卒業試験・・・追試(笑

と云うワケで、追試であります・・・(爆

イメージ 3

昨日アップしたこのアルバム。

イメージ 1

おやじSP.さんから頂いたコメントで、このアルバムが例のセロニアス・モンクとのクリスマス・セッション(別名:喧嘩セッション)のコンプリート盤であることをご指摘戴いた。(^^♪

さすが、おやじSP.さん!!\(^o^)/


で、有名な『BAG'S GROOVE.』以外の曲は、、、

イメージ 2

この中から、『THE MAN I LOVE(Take♯1)』を、、、実はワタクシ、こちらの方が好きだったりする。。。(笑

この盤は米盤ながら、疑似ステレオ盤なので、L+Rで再生しました。(^^♪

当然、コチラのセットで。。。

イメージ 4



やっぱり、影の主役はミルト・ジャクソンですね~!!(*^-^*)

それにしても、MJQの時とは全然違いますネ、、、やはりジョン・ルイスの呪縛か。。。(爆



ついでに、もっと古い、このアルバムより遡る事7年、1947年、不得意なビ・バップ時代のマイルスを・・・(笑

確か、この後に『クールの誕生』を発表したかと・・・(^^♪


で、ワタクシが最も好きなテナー、コールマン・ホーキンス。(*^-^*)

意識して買ったワケではありませんが、おりましたがな~、マイルスさん、、、(爆

見つけたのは、このアルバム。 一応伊太利亜盤。(^^♪

イメージ 5

イメージ 8


イメージ 6

この、”C”のセッションに、マイルスさんの名前が・・・(笑

恐ろしいメンバーですね~!!\(^o^)/

では、アルバム・タイトルの”BEAN A RE-BOP”

イメージ 7

あ、この際、Mono盤はMonoカートリッジで片チャン再生ちゃうん??と云うツッコミは無しにして戴きタイ。。。

アレはあくまで、メインシステムでのお話。。。(爆



アンサンブル~ホーキンス~アンサンブル~マイルス~カイ・ウィンディングの順。

やはり、全く吹けていませんね~~、リーダーアルバムとは全然違う・・・"(-""-)"

これを聴くと、その後のマイルスさんが、如何に必死に自分のサウンドを探していたかが、良く判りますね~!!\(^o^)/


おしまい。

スポンサーサイト



卒業試験

・・・と言っても、松任谷由実サンではありませぬ・・・アレは『卒業写真』・・・(;^ω^)

もうそろそろ涼しくなって来たので、この2ヶ月ずっと聴いて来たこのコも、そろそろ卒業かなと。。。(笑

イメージ 1

で、TANNOYセットで最後の自己マン録りを・・・(;^ω^)


まずは、前回に引き続きマイルスさん。(笑

有名な BAG'S GROOVE.

但し、コレ↓ではなくて、

イメージ 2


コチラ。(^^♪

かつては良く見られた、Monoから起こした疑似ステレオ盤。

40数年前に私が買った、初めてのJazzのレコード。。。(笑

イメージ 3

前の『KIND OF BLUE』1959年より遡ること5年の、1954年録音。

イメージ 4

イメージ 5

Jazzはこちらで、、、カートリッジはShure V15TypeⅡ

イメージ 6


影の主役は、やはり、ミルト・ジャクソンですね~!!\(^o^)/



もう1曲、クラシックなどを。(#^.^#)

今まで、このセットではうるさくてチトつらいものがあった、このレコード。

PT-R7Ⅲのお蔭で、何とか聴ける様に・・・(^^;

スーパー・アナログ・シリーズのサン・サーンス、ヴァイオリン協奏曲第3番。

イメージ 7

チョン・キョンファ(鄭 京和) (Vn)
ローレンス・フォスター 指揮
ロンドン交響楽団
1975.5月 原盤はDECCA。


先日亡くなられた、評論家の宇野功芳さんをして、この1枚があれば後は要らない、とまで言わしめた名盤。

ま、ご意見は色々とありましょうが。。。(爆)。。。名演に違いないのは確かですネ。(*^-^*)

クラシックなので、コチラのセットで。(^^♪  カートリッジはERAC STS455E(JICO針)

イメージ 8

では、第3楽章を。


かつては、キョンファさんの気迫にSPが負けて、悲鳴を上げておりました。。。(笑

何とか聴ける様になった・・・か・・・な・・・と、、、"(-""-)"


この省エネサブシステムにして2ヶ月、今月の電気代が楽しみ~!!(爆






KIND OF BLUE聞き比べ

Diagostiniさんの990えんLP、マイルスの『KIND OF BLUE』。

本日、手持ちのCDと聴き比べてみました。(^^♪

今日も暑かったので、メインではなくサブシステムで、、、(笑

なに、TANNOYもモニターSPの血を引くのでまあエエでしょう。。。(爆

イメージ 1

手短に、まずはCDから。

イメージ 2

このCD、Super Bit Mappinguなるシロモノ、、、要はSONYの高音質バージョン、、、らしい。(笑

一応、米盤。(^^♪

このクラスの名盤ともなると、色々と出てますからね~。

イメージ 3

駆動系はコレ。

イメージ 4

アキュの1号機、DP80+DC81にLUX SQ38FDⅡ。

あ、ライントランスは挟んでおりません。。。(笑

DP80~DC81間は、この機種ではアキュ推奨の光接続。

で、よくよく考えたら、以前アップした『Four&More』では、YouTubeさんのお叱りを受けなかったので、

自爆覚悟で逝ってみます!!(爆

1曲目の『So  What 』  出来得れば、ヘッドホン又はイヤホンで、爆音でお聴き戴きたく。。。(;^ω^)
 

敢えて何にも言いません・・・皆さまでご判断を・・・(爆


で、Diagostiniさん。

まずは、自作の超音波洗浄機で洗う・・・(笑

イメージ 5

プレーヤーはコチラを選択。

イメージ 6

Garrard401+SME3009S2imp+ShureV15TypeⅡ.

敢えて時代を合わせてTypeⅢではなく、TypeⅡを使った。(笑

では、、、


如何なものでありましょうや??

あ、若干のプチパチノイズがありますが、まあ許容範囲かと、、、σ(^_^;)

あ、低域がちと緩いのはTANNOYとはいえ、ワタクシの調整が悪いのでご容赦。。。(爆

あくまで私見ですが、現場ではアナログの方がダイナミックかと・・・(笑

Q2HDでどう捉えられているかは別として、現場ではアナログの方が音の凹凸が大きいというか、よりダイナミックさを感じる。(^^♪

CDの方は一聴、派手ですが、どうも音の凹凸感が平べったい。。。"(-""-)"

あ、あくまでこれは拙宅のお気楽デジタル再生でのオハナシ・・・。

最新のデジタル再生環境では、逆転する可能性もありますね~!!(*^-^*)


いずれにしても、このアルバム、名盤なので、H/Oなどでジャンクコーナーに紛れ込んでいない限り、中古でも990えんでは手に入りません。(*^▽^*)

従って、アナログ環境をお持ちの方は『買い!!』かと・・・(爆


あ、念のため、YouTubeさんは五日程で削除させて戴きますので、悪しからず。。。(自爆





まだ暑い!!

先週は比較的涼しかったので、もうそろそろメインシステムを・・・と思っていたら、日曜日はまさかの30度超え。。。(笑

くどくて申し訳ありませんが、もう暫くサブシステムネタにお付き合い下さいまし・・・m(__)m

以前にもご紹介しましたが、戴きモノのこのアルバム。

この時は、プリがまだ松金C33時代のメイン・システム。

今回は、TANNOY CHEVIOTとLUX  SQ38FDⅡで・・・(笑

イメージ 1

ご存知、モーツァルトのフィガロの結婚。(#^.^#)

ワタクシ、モーツァルトの醍醐味は何と言ってもオペラにあると、勝手に思っております。(*^-^*)

イメージ 2

1955年録音の英DECCA廉価盤。(*^-^*)

CDは、アマさんではコチラ。

メンバーは、

イメージ 3

フィガロ ・・・ チェーザレ・シエピ
スザンヌ ・・・ ヒルデ・ギューテン
ケルビーノ ・・・ スザンヌ・ダンコ

オケはウィーン・フィル、指揮はエーリッヒ・クライバー。 人気指揮者のカルロス・クライバーのお父上で
大指揮者の一人ですね。(^^♪

ところで私、本来はオペラは長いので余り興味は無かったのですが、30過ぎの時に観た映画『アマデウス』、、、
これで、ハマってしまいましたネ。(笑

で、この映画、後日ビデオ版が出たのですが、VHS以外で最初に出たのは、レーザーディスクではなく、まさかのVHD。。。懐かしい!!(爆

当時、ヤマハのDSPでサラウンドを始めたばかりで、どうしても観たい・・・で、やむなくLDの前にVHDプレーヤーを購入した次第・・・待ってりゃイイのにアホですな・・・(自爆

このフィガロの結婚、ビデオ版、或いはBS103から録ったものは7~8種類持っております。

中でも、ベーム指揮/ウィーン・フィル、ヘルマン・プライ、ミレッラ・フレーニ、フィッシャー・ディースカウ、キリ・テ・カナワの超豪華メンバーのVHD版が良かったのですが、残念ながら映画仕立てなので、若干違和感が・・・(笑

このエーリッヒ・クライバーのレコードは、それにも十分匹敵する、と個人的には思っております。


で、オペラと云うと何か身構えてしまいますが、ナニ、所詮は西洋歌舞伎・・・(笑

ちょうど、年代も同じくらい、、、曲や台詞の合間に入るチェンバロのポロロンは、歌舞伎で云うと太棹のヨっ、ハっ!デ・デ・デ・デン!!の部分、、、(爆

あ、ワタクシ、嫁殿の影響で歌舞伎も良く観に行っておりました・・・(自爆



それで、久々に聴いてみると、サブシステムではPT-R7Ⅲを付けても、高域が少し息苦しい。

ので、おまじないでこんな事を。。。(笑

イメージ 4

得意の、銅ブロック石抱きの刑!!(爆

あ、PT-R7Ⅲ、余りにもヤニが酷かったので、少なからずキレイに致しております。。。まだちょっと残っているけど。。。(自爆

これで、やっと聴き易くなりました。(^^♪

イメージ 5

オペラなので、プレーヤーは当然こちら。

イメージ 6

SPU-GEに戻そうかとも思ったんだけど、前回はSPUだったので、今回はERAC STS455E(JICO針)のままです。

私見では、モーツァルトとチャイコフスキーは希代のメロディ・メーカーなので、小難しい事は考えずにひたすら美しいメロディーに身を委ねていれば宜しいかと。。。(#^.^#)



では、有名な序曲とそれに続く第一幕『5・10・20』を。



この8畳の狭い部屋では、30cmのTANNOYでも、38cmのJBLメインシステムでも、えろう変わらんか。。。(自爆


これだけではアレなので、有名どころをもう2曲。

まずは、フィガロの歌う、『もう飛ぶまいぞ、この蝶々』


ね、聞き覚えがある方も・・・(#^.^#)

でもこの曲、特に後半から最後にかけて、序曲の方もそうなんですが、『裏ノリ』ながら、『スイング』してると思いません??(爆

もう1曲、ケルビーノの歌う、『恋とはどんなものかしら』


いや~、実に美しいメロディですね~!!\(^o^)/


さて、次の休みからは、いよいよメイン・システムに・・・(^^♪

イメージ 7


まあ、お天気の具合と、嫁殿のお許し(電気代!!)が出れば、ですが。。。(爆


















たまにはROCKなど。。。

大分と鳴る様になって来た、省エネサブシステム。(^^♪

TANNOY CHEVIOTのユニットはHPD315A.

31.5cmのウーファー部とツィーター部から成る。

イメージ 1

以前にも書きましたがこのツィーター、正確には1000Hz以上を受け持つホーン・ドライバー。

拙宅でも使っていた、JBL 175DLHやALTEC 802Dにも、エネルギー感に於いて決して負けてはいない。(^^♪

ツィーター部の根元のデュフィーザー、この不定形の穴にも秘密があるらしい、、、(笑

イメージ 2

拙宅のHPD315Aは、エッジのタノプラスが朽ち果ててしまったので、ゴムエッジに換装してあります。(*^-^*)


で、JazzやClassicをアップしてきましたが、そろそろ省エネサブシステムも季節的にお役目終了なので
最後にROCKなどを・・・(笑

このコがメインシステムだった頃には、これでROCKを聴いていたので。。。(爆

で、最近ブロ友のびーわんさんや、ごまりさんがアップされていたのがDEEP PURPLE。(^^♪

びーわんさんは、ジャパンライブの『ハイウェイ・スター』をアップされていた。

ごまりさんは1993年の『The Battle Rages On』(紫の聖戦)を入手された。

で、ワタクシは、ハードロックで最後にリアルタイムで買ったコレを。。。(笑

イメージ 3

紫の聖戦発表後の、1993年ヨーロッパツアーのライブ盤、『Come Hell or High Water』(紫の閃光)を・・・(笑

このアルバム以降、リッチー・ブラックモアが脱退してしまったという、、、"(-""-)"

アルバムタイトルでイアン・ギランさんだけが目立ってはアレなので、ブラックモアさんも。(笑

イメージ 4


このアルバアム、実は入手したのは1994年なので、既にメインシステムに移行しており、TANNOYで再生するのは初めて・・・(爆

収録曲は

イメージ 5

殆ど網羅しておりますね~、、、コレで80年代の『Knocking At Your Back Door』(意味深!!(爆)があれば完璧なのですが・・・(*^▽^*)

HIGH WAY STARとか、SMOKE ON THE WATERはお約束の定番なので割愛して、まずは WOMAN FROM TOKYOから、、、(;^ω^)

再生装置はコレです。

イメージ 6

メドレーの中の曲なので、ブチ切れですが、初期パープルのエッセンスの曲と云うコトで・・・(笑


あは! ギランさん、ちょっと上品か。。。(爆

でも、TANNOYの重たいウーファーが30cmながら、LE15Aに負けない重たいロックドラムを・・・\(^o^)/


で、このアルバムで、パープルの後期の曲としてはお気に入りの『Anya』

スタジオ録音の『紫の聖戦』では、6分少々の曲なのですが、このアルバムでは倍の12分!!((+_+))

曲調としては、むしろRAINBOW寄りなのだけど、この時の実質的リーダー、故ジョン・ロード(key)がしっかりとパープルサウンドに・・・(*^▽^*)

あ、ワタクシ、パープルのキー・マンはキーボードのジョン・ロードだと思っております、ハイ。(爆


ブラックモアさんはこれが最後じゃ~!!って、張り切る、張り切る!! ちょっと長くてクドいですが逝ってしまいます!!(*^-^*)

あ、出来得る限り爆音でお聴き戴きたく・・・(爆


この他に、『PERFECT STRANGERS』もエエのですが、また機会があれば・・・(爆





プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR