておられる方、すんません)のM64とは大違い。
 
やはり、Shureのカートリッジを使う限り、十全の音を出すためにはこのクラスが必要なんだな~と・・・。(><);
 
ごんたさんは、この他にも最高峰のSE-1とSE20も持っておられる。
 
何とも羨ましい限り!!
 
ごんたさん、大変御馳走になり、有難うございました。
 
また、奥様、お嬢様もせっかくの週末に、我々ジジィ達のお相手下さり、誠に有難うございました。m(__)m
 
 
で、ミスターテネシーさんから皆に戴いたお土産・・・。
 
イメージ 3
何でも、ファインメットで出来たビーズらしい。
 
かつて流行った、フェライトビーズの広帯域版とのこと。
 
これは良いものを戴きました。
 
イメージ 4
 
今度の休みに、M64の電源部のブリッジダイオードと電解コンデンサーの足に試してみますね。
 
テネシーFさん、誠に有難うございました。m(__)m
 
皆さん、今後とも宜しくお願い申し上げます!!
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR