なんちゃってDL103再生 クラシック編

さて、前記事でご紹介した、『なんちゃって針継ぎ』のDL103。(^^♪

イメージ 2

今回はクラシックを再生してみました。

選んだのは大昔に御紹介したこれ。

イメージ 1

スメタナカルテット モーツァルト弦楽四重奏曲 ハイドンセットより『狩り』

1972年来日記念盤にして、DENONのPCM録音第1号。(^^♪ 
日本の確か青山スタジオで録音されたかと、、、(^^ゞ

PCM録音と云うと私見では、どうも寸詰った感じがしていたのですが、これがもはや純正とは言えませんが
同じDENONの『なんちゃって針継ぎ』のDL103ではどのように再生されるか??(^▽^;)


余談ですが、クラシックのオデオ再生に於いて、弦楽四重奏は意外と難しい。

特にビオラ、アナログでは再生が悪いとヴァイオリンとチェロに挟まれて、しばしば行方不明になられる。。。(笑

大昔、サテンの広告に『あれ?ヴィオラは何処へ??』と云うのがあったくらい。(爆
               ↑正確な文言は覚えておりませんが、まあそういう意味でした。(^^ゞ


ヴィオラが行方不明になられると、弦楽四重奏の醍醐味の一つである、第一ヴァイオリン~第二ヴァイオリン~ヴィオラ~チェロへの旋律の受け渡しの心地よさがアウトになりよります。。。(笑



で、この『狩り』、世間様では冒頭の第一主題が狩りに使う『角笛』を連想させる処から来ているのですが、

私には、さあ狩りに行くぞと出発、狩人の乗る馬の周りを猟犬達が張り切ってグルグルと小走りに、、、と云う情景が浮かびます、、、まあ素人の勝手な解釈ですが、、、(^▽^;)


再生経路は、Garrard401→ SAEC WE308L→ DENON DL103→ パートリッジTH7834Ⅲ→ 6DJ8SRPPプリ
→ UTC A-20→ アキュF15。

なお、チャンデバの設定は敢えて前記事のJazz再生時と同じままにしました。(^^♪

クラなので音量は控えめにネ。(笑

さて、ヴィオラの存在感と、弦特有の浮遊感が出るか、、、エレクトリックヴァイオリンに聴こえません様に、、、(爆


出音の良否は別として、冒頭1分少々からの4弦の旋律の受け渡しが気持ち良いですね~~かな??(^▽^;)


ちなみに以前アップした、SPUでの再生はコチラ。。。興味のある方のみどうぞ。。。



ん~~、やっぱ、なんちゃって、ではアカンか・・・(爆




イメージ 3

でもまあ、せっかくだし、当分はこの体制で。。。(@^^)/~~~




終わりィ~~(爆








スポンサーサイト



最後はクラシック。。。

さて、こばさんよりお借りしている、WE270トランス式アッテネーター。

イメージ 1

このトランス式アッテネーター、なかなかの優れもので、何より音痩せが皆無。

変な色付けも無く、出て来る音は実在感があり、瑞々しい。(*^-^*)

何より当たり前ですが、ノイズが皆無。(笑

私が勝手な事をゴチャゴチャ書くよりも、聴いて戴くのが一番かと。。。(爆

あ、ワタクシのシステムの音の悪さはご容赦を。。。あくまで音の出方と云うコトで。。。(自爆

これまで、Jazz、Rockと聴いて来ましたが、最後はやはりクラシックを。(#^.^#)


まずはこれを。

イメージ 2

以前にもアップしましたが、ジャクリーヌ・デュ・プレさん。

イメージ 3

有名なドヴォルザークのチェロ協奏曲・・・ではなくて、作品68-5の『森の静けさ』を。

この曲も、チェロ協奏曲に負けない名演ですね。

指揮はこの時はまだ夫君だった、ダニエル・バレンボイム。

オケはシカゴ交響楽団。


録音の仕方かも知れませんが、深々としたチェロ1本にオケが負けてますネ。(^^ゞ


もう1曲、珍しくオペラの一節を・・・引かないでネ・・・(笑

でーんと、重たいこれを。。。(爆

イメージ 4

ベートーベン唯一のオペラ、『フィデリオ』

イメージ 5

指揮はクナッパーツブッシュ。(^^♪

イメージ 6

録音時間の関係で、序曲ではなく、第一幕第一曲 『さあ、やっと二人きりになれた』

2分少々の所から、5番の『運命』を連想させるような、何回かドアをドンドン!!と叩く音が・・・。(^^ゞ



私、普段はオペラはこのシステムではなく、机上AVの方で映像付きで見るのですが、これは結構気に入っております・・・勿論、出音ではなく、演奏が、ですがネ・・・(爆


さて、このトランス式アッテネーターの出音を、自分の手持ちの機器で何とか近いものを。。。と、画策中。。。って無理かな。。。(自爆
















ジャクリーヌ・デュ・プレ

このゴールデンウィーク、漸くこの5/1から5連休。

とは言え、要介護老人を抱えている身としては、外出はご法度。"(-""-)"

ましてや、人様をお呼びするなど、もってのほか。。。(´・ω・`)

ま、私としては、空いた時間に趣味に没頭するのがせめてもの気晴らし・・・(^^♪

こういう時に、オデオとブログは気分転換に、本当に有り難いです。\(^o^)/


で、先日アップしましたこれを聴いてみました。

イメージ 1


クラシックファンならご存知、ジャクリーヌ・デュ・プレさん。

EMI英盤の5枚組。(*^-^*)

イメージ 6

イメージ 2

ダニエル・バレンボイム (P)
ピンチャース・ズッカーマン (Vn)
ジャクリーヌ・デュ・プレ (Vc)

私、チェリストとしては、カザルス、フォイヤマンは別格として、前回ご紹介したフルニエやトゥルトゥリエよりも、ましてやヨー・ヨー・マやミッシャ・マイスキー辺りより余程素晴らしいと思っております。(*^-^*)

ただ、ほんの10年ほどで、難病の多発性硬化症に倒れられたのが、何とも、おいたわしい。。。


で、今回はベートーヴェンの『大公』を。

再生は敢えてELAC STS455E(JIKO針)。

イメージ 3

イメージ 4


余談ながら、後ろにあるのは、ディアゴスティーニの以前のシリーズで、私の好きなフォッカーDr.1。(^^♪
これは、プラではなく鋳物製、、、なので重い。(#^.^#)

イメージ 5



Q2HDでは高域がちとキツいですが、そこはご容赦。。。(笑

ベートーヴェン 大公  第一楽章




今回は、弦の活躍する第2楽章も。

興味のある方はどうぞ・・・。(^^♪

近隣の日曜大工の音が入っておりますが、そこはご容赦。。。(><;


デュ・プレさん、やっぱりエエですね~!!(*^-^*)








弦楽四重奏

続きの続きです。。。(笑

怒涛の3連チャン!!\(^o^)/ ・・・ではなくて・・・。

昨日アップした『大公』、ブロ友びーわんさんより『スマホで見られんやないかい!!』とのお叱りが、、、(笑

確かに確認してみると、ようつべさんから入ると、iphoneでも『この動画は再生出来ません』と出る。

著作権云々の警告は出てないので、色々と探ってみたが結果は同じ。

ひょっとして、容量が大き過ぎたのかもしれませんね、と云うことでお許しを・・・(爆

で、今度は見られるヤツを、、、但しクラシックですが、、、(#^.^#)


久々にヴェートーヴェンの『大公』などを聴くと、今度はヴィオラを交えた弦楽四重奏曲を聴きたくなる。

私見ではヴィオラが活躍するのは、ブラームスが一番なのだけど、ここはやはりヴェートーヴェンで。。。

聴いたのはこれです。

イメージ 1

弦楽四重奏曲 第12番。


私、名前だけは子供の頃から知っておりました。

かの名作『ゴジラ』の第1作だったか? ブダペスト四重奏団来日公演のチラシが写っていたので・・・(爆

イメージ 2

弦楽四重奏団には大きく2つのタイプがあって、一つは第一ヴァイオリン主体のもの、もう一つはアンサンブル主体のもの。

ブダペスト四重奏団はどちらかと云えば、後者に当る。と、思っている。(笑

第2ヴァイオリンのアレクサンダー・シュナイダーは、カザルスにあのプラド音楽祭開催を勧めた一人。
勿論、共演もしている。(ブラームス 弦楽六重奏曲など)
ちなみに、チェロのミッシャ・シュナイダーはお兄さん。

弦楽四重奏団と云えば、カペーやバリリは別格として、綺羅星の如く色々な実力派クヮルテットがあるが、
ヴェートーヴェンに関しては、私はこのブダペストのこの演奏が好きですね。(^^♪

それこそ、厳し過ぎるだの、曲の骨格だけの演奏だのと毀誉褒貶はありますが、私はこの枯淡の境地とも
云うべき演奏が好ましい、、、。
エエんです! ここは私のブログなんで!!(爆


大元の録音は宜しくない(高域が痩せてキツい)ですが、昨日と同じELAC STS455Eのセットで再生。



耳が潰れるかも知れませんが、今度はスマホでも見られる・・・と・・・思います。。。(爆
















ELAC STS 455E

え~、昨日の続きです。(^^♪

Garrard401の方にSME3009S2impを再度組み合わせて以来、ここ3ヶ月ほどはShureのカートリッジで遊んで来ました。

古い写真ですが、拙宅にある、Shureのカートリッジたち。

イメージ 1

左上から
①V-15TypeⅢ(E) 鏡面(初期型)
②V-15TypeⅢ    中期型  針先は残念ながらJICO製
③V-15TypeⅡ(E)
④V-15TypeⅤMR
⑤Me95ED
⑥M44G

これらの中で、V-15TypeⅤMRが、意外や熱い音を出してくれるのを再認識した次第。。。(笑

やはり、使いこなしは大事ですね~!!(爆


で、クラシック向けと云う事ではないのですが(Jazzもちゃんと聴けるので)、このELAC STS455E。

イメージ 2


拙宅のは、30年程前に購入したのですが、針を折ってしまって、今は残念ながらJICOの楕円針。(><;

実を言うと、Tannoy Cheviotを聴いていた頃は、これがメインのカートリッジだった。

御承知のように、TannoyのHPDシリーズは、ともすると(中低域をうまく出さないと)高域がキツい。

で、これを抑えるために、中低域の豊かな真空管ppアンプ(KMQ60、A3500等)とこのELACを組み合わせていた次第。(^^♪

ELACは、MM型で比較すると、Shureより高域がおとなしめで(出ない、と云う意味ではありませんヨ!無駄に尖ってない、と云う感じ)、中低域が充実しているので丁度良かった。(*^_^*)

今回はこのELACを使って、五味さんが嫌っていたJBLのシステムで聴いてみましょう。(笑

STS 455Eはミディアムコンプライアンス(ハイコンプライアンスと云うご意見も)なので、こちらのセットの方で。

イメージ 3


トーレンスTD124Ⅱ+ SME3012S2のセット。

余談ながら、後ろのEMT929との間にちょこんとあるのは、ディアゴスティーニの前シリーズ、3枚羽根の
フォッカー Dr.1 御存知 撃墜王フォン・リヒトフォーヘンの愛機ですな。(爆


聴いたのはこれです。

イメージ 4


戴きモノ!!ですが、ベートーベンのピアノ3重奏曲『大公』のドイツ盤。(^^♪

私が持っていたのは日本盤だった。。。(笑   有難うございます!!\(^o^)/

イメージ 5


ヴィルヘルム・ケンプ (P)
ヘンリック・シェリング (Vn)
ピエール・フルニエ  (Vn)

『大公』と云えば、問答無用でカザルス・トリオなのですが、そしてまた他にもバレンボイム/デュ・プレなど
優れた演奏も多いのですが、私はカザルス・トリオに次いで聴くのはこのアルバム。

何と云っても力強い気品に溢れているので。(#^.^#)

あ、ヴェートーヴェンは気品より気迫やろー、という突っ込みは、この際ナシにして戴きたい。。。(爆
全ての点で、カザルス・トリオを超える物は無いので!!(*^_^*)


オデオ的に云うと、打撃音のピアノと擦過音のヴァイオリン・チェロとのバランスがどうかな?と。(笑

両立してくれれば、云う事はないのですが。。。(><;



ここで、五味康祐さんより気になる一言、初級編。

(『いい音・いい音楽』より 『楽器としてのスピーカー』抜粋)

装置を改良し、いい音で鳴ったときの喜びはたとえようもない。まさにオーディオ狂の醍醐味である。しかし、すぐれた音楽を聴くときの感動や悦びはそれにまさるものだ。音楽には神がいるが音には神はいない。


確かに学生の頃、やっと買えたレコードを聴けた時は、プアな装置でも神がいましたよね~!!(#^.^#)

今は何なのだろう・・・(爆




プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR