ボーカルを、、、

昨日の続きです。

漸く鳴る様になって来た、v.d.H MC-1AC、気を良くして今まで拙宅では鳴らし難かったこのアルバムを。(^^♪

IMGP2456 (800x600)

MISTY BURTONですね。  ワタクシこの盤は隠れたJazzライブの名盤と勝手に思っております。(*^_^*)

IMGP2457 (800x600)

1973年3月 六本木MISTYでのライブ盤  アン・バートンさん初来日の時だったかな??(^^ゞ 間違ってたらゴメンなさい。。。

メンバーは

アン・バートン (Vo)
ケン・マッカーシー (P)
稲葉国光 (b)
村上 寛 (ds)

稲葉さんは云わずと知れた、当時日本を代表するベーシスト。

また、アン・バートンさんとも個人的に仲が良かったとか。(#^.^#)

村上 寛さんは、あのフュージョングループ、ネイティブ・サンのドラマーですね。(^^♪

で、このアルバム、昔懐かしい4チャンネル SQ4仕様。

blog_import_5d638fad7d6a0.jpeg

という事は、スーパーファインライン針仕様のvan den Hul針には持って来いかと、、、(^^ゞ

それともう一つ、このアルバムのもう一人の主役は、稲葉国光さん。

彼のベースがやたら目立つ、というよりやたら膨らんでいる。

これは、我がJazz師匠によると、恐らく小型PAを通した音をそのまま録音したのではないかと、、、

事実、SPUで再生すると結構膨らんでというか、ドボドボのベースに聴こえます。

ではそのドボドボを。。。(笑

blog_import_5d638fb01b1ef.jpeg

2年前にアップしたものですが、SPU ClassicGE NakedCopperで、、、これでも随分とマシにはなったのですが、、、(笑

曲は『 OH! BABE, WHAT WOULD YOU SAY? 』



ね、ベースが膨らんでいるでしょ??(自爆

また、MISTYのピアノはブロ友oguさんによると、菅野邦彦さんがオーナーの依頼でニューヨーク・スタインウェイの工場に出向いて厳選されたスタインウェイ。(*^_^*)

スタインウェイにしては、ウチの再生ではもう少し煌めきが欲しいトコロ。。。(^^ゞ

で、こちらでは如何かな?と、、、(笑

IMGP2454 (800x600)

IMGP2455 (800x450)

この『 OH! BABE, WHAT WOULD YOU SAY? 』、アン・バートンさん前半ではミディアム・スイング・テンポで軽やかに、MC後の後半ではピアノとのデュオでスロー・バラードと見事に歌い分けております。

その雰囲気感が伝わるか??(自爆

あ、ご承知の様にQ2HDでのボーカル録音はサシスセソが強調されますので、そこのところはしっかりと脳内補正をお願い致したく・・・(爆




Youtubeでは何ですが、現場ではアン・バートンさんがワタクシの目の前で歌ってくれております。(#^.^#)


この1曲だけではアレなので、今度はこれぞJazzボーカル!で、ビリー・ホリディで有名な『 BLUE TURNING GREY OVER YOU 』

良く聴くとベースの稲葉さんの小ワザが炸裂しております!!(*^▽^*)





いや~、やっぱりこの盤は名盤かと!!\(^o^)/


ではまた来週、、、今度はクラシックなどを、、、墓穴か???(爆

スポンサーサイト



van den Hul MC-1AC 苦節1ヶ月、SPUを超えたか??(笑

10月末に入手した、van den Hul EMT(MC-1AC)、どう足掻いてもイマイチ低域が出て来ない。(´・ω・`)

く~、ウン諭吉ドブに捨てたか。。。。(><;

ダンパーがヘタっているのは判っておるのですが、調べてみるとダンパー交換の費用が3~5諭吉などと、、、ワタクシの懐具合では到底そんなモノは出せません、、、ビンボな人間が、身の程知らずな買い物をするとこうなると言う、、、(爆

で、思い余ってというか、ヤケクソで禁じ手のこれを。(≧▽≦)

IMGP2383 (800x600) (2)

はい、前稿でご紹介したKUREのラバープロテクタントですね。

どうせ最悪はダンパー交換になる(いつになる事か判らないけれど)のなら、やってみませう。。。(^^ゞ

極細の筆の先にラバープロテクタントを噴霧、これでダンパーをスリスリと、塗っては馴染むまで放置を繰り返す事3回、くれぐれも塗り過ぎてはイケません。

あ、もし同様の事をされるのならば、あくまで自己責任で!!(#^^#)

実を言いますと、最初の1回目を塗ったのが3週間前、それから1週ごとに少しずつ、やはりラバープロテクタントが浸透するのに
時間が掛かります。

で、この日曜日漸くこれなら何とか、、、(笑

IMGP2377 (800x600)

音が薄い、1988年リマスターのOJC盤・・・またかいっ!!!( `ー´)ノ

いえね、ワタクシ、あちこちの皆さんのブログ(Youtube)でボコボコにされたので。。。(爆

IMGP2459 (800x600)

再生機器は前稿の通りで、Q2HDの録音ボリウムはなんと『 7.0 』(笑

今の状態では押し出しが良過ぎて、8畳の私の部屋では以前の『 6.0 』とか『 6.5 』での録音まで再生ボリウムを上げると、音が飽和してしまうので、、、(#^.^#)



ふ~、やっとこですな~~。(爆

ただ、良く聴くとベースはこの盤にしてはまあまあですが、シンバルのハイハットのハフっ!が潰れ気味。。。(≧▽≦)

やっとこ低域が思う様に出始めたので、ここで禁断の小細工を。(>_<)

これが

IMGP2453 (800x600)

このように

IMGP2455 (800x450)

判ります??(笑

カートリッジボディのケツに付けたのは、小型のネオジウムマグネット。

これは、お仲間のサブちゃん大王サマ(またの名をanalog馬鹿一代さん)直伝の、百均で5個108えんで売っているシロモノ。(爆

マグネットを強化することにより、キレが良くなると言うか、平たく云うと再生音の実在感が増す。(^^♪

但し、取り付け(と言っても磁力で勝手に貼り付きますが)には細心の注意が必要で、うっかりボディ側面に貼り付こうものなら
コイルから出ている髪の毛より細いエナメル線をブチ切ってしまい、ハイさようなら。。。(爆

これまたあくまでも自己責任で!!(^^ゞ

では逝ってみますね。



この盤で、今のウチの状態ではこれが限度かな??(^^ゞ

因みに以前アップしたSPUとかEMT TSD15での再生はコチラ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この音の薄い1988年リマスターのOJC盤ではナニなので、こちらで真剣にチェック。(笑

IMGP2460 (800x600)

はい、Corner Pocketや拙宅で、何か弄った時のリファレンス盤ですね。(^^♪

初期盤なので、オリジナルかセカンドプレス盤と思われます。

この中から、いつもの様に『 Like It Is 』を。(^^ゞ

はっきり言って、これを聴いて、拙宅比SPU ClassicGE Naked Copperを越えたと確信した次第、、、ワタクシがここまで言うのも珍しい・・・(自爆

聴きどころは何と言ってもシンバルとベース!!(、、、やっとです(笑)

特にベースのキレ、ハネと沈み込みが膨らまずに両立するか。。。(^◇^;)

出来得る限りの爆音でお聴き戴きたく、、、と言ってもQ2HDの録音ボリウムは『 7.0 』ですが、、、(自爆




ふ~~、快感、、、(*^_^*)

次回はボーカルなどを、、、(#^.^#)



チェンバロを少々。

拙ブログ、ジャンルは音楽/Jazzなのですが、私クラシックも聴きますのでたまには、、、(^^ゞ

とその前に、我が家のメインターンテーブル Thorens TD124Ⅲ。

これの専用インシュレーターがかなり劣化して来ていたので交換を。

こちらですね。

IMGP2369 (800x600) (800x600)

Thorensではこれをマッシュルームゴムと言いますが、我々は『 タコボウズ 』と・・・(笑

こちらをそのまま交換するのではなく、ひと手間。

IMGP2383 (800x600)

はい、KUREのラバープロテクタントですね。

これを振り掛けて一晩放置。

このラバープロテクタント、会社では変速機のVベルトなどに使用しておりますが、明らかに劣化が遅くなります。(^^♪

付け過ぎないのがコツですけどネ。(笑

おっと、それならばカートリッジの硬化したダンパーにも、、、などと思ってはイケません、、、(爆

Shureなどは明らかに逆効果、、、ダンパーの材質が劣化すると柔らかくなる方向みたいなので、、、ってやったんかいっ!!(≧▽≦)

あくまでも、自己責任でお願いしますね。(^^ゞ


こちらは、取り外したタコボウズ。

IMGP2386 (800x600)

酷いですね~!!(笑

いえね、Jazzなどにはこの方が適当にSN比が劣化して音が荒れて、、、くどくど言い訳、、、(^^ゞ

要は交換するタコボウズを買う資力が無かっただけ。。。意外と高いので。。。(爆

で、一晩寝かせたタコボウズ、アルコールで軽く拭き上げてセット。

IMGP2385 (800x600) (800x600)

IMGP2390 (800x600) (800x600)

ここで、タコボウズを交換すると当然水平バランスも微妙に変わるので、

まずは、ターンテーブルの水平を。

IMGP2392 (800x600)

IMGP2391 (800x450)

はい、ターンテーブルシャフトの水平/垂直ですね。

次いで、トーンアームのベースの水平/垂直を

IMGP2393 (600x800) (600x800)

こちらは左上方向が少し高いので修正。

これは、オリバー法と言って、要は回転する2軸の水平/垂直をキッチリ取りましょうと。(#^.^#)

私はこの方法を知って以来、ターンテーブル本体付属の水準器は使いません。(^^ゞ

で、このタコボウズ、過去2回ほど交換しておりますが、上記の写真の様に劣化していた後に交換すると、SN比が良くなり
静粛性が増します。

その分、ちょっと聴きには大人しくなりますが、、、(笑



前置き(長いやないかい!!( `ー´)ノ)はこの位にして、聴いたのはこちらのゴールドベルグ変奏曲。

blog_import_5d638cd5ad898.jpeg

バッハの鍵盤楽曲と言えばこの方、ヘルムート・ヴァルヒャさん。(*^_^*)

しつこく、van den Hul MC-1ACで。。。(爆

備忘録兼ねてシステム概要は

TurnTable ・・・ THORENS TD124Ⅱ
Tone Arm ・・・  SME 3012S2
Cartridge  ・・・  van den Hul MC-1AC
Cabinet ・・・  LEAD CONSOLE
MC trance ・・・ PARTRIDGE TH7834Ⅲ

Pri amp ・・・  6DJ8/6922 SRPP無帰還
Mixer ・・・  Mackie CR1604+ UTC A-20
C/D amp ・・・  Accuphase F15×2
Main amp ・・・ High: WE310A-WE300B(復刻)無帰還シングル
           Mid:  WE310A-WE300B(復刻)無帰還シングル
Low:  Telefunken EL156ULppMono×2

High     ・・・ JBL 075(16Ω)
Mid ・・・ JBL 375(16Ω) + HL88
Low ・・・ JBL LE15A(8Ω) 200Lアピトン合板Box

RCA Cable ・・・ Neumann Mic Cable
SP Cable ・・・ WE16GA
Recorder  ・・・ ZOOM Q2HD

IMGP2453 (800x600)

IMGP2452 (800x600)


では、第1~第2変奏曲を、、、最後にQ2HDのスイッチを切る物凄い音が入るのでご注意を、、、Youtubeの編集の仕方が良く判らないので、、、(><;




これだけでは良く判らないので比較対象。 2年前にアップしたものです。

カートリッジはSPU ClassicGE Nakedにする前のGシェルの方です。

ミキサーのMackie CR1604も無くて、後は上記と同じ。

拙宅比、最もオーソドックスな組み合わせですね。(笑

blog_import_5d638cd7b450f.jpeg





さて、どちらが、、、(自爆!!

泣きの1回~Art Pepper Meets The Rhythm Section~v.d.H EMT(MC-1AC)

さて、名盤 Art Pepper Meets The Rhythm SectionのYou'd Be So Nice to Come Home TO、ブロ友 こばさん

Analogue Productionsの180g重量盤+SPU #1E+TRIAD HS-1の音に度肝を抜かれ、

はたまた、なめちゃん仙人さまには、ウチと全く同じ1988リマスターのOJC盤で、SPU Synergy+クレルフォノイコでボッコボコにされ。。。(爆

ウチのMC-1AC、ダンパーのヘタりもあってか、どうも低域が弱いというか量感がイマイチ・・・(><;

というワケで、泣きの1回・・・(自爆

IMGP2377 (800x600)


前回までは、Garrard401+SAEC WE308Lを使っておりましたが、今回はThorens TD124Ⅱ+SME3012S2のセットで。

IMGP2445 (800x600)

ヘッドシェルも、ウチにあるのを色々と聴いてみて、結局テクニカのロングセラー、アルミ製のLT-13aにしてみました。

IMGP2451 (800x450)

考えてみたら、ウチには碌なシェルしかないな~~。。。(笑

間に挟んでいるのは、おまじないの無酸素銅板。(爆

止めネジは真鍮製で、針圧は2.25gとしました。

IMGP2447 (800x450)

Thorens TD124Ⅱ+SME3012S2+v.d.H EMT(MC-1AC)+Partridge TH7834Ⅲとなります。

要は、ターンテーブルとアーム、シェル以外は前回までと同じ。(^^ゞ

SME 3012S2との水平、ラテラルバランス、オーバーハングを慎重に合わせ、、、

IMGP2448 (800x600)


では、泣きの1回を。。。。。




う、う、う、、、討ち死にっ!!!(爆

SPUの低域が欲しい。。。。。(自爆

van den Hul EMT その② 小細工!(^^ゞ

世間様は3連休というのに、今日も今日とてウチの会社は仕事。。。(≧▽≦)


さて、前稿でご紹介したウチではハイエンドのカートリッジ、van den Hul EMT。

ブロ友ののす爺ィさんの情報によると、やはりvan den Hul MC-1ACと同じものらしい。

のす爺ィさんはボロンカンチレバーのMC-1BCもお持ちになっておられる。(@@;


で、ウチのMC-1AC、前項でもアップしましたが、低域がイマイチ、、、(笑

いえね、全くアカンわけではなく、もう少し出て欲しいな~と。(#^^#)

まあ、恐らくはダンパーのヘタリが原因と思われますが、今の懐具合では修理代もままならず、、、またコツコツと貯金をば、、、(笑

という訳で、誤魔化しの小細工を。。。(爆

そこで、小細工その①

IMGP2427 (800x600)

小型ヘアドライヤー  ワシ、知っとる!!という方もおられるかも、、、いかにも古い写真ですね~!!(笑

IMGP2444 (800x600)

これは、40年ほど前入社して暫く経った頃、何故か得意先の技能競技大会に出る事になり、入賞したのでその時の賞品。
これと、あと携帯シェーバーのセットでした。

当時は今みたいに、ホテルの各部屋にドライヤーが完備されていなかったので、結構役に立ちましたね。(*^_^*)

これでナニをするかと云うと、当然カートリッジのダンパーを温める!!(*^_^*)

今頃の季節から先は、室温も20℃を切って来るので、これでカートリッジ本体がほんのり暖かくなるまで温めるワケですね。


小細工 その②

ヘッドシェルの交換

前稿で使っていたのは、テクニカのマグネシウム合金製ヘッドシェル+真鍮の自作スペーサー。

IMGP2422 (800x600)

これですね。
IMG_3514.jpg

これをマグネシウム合金ではなく、アルミ、それもアルミニウム合金の鋳造ではなく、削り出しのヘッドシェルを使いたいのですが、現行の例えばハイフォニック製などオクでは1諭吉超え。。。(@@;

で、ウチにあるアルミニウム製を調べてみたら、

まずはこれが。

IMGP2430 (800x450)

50年以上前、ワタクシの使った最初のカートリッジ、テクニカのAT-3に使っているもの。

IMGP2428 (800x450)

でもまあ、40年前とか50年前とか、オデオに関しては物持ちの良いワタクシであります、、、(自爆

この50年前のヘッドシェル、私も知りませんでしたが、何とアルミブロック削り出し!!(*^_^*)

IMG_3513.jpg

で、早速MC-1ACを取り付けて聴いてみると

IMGP2431 (800x600)

ん~~、悪くはないけど、妙な響きが乗ります。

恐らくは薄くて細い指掛けの所為かと、、、(^^ゞ

この指掛け、ご丁寧に2ヶ所でネジ止めで、一か所はヘッド上面の▽マークの下(▽マーク外れるの知ってました?)でしっかりと
サビついて(そりゃー、50年も経てばね~(笑)破壊しないと外れません。 また考えましょう。(^^♪

で、次善の策。

FRのヘッドシェル FR-S/6  これもブロックからではありませんが、一応アルミニウム削り出し。

IMG_3515.jpg

重量は12gと軽めですが、強度は結構ありますね。

IMGP2437 (800x450)

これにスペーサー+重量付加として、真鍮ではなく、無酸素銅の1mmの板を挟む。

真鍮より、銅の方が低域方向の伸びがよいので、、、まあ、おまじないですが、、、(笑


小細工 その③

ウチのメインシステムは、緩くて暴走するLE15Aとの闘いでした。(^^ゞ

低域は出るが、ともすると鈍足のくせに(鈍足だから)ボワボワと暴走するLE15Aを如何に締め上げるか。(≧▽≦)

よくよく考えてみたら、これをちょびっと元に戻してやれば、、、(爆

で、ウーファーボックスのこれを、、、悪戦苦闘の跡です、笑わないでね!!(笑

IMGP2312 (800x600)


この様に

IMGP2434 (800x600)

要は、息継ぎの穴を増やしてやるという・・・もっと増やそうと思えば真ん中下の板を外せばまだ6つばかり・・・(爆

バスレフポートは蓋をして、中のバスレフパイプは撤去してあります。 まあ、手作り感満載だこと。。。(自爆

てなことをやりまして、前稿と同じペッパーさん逝ってみますね。

その他の条件は前稿と同じ。

Q2HDでどこまで捉えられるかですが、まあ比較にはなるでしょう。(^^ゞ

IMGP2442 (800x600)

出来る限り爆音でお聴き戴きたく・・・(#^.^#)



低域の聴きどころ、4分頃のベース~ドラムソロですが、まあ、前回よりは何とか誤魔化して、、、(爆

もう少し低域を出そうと思えば出るのですが、あまりドシバシするといわゆる『 オデオマニアの 低音病 』になってしまい、楽曲のバランスが崩れてしまうので。(≧▽≦)

でもまあ、何れにしてもダンパー交換費用を貯めなきゃイケませんね!!(^^ゞ
いつまでかかるんだろう。。。(´・ω・`)


ついでにFC2ブログでは初めてのクラシック。

絶対値ではクラシックの再生はまだまだですが、一応現時点での備忘録。

聴いたのはこちら。

IMGP2438 (800x600)

テレマンのターフェルムジーク第1集。

ジャケットの絵にある様に、食事の際のテーブルミュージックですね。

この中から、『 終曲 』を。

再生条件は、上のペッパーさんと同じです。




今のところはこんな感じでお許しを。。。(自爆

プロフィール

KT

Author:KT
yahooブログより引っ越して参りました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR