進歩が。。。

この週末は家の用事で何やかやとバタバタしており、オデオタイムは無し。"(-""-)"


で、ここのところ通勤電車で聴いているのが、このセット。

イメージ 1

iphone6S+AKG Q350.。

このAKG Q350、3000えん程の廉価版なのですが、なかなか侮れない音を出しよります。(#^.^#)

普段はiphoneでは無く、古いi-podなのですがネ。

このiphone6S、前のiphone4Sよりも音は良い。(^_-)-☆

これで、何を聴くかと云うと、Q2HDで録ったこのブログにもアップしている、自分のYoutube。(笑

拙書庫の『Q2HD』を古い方から順に聴いている。

あ、皆さんのアップされたものも、このセットで聴かせて戴いております。(#^.^#)


実は、2013年にQ2HDを入手して以来の音を聴いていて、先週、エラい事に気が付いた。。。(><;


聴いてたのは、お馴染み(またかい!!)のこれ。


イメージ 2



古い中では良かった、2013.12.10アップ分。 約2年前ですな。(^^♪

音の入り口の組み合わせは、

Garrard401+SME3009S2imp+Shure V15TypeⅢ(E)

(このセット、今はSAEC WE308Lを取り付けている)

イメージ 3

これに、ShureのフォノイコM64+WE396A中華バッファ+UTC A20+チャンデバのアキュフェーズF15×2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


では、2013.12.10の音。 ちょっと録音レベルが高いのでご注意を。。。



これに対して、最新の音。

トーレンスTD124Ⅱ+SME3009S2imp+Shure V15TypeⅢ(E)

イメージ 7

プリは6DJ8改 + UTC A20 + アキュフェーズF15×2

6DJ8/6922は
 フォノイコ段 Philips6922ECG  ⇒  tesla E88CC金足
 バッファー段 Philips6922ECG ⇒  ロシア6N23P
  終段コンデンサー及び各段の入り口と、出口、そしてバッファー段のカソード抵抗の計4ヶ所入れ替え。

イメージ 8


2016.01.25. 先週アップ分ですな。(笑



入口の機器が違うとはいえ、、、全然進歩しとらん!!(爆

ヘタしたら、2年前の方が良かったりして。。。(自爆

やはり、Garrard401にSME3009S2impを戻すべきか・・・ ^^) _旦~~



お口直しにクラシックを、、、

TD124Ⅱ+SME3012S2+SPU ClassicGE+パートリッジTH7834Ⅲ+マッキントッシュC33。


マタイ受難曲 第47曲(アリア)   

ブログ以外では公開していない私のYoutubeで、何故か再生回数1609回のもの・・・。


うう、、、ここでヤメとけば良かったかっ!!(爆

がっ、この半年後にクワちゃん旋風が。。。(大爆




スポンサーサイト



気分転換

・・・と、その前に、iphoneを4Sから6Sに乗り換えました。

バッテリーがそろそろアウトになって来たので。。。"(-""-)"

イメージ 1

左が4年使った4S、右が6S。 やはり、ちとデカいですね~。(´・ω・`)

移行するに当たって、嫁殿からは『データ消失は絶対に許さん!!』と、キツいお達しが・・・。(爆

何でも、あちこちでデータ消失騒ぎがあったらしい。。。(;^ω^)

で、iTuneなるものを、1台のパソコンで2つ使うのは面倒なので、会社のパソコンを持って帰った次第。(^^♪

まあ、何とか無事に移行を終える事が出来ました。\(^o^)/


で、ここからが本題。

昨日の『音が出ん!!』騒ぎでチト疲れたので、またまたクワドエイトに繋ぎ替え。

結構ウチに馴染んで来てくれた様なので、最終バージョンのコレを。

イメージ 2

The Great Jazz Trio At The Villedge Vangard Vol1&Vol2 コンプリートバージョン。

コンピ盤と侮るなかれ。

これはCorner Pocketでの、何かを弄った際のCD再生での卒業試験盤。(爆

5曲目の『Confirmation』が、課題曲。

かの一関ベイシーで、アナログ盤でウーファー4発をご臨終させた曲かどうかは判らないが、、、。(*^-^*)

直弟子のマスターが選んだ曲なので、問答無用。(爆

私も、多分今まで、アップしたことが無かったと思いますが、先日、ブロ友の Gusty Musikさんが、ディナウディオでアップされていたのに刺激を受けて・・・。(笑

では、LM6200で。

出来得れば、イヤホン又はヘッドホンでお聴き戴きたく。。。(#^^#)


聴きどころは、2分過ぎのスネアのリムショット一発!!と、ベースの音の分離。

ベースがドラえもんの『ぐう』の手で弾いていては、イケません。。。(笑

あと、7分頃の、ロン・カーターが、ソロからバックに廻る時の引き際の見事さ。 と、マスターに教えられた。(爆

あ、爆音再生でも『会話が出来る』と云うのは、必須条件・・・。\(^o^)/

それと、意外と知られていないのが、シンバルの基音。

実は200~400Hzにある。

ここがしっかりしてないと、グヮシャーン!!のグヮ、が出て来ない。(#^^#)

D130の良さは、ここがしっかりしているから、と思っております。(^^♪


で、中低域の凄みのある、LM6200で聴かせて貰っている以上、ウチではこの再生が限界デス。。。(自爆

ホントは、AMPEXと比較したかったのですがネ。(爆


で、久しく人さまのプリを聴いていると、久々に自分のプリで聴きたくなるのは人情と云うモノ。(笑

クワちゃんをずっと聴いて来て、考えるトコロがあったので、フラットアンプ段の真空管をまたまた替えてみた。

今度はこれ。

イメージ 4

左側の2本ですね。 右側は外したTesla E88CC金足。

旧ソ連製の互換級、6N23P、中古で1本800えん!!(笑

巷の噂では、元気は良いけど音が下品になる、と、、、下品 結構ですね~と4本買ってみた。

まあ、中古でも4本あれば、1ペア取れるだろうと云う魂胆。


で、エージングも無く、録ってみたのがこれ。

再生系はいつものDP80+DC81で、ケツにUTC A20を挟んでチャンデバへ。

チャンデバ以降は上と同じ条件です。


お? ホンの少しは近づいたか??(´・ω・`)

それともクワちゃんのお蔭で、LE15Aが少しはほぐれたか??(自爆


拙宅比、中低域に一番力がある。 そう下品にもなっていないしネ。(爆

今はまだまだですが、これはエージング後が楽しみですね~!!\(^o^)/


気を良くして、大胆にもヴァイオリンを聴いてみました。((+_+))

聴いたのは、またかのパガニーニ、曲は違いますが。。。

イメージ 3

ご存知、五嶋みどりさん、24のカプリース。(;^ω^)

パガニーニは難曲だけに、調整が悪いと聴いていられないので・・・。

彼女の弾いているのは、確かストラディバリウスではなく、グヮルネリだったかと思います。

では、最終の第24曲を。


うう、、、ヴァイオリンの低弦がビオラに聴こえる??(爆

ま、如何なものでしょうか??(´・ω・`)


こうなったら、次回は我が家のベストのタマ、TESLA  E88CC金足をフォノイコ段に廻してアナログを聴いてみたいですね~!!(笑


え? AMPEXはいつ見るん??でですか??。。。ナンのはなし???(自爆












少しは『やる気のある音』になったか??アナログ編

で、昨日の続きです。

母上様の病院から帰って、今日のイッパツ。(^^♪

昨日は『お気楽デジタル』編でしたが、今日はア・ナ・ロ・グ。(笑


もそっと、やる気を見せてくれよ~!!ってんで、自爆録音。


まずは、最近ハマっている、『WALTZ FOR DEBBY』

拙宅にあるのは、ふつーの日本盤。(´・ω・`)


で、フォノイコ段のタマは、松下7DJ8。

再生系は、TD124Ⅱ+SME3012S2+SPU ClassicGE+パートリッジTH7834Ⅲ+6922/6DJ84プリ+WE396A中華バッファ+UTC A-20.


はは、、、ちょっとキツいか、、、((+_+))


そこで、フォノイコ段をTesla E88CCに替えてみる。

前に比べると少しVOLが低いけど。。。(;^ω^)


やはりもう一息、やる気を見せて欲しいですね~!!(;^ω^)

うう、、、やはり、フラットアンプ段と同じ、TESLA  E88CC金足に替えるべきか。。。(笑

ただ、ビンボなワタクシは、年内イッパイいっぱいなので、年明けまで待たないと、オアシが。。。(爆



まあ、今のところこれが精一杯と云う事で、コレを。(^^♪

イメージ 1

これはOJC盤。

では、




まあ、当分コレで我慢・ガマン。。。(爆


さて依頼された、これのプチ修理をどうすべぇ、、、(*^-^*)

イメージ 2

また、アップしますね~!!(#^.^#)


少しは『やる気ィのある音』になったか??(笑

とその前に、、、。

先週のお届きモノ。

イメージ 1

ご存知、スマホ用レンズ。

イメージ 2

中味は、魚眼・ワイド・マクロレンズ。

送料込み 600えん。(笑

ボディの材質はアルミで結構重い。

イメージ 3

ワイドレンズで、0.67倍。 マクロレンズと併用して使う。

本来の使い方はこんなん。(^^♪

イメージ 4

ただ、ワタクシはコレに使う。(笑

イメージ 5

部屋が狭いので、いつもラックしか映らないので。。。(;^ω^)

両面テープで貼り付ける。(^^♪

イメージ 6





で、ここの所取り組んでいる、6922/6DJ8プリアンプ。

もうそろそろ『美音』ではなく、『やる気のある音』を出してくれても良さそうなもの。。。(爆

エージングも少しづつだけど、進んで来た事だしネ。(^^♪



で、今日は、拙宅の『お気楽CDシステム』で・・・。(笑

久しく遊んでいた、WE396A中華バッファアンプを引っ張り出して、コレを。

イメージ 7

拙宅で唯一のSACD。(笑

当然、SACDプレーヤーは持っていないので、CDレイヤーで。(^^♪


リーダーは、ビル・ヒューズ、ドラムスはブッチ・マイルス。(*^-^*)


ワタクシとしては当然、CPのマスターを偲んで、1曲目の『Coener Pocket』 (^◇^)


DP80+DC81+WE111C+6922/6DJ8プリ+WE396A中華バッファ+UTC A-20。

要は、6922/6DJ8プリをWE関連で挟んだモノ・・・。(;^ω^)

では、、出来得れば、イヤホンで聴いて戴きたく、、、。


うう。。。不覚にも色々思い出して、涙が出そうになって来た。。。(;´Д`)



でも、少しはは『やる気のある音』になって来たでしょうかネ。。。(爆



画面の端が歪んでいるのは、600えんのご愛嬌、、、((+_+))



で、昨日、たもchanさんから届いたブツが・・・。

イメージ 8

修理依頼品+まあいっぺん聴いてみィ・・・の品物。

実は、真剣に聴いてみようかどうか悩んでおりまする。(;^ω^)

聴いたら、またまた地獄を見る事になる可能性が。。。(爆



ところで、同梱されていたブツがこれ。

イメージ 9

たもヤン、これでワタクシに何をしろと???('Д')

まさかこれで、『てきとーに変換プラグを作って聴いてね~』とでも????(大爆










気分転換 その2

前回の続きです。

1個1000えんのVISHAY(ビシェイ)の無誘導金属箔抵抗、VISHAY VSR。

イメージ 1

前記事では、6922/6DJ8プリのフラットアンプ段の入力抵抗、1kΩを交換。

次いで、フォノイコライザー段の入力抵抗、47kΩを交換した。

あ、書き漏らしてましたが、足は鉄ではなく非磁性体です。

交換したのはココ。

イメージ 2


元々付いていた抵抗はRIAA回路にも使われている、これ。 

どこの抵抗だろう、、、良く見るんだけど、、、どなたかご存知??(笑

イメージ 3


私が、アンプ作りにハマっていた20年前は、音の良いと云われる抵抗と云えば理研か進工業、

海外ではアーレンブラッドレー(A&B)、スフェルニース、大型抵抗でDALE, VISHAY位なものだった。

ここに来て、特に小型抵抗で(チップ抵抗含む)、まあ色々と。。。(笑


フォノイコライザー段の入力抵抗は、アンプにカートリッジからの信号が入る最初のステージ。

ここで、信号が欠落すると(って、どうしてもある程度は欠落しますがネ)後はいくら頑張っても。。。(爆


で、早速聴いてみました。

まずはクラシック、SPU ClassicGE+ SME3012SⅡの方で。

フォノイコライザー段のタマは、松下7DJ8,フラットアンプ段のタマはTesla E88CC金足。

これを、、、。

イメージ 4

サン・サーンス 交響曲第3番 オルガン付き。

これの、最終5分ほどを。

低弦のザッザッザッと云う切れ込み、金管の厚み、ティンパニーやシンバルが目の前では無く、ちゃんと奥で聴こえるか(←これがJazz再生との違い)、それと曲の最後の音の消え際キチンと出てるか、などなど、、、(笑

その昔、クラシックの師匠(ルーツ・サウンドの社長です)に、『オケを聴いて、ティンパニーやシンバル、トライアングルが前に出て来てどうするんじゃ!!Jazz再生じゃあるまいし!!』と怒られた。。。(爆
↑この方、ご自宅の装置でのJazzの再生も相当なものだった、、、(*^_^*)


では、


はは、、、50てん!!(笑

まあ、エージングを待ちましょう。。。(爆

ただ、ちょっと気になったのは、松下の7DJ8の影響かも知れませんが、美音系にシフトしているような・・・(自爆


で、確認の為、Jazzも、、、。

Shure V15TypeⅢ+SAEC WE308Lのセットで。

これまた、前回に引き続きこれを。

イメージ 5

前回は、ピアノが引っ込んでいた。


う~、、、やはり、美音系になってしまったか???(爆


まあ、お口直しと云ってはナンですが、どうせ美音系になったならコレを。

今度はCDです。

久々に、、、。

イメージ 6

3曲目、『MISTY』


あはは、ジュリーさん、ちょっと若返ったか???(爆

ただ、ここまで聴いて来て、当たり前と云えば当たり前なんだけど、カソード抵抗とか終段のコンデンサーを交換するより、各段の入力抵抗を替えた方が、音の変化は激しいですネ。

エエかどうかはまた別の話ですが。。。(´・ω・`)

まあ、小細工はこれくらいにして、気長にエージングを待ちませう・・・。(#^.^#)

本来はコレで、X-DAYを迎えるハズだったのですがネ、、、申し訳ない、、、(><;

プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR